源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2011年9月11日 雲取山

 先週は歯科医の予約時間を間違えしまったため、昨日改めて治療してもらいました。それがなければ、奥又白の池から前穂に行こうと計画していたのですが。仕方がないので、何故か雲取山。雲取山は今回が4回目、来週の黄蓮谷の黒戸尾根の下降に備えた体慣らしと、先日購入したザックのデビューです。
 鴨沢から上の駐車場に上がり、登りを30分短縮。6:20に歩き始める。しばしで廃屋に。何十年か前にはここに人が生活していたのかと思うと、山の民の力強さを感じる一方で、やっぱり今の世の中じゃ離れるよなとも思う。
廃屋
 登り尾根は比較的緩やかな登りなので、体力的にはいいのだが、蒸し暑くて汗だく。七ツ石小屋で清水をコップ3杯も飲んでしまった。小屋のところの注意書きによると、大ダワ林道も、後山林道も崩壊していて通行禁止のようだ。唐松谷林道の分岐を過ぎた辺りでようやく青空がのぞく。
わずかな青空
 しかし、奥多摩小屋に至るころには再び雲の中に。テントが何張りかある。ヨモギノ頭は巻き道で越えると、猟銃を持ったハンターがいた。多分、鹿の駆除なんだろうけど、銃を持った人間が周りにいるのは気持ちいいものではない。小雲取を越えて頂上に近づくが、避難小屋も雲の中で、定かではない。
避難小屋も雲の中
 10時に辿りついた頂上からは何の眺望もない。しかたがないので、3つだけ現存する原三角点の写真を撮影。白髪岩のものと同様のピラミッドの頭をカットした形状。
雲取山原三角点
 避難小屋で軽く食事をして下山に移る。途中から雨が降り始め、ザックカバーと雨具を装着したが、全くの想定外。途中で雨も無くなったので、堂所の手前でおにぎりを食べながら、雨具を片付ける。駐車場には12:20に戻ってきたが、ここにもハンターが屯している。ちょうど6時間の行動で、来週のちょうどいい足慣らしでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/450-b3d96590
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード