源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2011年12月4日 毛無岩

 昨晩は真夜中に少し雨が降った。いつもは旅人が先に起きだすのに、今日は田中さんが先に起きました。昨晩の鍋にうどんを投入して朝食。まだ暗いけど、しょうがないので道場集落に移動。最初は林道奥まで行ったが、戻って堰堤工事の手前のカーブのところに車を停める。ようやく明るくなり始めた6:40に出発。神社の手前から沢に下って尾根ルートを辿る。尾根ルートとは言いながら、最初は沢筋。途中から尾根に上がって行く。ある人のブログにも出ていたが、途中には芸術的な切り株があった。
見事な切株
 落ち葉と昨日の雨で滑りやすい道に気をつけて登って行く。右手に見えるのはトヤ山かな。
トヤ山
 樹林が切れて左手に立岩がよく見えるようになる。
立岩を東側から
 こちらはイデミ(一番右端)。
イデミ
 ナイフリッジを越え、ハシゴ場を過ぎると、次第に毛無岩の頂上岩壁が近づいてくる。
毛無の岩壁
 一旦トヤ山の方に進んで、頂上稜線に入る。細い稜線で、霜柱が溶けた道で気を使う。風が強くて途中で帽子を飛ばされてしまった(木に引っ掛かって無事回収)。辿りついた頂上も風が強い。
毛無岩頂上
 北には妙義山と榛名山。
毛無から妙義を見る
 こちらは浅間山。先週は黒かったのに今日は真っ白。
浅間山も真っ白
 西にはテーブル・マウンテンの荒船山。
イデミと荒船山
 八ヶ岳もそこそこに雪を被っている。頂上滞在もそこそこに、先に進み相沢乗越手前で休憩。まだ9時前なので、イデミに寄り道。
イデミ頂上
 こちらは相沢乗越に戻るときに見えた毛無の岩壁。
西からの頂上岩壁
 乗越からは荒れた沢ルートを下る。途中で毛無の岩場を見上げると、岩を登っている人がいる。登山口の駐車場に停まった車からみて、ガイドのK村さんのようだ。やがて道場の集落に。10:30過ぎには駐車場所に戻ってきた。えー、4時間の山行か。
道場からの大屋山
関連記事
スポンサーサイト

コメント

いや~もっと大変かなと思っていたのですが意外とあっけなかったですね。時間も短いし!石田さんの下調べのおかげですわ!次回の山行も楽しみにしています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/492-26c97166
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード