源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2011年10月2-6日 屋久島・開聞岳 2日目

 朝、目が覚めると雨が屋根を叩く音がする。朝食を済ませて、雨具を着込んで出発。着替えなどの荷物は宿で預かってもらった。
 宿の近くのバス停から、8時過ぎのバスで白谷雲水峡に向かう。300円の協力金を払って歩き始める。
白谷雲水峡入口
 歩き始めてすぐに、立派な滝が現れる(後で調べたら飛流の滝らしい)。
飛流落しの滝
 さつき吊橋を渡って、もののけの森の道に入っていく。途中の渡渉点は増水すると腰までくるらしい(淀川小屋で会ったガイドさんの話)。
渡渉点
 これはくぐり杉。
くぐり杉
 白谷小屋の先には七本杉。最初はうれしくて写真を撮っていたが、この後もこのぐらいの杉は一杯出てくることを知る。
七本杉
 辻峠にザックを置いて、太鼓岩を往復。晴れていれば、眺めはいいだろうに。
太鼓岩の上で
 楠川分れで荒川口から来るトロッコの軌道に合流。ここから大株歩道に至るまでの1時間程度の軌道歩きが結構くたびれた 。
トロッコ軌道
 ここからいよいよ本格的な登りになる。まずは有名なウィルソン株。
ウィルソン株
 中に入るとハート型の空間があり、絵になる。
ハートの空間
 続いて大王杉。でかい。
大王杉
 でも、縄文杉はそれをはるかに上回る存在だ。やあ、来てよかった。
縄文杉
 折角だから、横からも1枚撮影。
縄文杉を脇から
 縄文杉までは、ガイドさんに連れられて荒川口から日帰りでやってくる人が多いが、ここから先は急に人が減る。久々の重荷に苦しみながら、15時には宿泊予定の新高塚小屋に到着できた。今晩の登山者は15人程でゆったり泊まれる。満員で入れなかった時のことを想定してテントを持ってきたが、重いだけで無駄になってしまった。
新高塚小屋の中
 16:30から持ち上げたビールを飲みながら夕食を食べ、18:30に就寝。耳栓をしたので夜中のネズミも気にならなかった。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/459-3bd0dff1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード