源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2007年10月6-7日 頚城山群 妙高・火打

 5日夜、上信越道でETC割引が効くように時間調整をしながら、燕温泉に夜1時頃到着。シュラフを出さずに横になっていたが、寒くてよく寝れませんでした。

 6日は、多くの登山客を乗せたバスが到着してうるさかったので、5時に起き出し、6時に出発。
燕温泉の駐車場から夜明け
 歩き始めてすぐに妙高が見えてくる。
登り始め10分で妙高が姿を現す
 途中の光善寺池の紅葉。
光善寺池
 先行した登山者をどんどん追い抜き、9:25分に妙高に到着。
妙高山頂上3
 頂上手前の岩場の辺りから、後立山の山並みが見え始める。頂上は高曇りで、風が寒い。
妙高から火打と焼山
 黒沢池から高谷池を目指すも、大倉乗越への登りの辺りから、寝不足と飛ばしすぎの影響でスピードダウン、高谷池には12:15に到着。入山前の予報では翌日の天気はあまりよくなさそうだったので、テントを設営した後、12:55に火打山の往復に向かう。
高谷池とテント群
 天狗の庭から見上げる火打山。
天狗の庭
 途中20人くらいの団体に道をはばまれたものの、14:20に頂上に到着。
火打山頂上2
10分ほど写真を撮った後下山し、15:30にテントに戻りつく。
高谷池テント場で今夜の我が家とヒュッテ
 ヒュッテでビールを2本買って、つまみを食べつつ食事の準備。さすがに寝不足が堪えて、18時前には寝てしまった。焼酎を500ml担いでいったのに、たった1杯しか飲まなかった。

 7日は下山のみ。6:20に高谷池を出て、黒沢池から三ツ峰を経由して燕新道を下山。朝の高谷池は霜に覆われている。
霜のおりた高谷池から火打山を見上げる

 三ツ峰から大倉池への下降は、距離は短いが結構急で、東鎌の水俣乗越から槍沢への下降を思い出す。燕温泉の10分ほど手前に河原の湯という露天風呂があり、一汗流せて最高でした。駐車場には9:50の到着で、時間が早かったため、途中までR18-R254と下道を下仁田まで走りました。天気予報とは裏腹に終日よい天気で、気持ちいいドライブを楽しみました(って、何やってんだか)。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/5-622cf104
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード