源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2012年3月25日 ミツバ岳-権現山-屏風岩山

 ちょっと寒くて少し時期が早かったようですが、三椏(ミツマタ)の花を求めて、西丹沢のミツバ岳から権現山、屏風岩山を歩いてきました。三椏は教科書でコウゾ、ミツマタと記されている和紙の原料のあのミツマタです。
 自宅を4:15に出発し、快調にR246を進んで丹沢湖の焼津ボート乗り場の駐車場に2時間で到着。途中、道の駅山北でトイレによったのに2時間で着くとは新発見。これだと奥多摩の丹波に行くのと変わらない。
ボート乗り場駐車場
 ラジオ体操を聞きながら世附に向かって歩き、滝壺橋の登山口には7:00に到着。
ミツバ岳登山口
 比較的はっきりした道をマスク着用で登って、ミツマタの群落する頂上に7:55に到着。
ミツバ岳の三椏
 花は拡大するとこんな感じ。
三椏拡大
 雲がかかっていなければ、ミツマタに富士の絶好の構図なのにな。
雲がなければな
 音楽の泉を聞きながら権現山に向かう(45分で到着)。権現の下りで檜洞丸から蛭ヶ岳が見えてくる。
権現山の下りから蛭ケ岳方向
 本日唯一の登山者とすれ違って30分ほどで着いた二本杉峠には何やら埴輪風のものがある。何だろう。
二本杉峠の埴輪風
 峠から先はしばらくあまり道がよくない。ロープの付いた急登をこなし、再びミツマタを眺め、毛出峠で東に90度曲がる。
二本杉峠先の急登
 マスクのひもが切れ、この後は大変。くしゃみを連発しながら屏風岩山に到着(10:25)。
屏風岩山頂上
 あまり眺めもよくないので、そのまま東峰に移動。富士山が見えているのだが、相変わらずこの角度では雲がじゃまだ。
屏風岩山東峰からの富士山
 今回初めてSONYのカーナビのGPSを使ってみたが、道のないルートでもこれなら全く安心なことが確認できた。課題はバッテリーの持続時間だろうな(10時間ぐらいしかもたない)。
初めて使った
 ここからはナビを片手に南にルートをとるが、比較的はっきりした道だ。大滝沢に下る道との分岐さえ間違えなければナビなしでも大丈夫じゃないかな。
はっきりした道
 標高900mから先には再びミツマタの群生。
900m下の群落
 途中では越えてきた権現山も見える。
権現山
 尾根が東に折れるところから鹿柵が登場。とりあえず穴を抜けて、その先の脚立で向こう側へ。
鹿柵
 さらに2回脚立で柵を行ったり来たりして、467mの岳山を越え、最後はバンガローの裏に出てきた。この調子なら笹子沢を登っても余裕で下りてこれるんじゃないかな。ラジオなどをザックにしまって駐車場まで戻ってきたのは12:15、約6時間の行程でした。時間も早いし、帰路もR246を使いましたが、渋沢から伊勢原の辺りはどうして渋滞するのだろう。帰りは3時間もかかってしまった。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/522-8349b081
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード