源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2011年3月6日 丹沢主脈・後半

 蛭ヶ岳山荘の屋根には太陽光パネルがあった。頂上を12:30過ぎに出発。
蛭ヶ岳山荘2
 ここから先は雪が溶けて足元はグチャグチャ。鬼ヶ岩のクサリ場を慎重に登り、丹沢山を目指す。
鬼ヶ岩
 丹沢山には14時前に到着。頂上は意外と広い。実は旅人は丹沢山に登るのはこれが初めて。今年1つ目の百名山ゲットとなる。
丹沢山の頂上は広い
 道はさらにグチャグチャ度を増し、おろしたての靴が泥だらけ。
塔ノ岳手前から来た方向を
 最後の雪斜面を抜けると塔ノ岳頂上。いきなり鹿の姿が目に飛び込んでくる。時刻は15:00。この頂上も多分28年ぶりかな。以前の情景が全く記憶にない。
塔ノ岳頂上
 ここからは大倉尾根を下るのみ。しかし、長時間行動のつけがきて、花立山荘を過ぎるころから左膝が傷み始める。何とかだましだまし下り、大倉のバス停には17:10過ぎに到着。バスは数分前に出てしまったのは残念だが、明るいうちに下山できたのでよしとしよう。一緒だった女性は大丈夫かな。
大倉バス停
 久々の10時間行動でくたびれました。数日は膝に痛みが残るでしょうが、長年の宿題だった丹沢の縦走を実現できて満足です。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/394-4365aec6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード