源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2011年11月3日(Part1) 九十九谷

 久々の岩登り、田中さんの提案で西上州黒滝山の九十九谷に行ってきました。あまり快適とは言えず、サバイバル・ゲームみたいな感じになってしまいました。
 朝5時に田中さんをPUして、一路下仁田へ。南牧村の六車で右折して上底瀬の駐車場に7時に到着。道祖神の脇から登山道を辿って、九十九谷に入る。次第に岩が現れてくる。これはまるで烏天狗のように見える。
まるで烏天狗
 さらに進むと目的の右俣が目に入ってくる。
右俣
 準備を整えて7:30に登攀開始。田中さんが右スラブにロープを伸ばす。
右スラブ
 旅人もフォローするが、苔むしたスラブに落ち葉が乗っかっていて、不安定このうえない。
右スラブをフォロー
 続く2p目も似たような感じで、田中さんも苦労している。途中でハーケンを打とうとしていて、滑落。旅人の横を通り越して20mほど落ちたが、じゃまだった落ち葉のおかげでけがもなく、ほっとする。ここでルート変更を決めて、一旦下降。改めて左スラブに入る。こちらは落ち葉も苔もなく、比較的快適。途中から強引に中央岩稜に移動。木の多い中を登って行くと、横断バンドに。技術的には難しくはないが、ピンがないので落ちたら大変なことになるため、ものすごく緊張した。
横断バンド2
 右スラブ上部をたどって、再び中央岩稜に戻る。雨がぱらつき始めて気が気じゃない。3段ほど岩を越え、最後は右に逃げて終了点の登山道に飛び出す(10:30)。途中でルート変更したせいもあるが、3時間もかかった。
終了点から
 下りの途中には九十九谷を眺めることができる、展望岩稜がある。
下りの途中で
 旅人は取付きにハーネスの袋を忘れたみたいなので、15分ほどかけて回収に向かう。気温が高くて汗だくになって駐車場に戻る。さあ、後半の大屋山へ移動だ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/482-ebd7d371
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード