源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2011年10月2-6日 屋久島・開聞岳 4日目

 ネズミのおかげでよく眠れず、4時半に起きだしてしまった。他の2人にはちょっと迷惑だったかな。雨の中を7時前に出発。出発前にやってきたガイドさんによると、屋久島では一週間に10日雨が降るそうだ。ほとんど川の中を歩いて淀川登山口に到着。この雨なのに何組ものガイド・パーティとすれ違った。定年したら屋久島でガイドでもやろうかな。
淀川登山口
 ここまではバスは来ないので紀元杉まで進む。
紀元杉
 紀元杉からのバスは1日2便。最初のものは10:39まで雨の中を待たなきゃいけないので3人してヤクスギランドを目指して前進。雨で増水した途中の沢もすごい水量(沢登りだったら確実に吹き飛ばされる)。
途中の沢もすごい水流
 ヤクスギランドの売店休憩所で1時間半ほど時間をつぶしたが、外はまるで台風並み。10:59のバスに乗って安房の合庁前へ。そこで乗り換えて宮之浦に戻る。預けた荷物を受け取り、風呂場で濡れたものも着替えさせてもらう。
 近所の食堂でお昼を済ませて、トッピーに乗船。種子島経由で指宿に着いたのは17:55、そろそろ暗い。小雨の残る中を今宵の宿を目指して歩き始めると、なんと足元に三角点。なんで。
指宿の港で三角点を発見
 途中のコンビニでビールとお茶を買って辿りついた千成荘(写真は翌朝の撮影)。
千成荘
 3日間濡れ続けて装備がびしょびしょになり、開聞岳に登る気力が大きく減退しているが、とりあえずご主人に相談。目の前から7時過ぎにバスがあるらしい。温泉に浸かり(と言っても旅人はカラスの行水ですが)、部屋に戻ってできる限り装備を部屋に吊るし、やることはやって美味しい食事をいただく。モズクの酢の物、サラダ、なすの味噌炒め、地魚の刺身、焼き魚(奥さんに聞いたらアマゴとか)、キビナゴの唐揚げ、黒豚の陶板焼きと盛り沢山。
宿の夕食
 結局、明日の天気が快晴らしいので、このまま帰ったら後悔すること間違いなく、開聞岳に登ることに決定。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/461-808e68c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード