FC2ブログ

源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2012年4月22日 藤野界隈の低山

 今日は午後から雨の確率が高いので、さくっと午前中で藤野界隈の低山を徘徊してきました。
 5:38発の中央線で藤野に向かい、6:48に到着。甲州街道に出るといきなり不思議な店が目に飛び込んでくる。どうも薬局のようだけど、何なんだろうこのシーゲル堂って。
駅前のシーゲル堂
 弁天橋に向かう途中からは山腹にラブレターのオブジェが見える。いつも中央道で帰りに見えているアレだ。
ラブレター
 弁天橋を渡ってまずは一本松山をめざす。標高327mの頂上から西に上野原の御前山が見える。結構尖がってますね。
一本松山からの御前山
 車道に戻ってシュタイナー学園の脇を通るが、椿の赤が鮮やか。
シュタイナー学園の椿
 今度は高倉山の中腹に目が現れた。藤野ってどういうところなんだろう。
こっちは目
 葛原神社の先で右の道を上がっていくと、途中に芝桜が咲いていた。ちょうどラジオでも秩父の羊山公園の芝桜見物で道路の渋滞の話をしている。
芝桜
 山道に入って稜線に上がり、まずは右に踏み跡を追って1つ目の金剛山へ
1つ目の金剛山
 戻って2つ目の金剛山へ。
2つ目の金剛山
 天神峠を経て高倉山へ。頂上から下ると相模湖の末端に秋山川が流れ込む橋に出た。
秋山川橋
 ここから車道に出るまでの登りが結構きつい。脇には水量の少ない滝が見えるが、結構のっぺりで難しそう。車道を横断して、何となく仕事道みたいなものに入る。適当に登って行くと次第に踏み跡がはっきりしてきて、本日3つ目の金剛山に到着。
3つ目の金剛山
 休憩の後、日連・峰、八坂山へと進む。登ってきた高倉山方向が見えるが、その後ろの道志の山は雲がかかっている。
八坂山から振り返る
 何だか雨がぱらついてきたみたいだったので、下山に移る。途中でご夫婦のハイカー(山菜取りかな)とすれ違ってビックリ。下りてきたところには、湧水の蛇口があったので、喉を潤す。日連橋から振り返ると金剛山と八坂山が見える。
金剛山と八坂山
 駅には11時に戻ってきたので、ちょうど4時間程の低山徘徊でした。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/527-b875dc77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード