源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2011年6月19日 天理岳~両神山(天武将尾根)

 2時半に起きて気象をチェック。ウーム、梅雨前線が少し上に上がっているようだ。山開き前の富士山に行くつもりだったが予定を変更して、少しでも北に位置する両神山にする。
 自宅を3:20に出発して日向大谷の駐車場に6時過ぎに到着。約5ヵ月ぶり。旅人はどうも一つのところに行くと続け様に通う習癖があるようだ。サンドウィッチを食べて準備完了、6:20に出発。本日は先ず楢尾沢峠まで行って、そこから天理岳に登り、さらに両神山を目指すコース。
駐車場の登山図
 駐車場から両神山荘に上がり、峠に向かう道に入ると、直ぐに両神神社里宮。
両神神社里宮
 峠の手前が道が荒れて少し分かりづらいが、何とか30分ほどで辿りつく。ここからは廃道になっている天武将尾根のコースを天理岳に向かう。ルートは比較的魅了だが、濡れた岩場が続く。唯一の鎖場を越えると、そこは天理岳の頂上。旅人の出身地と同じ名前の山なのでそのうち登らなきゃと思っていた山です。
天理岳頂上
 頂上から先に進むと黄色テープの向こうに祠があるので寄り道。
奥の祠
 この先で、すうじいさんも間違えたらしいので気を付けていたけど、少し道を外した。コンパスで方向を確認して事なきをえる。ここは尾根沿いに行くのは間違いで、意識的に西に進まないとだめ。霧雨で視界がないコースを進み、時折現れる岩場をこなしていく(下の写真のところはちょっと緊張した)。
ちょっと緊張した
 濡れそぼった道を歩むので、全身びしょびしょ。ふと見ると石楠花が咲き残っていた。
石楠花が残っていた
 前東岳から稜線を辿って両神の頂上に11時に到着。こんな天気なのに人が多い。
両神山頂
 鎖場を越えたところで最後の食事。ここからは一気に下山。七滝コースにするのはやめて清滝小屋経由で下る。冬場の落ち葉の道とはまるで異なる緑の豊かな森。滑らないように気を付けて駈け下る。ここまでくると駐車場までは後数分。
ここまでくると駐車場は近い
 駐車場には13時過ぎに戻ってくる。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/426-b14e9830
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード