源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2011年5月3-4日 南ア前衛・笊ヶ岳 その2

 到着した広河原から本格的な登りになる。ここの標高が880mぐらいで、布引山が2,580mだから1,700mを一気に登ることになる(老平からの300mを加えると、実に2,000mの標高差)。
 先ずは対岸に渡らなければならない。飛び石で行けそうなところを探すが、結構水量が多く、結局靴を脱いで裸足で渡渉。
広河原
 最初は落ち葉の積もったジグザグ道を一登りで山の神に(1,180m)。休憩する足元にはイワカガミの花が咲いている。
イワカガミ
 標高1,400m辺りから樹層がカラマツ林に変わり、その先にはワイヤーやウィンチの残骸が散乱している。1,800m辺りまで来ると今度はシラビソの森になってくる。
シラビソ林に
 桧横手山は何の変哲もない頂上で、手製の標識があるだけ(12:00)。幕営跡が何か所かある。その先のコルを越える辺りから雪が現れ、最初のうちはだましだまし登って行くが、途中でアイゼンとスパッツを装着。午後になって雪が緩んでおり、時折踏み抜きながらなのでくたびれる。ルートには赤テープがふんだんにあって安心。
本格的に雪が出てくる
 南東からの尾根と合流し、布引大崩れの縁を歩く頃には雪が舞い始めた。何とか布引山の頂上にたどり着いたのは15:30。雪のせいで周りの山は全く見えない。
布引山頂上
 14時までに着いたら笊まで行こうなどと考えていたが、もうヘロヘロ。雪をならしてテントを設営してもぐりこむ。今回は発泡酒とさくら肉の大和煮も持ち込み、一人宴会開始。ラジオではタイガースのホームラン3連発を報じている。
本日のつまみ
 ペーパーバックも持ってきたが数ページ読んだだけで放り出し、中華丼の夕飯を済ませて18時前には寝てしまった。夜中はずっと雪が降っていた。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/414-6b7dd5bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード