源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2012年4月15日 ヨモギ尾根から雲取山

 本日はヨモギ尾根から雲取山に登り三条の湯経由で戻ってきましたが、久々の8時間行動で疲れました。
 自宅を4時に出て青梅街道を奥多摩を目指す。途中の桜は青梅のあたりで満開、奥多摩湖はまだこれからの雰囲気。お祭の先で後山林道に入り、片倉谷のゲートに6時に到着。準備を整えて6:15に出発。30分で塩沢橋に到着したが、林道途中の滝が気にかかる。冬は氷るのかな。
塩沢橋
 塩沢の林道を進んで、崩壊地のすぐ先から山道に入る。
ここから取り付く
 しばらく歩いていると足元に不思議なものが。グミのようなキノコなのだが、食べられるのかな。
グミのようなキノコ
 尾根の末端を北に緩やかに登って行くと、霧を抜けて青空が見えてきた。
青空が出てきた
 三条の湯への道と思われる分岐を分けて奥後山に進む。ここまで所々道が崩れているが、概ねシッカリしたコース。この辺りはブナ林の平坦地で思わずテントを張りたくなるよ。
気持ちの良いブナ林
 奥後山の三角点を見つけられないまま石尾根が近づく。昨日の雨は1500mから上では雪だったようだ。振り返ると富士山がクッキリ。
富士山だよその1
 そのうち、奥多摩小屋の水場に至る。
奥多摩小屋の水場
 これなら塩沢を沢登りしても、問題なく下降ルートに使えるな。奥多摩小屋には10時に到着。4時間もかかったよ。富士山の手前の山は雁ヶ腹摺山かな、GW前半に行くつもりなんだけど。
富士山だよその2
 こちらはGW後半に計画している南アの景色。
飛龍の向こうに南ア
 ここからは他の登山者といっしょ。小雲取の登りは雪だらけ。
小雲取への登り
 そろそろ疲れてきたけど、何とか頂上も近づいた。
頂上まで後少し
 頂上には10:50に到着。片倉谷から4.5hかかった計算だ。こちらは鷹ノ巣山方向の眺め。先ほどからややヘリがうるさい。頂上でパンとオレンジを食べて下山に移る。
鷹ノ巣山
 雪で滑りやすい道を三条ダルミまで進み、水無尾根を下る。三条の湯には12:30に到着。
やっと三条の湯
 ここから先がまだ長い。延々と林道を歩いて14:00過ぎに駐車場所に戻ってくる。久々の8時間行動は疲れますね。しかも吉野街道も青梅街道もやや混んでいて、帰宅には3時間近くかかってしまいました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/526-a2bcfe27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード