源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2011年7月10日 笛吹川鶏冠谷右俣

 早い梅雨明け後の第一弾は鶏冠谷右俣。自宅を3:30に出発して勝沼から西沢渓谷入口の駐車場には5:10に到着。準備を済ませて5:30に行動開始。30分ほどで吊り橋に至る。08年9月以来の眺め。
3年ぶり
 前回にはなかった道標に沿って鶏冠谷出合に。ここで沢装備を装着。前回はここから東沢を辿って、途中でデジカメを水没させたのだ。
鶏冠谷出合
 薄暗い沢を遡ると魚止の滝に。すごい迫力で水が宙を飛んでいる。まだ薄暗いので、夜景モードの写真がぶれた。右手の踏み跡を使って高巻く。
鶏冠谷魚止滝
 84年の冬に依田クンと来た奥飯盛沢の出合。あの時は這うように登った記憶があるのだあ、こんなに傾斜があったっけ。
奥飯盛沢
 すぐ先の3段8mのナメは1段目は右から巻いて、2・3段目は右の隅を登る。
3段8mナメ
 続く逆くの字の滝がハイライトなのだが、水流の激しさに恐れをなして左から巻く。次回の宿題かな。
逆くの字
 この滝は左をへつって水流を横断して右手から登る。
左から右へ
 やがて二俣に。すぐ先の25m滝は登れないので左から大きく高巻き。この辺りから倒木が増える。ゴルジュ奥の滝は倒木を利用して右寄りに登る。
木を活用
 30m滝は右手の草付から登り、一旦滝に戻って横断を試みるも滑りそうで断念。戻って右から上がる。
30mは右手から
 ここからは延々とナメが続く。
延々とナメが続く
 足元を撮影してみた。
ナメを歩く
 ナメでお腹一杯になる頃、40m大滝が登場。滝を眺めながら食事。まだ9:35だ。
40m大滝
 少し戻って右手の枝沢に入る。源流最初の一滴を確認して、右手に獣道を辿る。最後10分ほどは石楠花の林を悪態をつきながらの藪こぎで、ひょっこり登山道に飛び出す。咲き残った石楠花を愛でながら、靴を履き替える。
石楠花が残っている
 10:30に下山を開始して、徳ちゃん新道を進む。途中で小屋の荷揚げの方とすれ違い、12:00前に駐車場に戻ってこれた。6.5hの充実した沢でした。鶏冠谷は花崗岩の快適な沢です。時間も早いのでR20で笹一に寄り道して帰ってきました。
 来週の連休は餓鬼岳から唐沢岳に行ってこようかと思っています。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/435-7000206a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード