源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2011年1月30日 両神山・薄川滝ノ沢から辺見岳

 氷はほとんど登りませんでしたが、アイスから藪尾根につなぐという山行でした。ルート図はすうじいさんのサイトを参考にしました。
 朝4:15に自宅を出て青梅から名栗経由で秩父に入り、小鹿野から日向大谷に向かい、現地の第一駐車場には7:20ごろ到着。準備を整え、腰越滝入口という看板から沢に降りる。半分凍結した腰越滝を見物した後、滝ノ沢に入る。しばしは左岸の杣道をたどり、やがてゴルジュ入口に。中途半端な氷結で登れず、左手(右岸)から巻くが非常に悪い。
ゴルジュ
 皿の落ちている炭焼跡をすぎてゴーロ帯を抜けると、沢床が完全氷結してくる。アイゼンをつけて登っていくと、やがて玉簾滝が見えてくる。
玉簾滝が見えてくる
 玉簾滝の手前右岸枝ルンゼにも氷瀑が見える。近寄って3mほど登ってみる。
玉簾手前右岸のルンゼ
 引き返して玉簾滝を観察。
玉簾滝1
 30m少しだろうか。パーティなら登れそうだな。
玉簾滝2
 でも、一人なので左手の涸沢からルンゼに上がり高巻く。2段10mを越えて、次の2段8mは釜が凍っていないので、右から岩場を巻く。1010mの二俣で左に寄り道。
1010m二俣左の滝
 1020mの涸沢をつめて1180m峰西のコルに上がる。基本的に岩場は右から巻き気味に上がり辺見岳北峰に至る。木の間を抜けてきたので、引っかかってバイルのホルダーが壊れてしまった。両神方面を見ると先は長いぞ。
辺見岳北峰から両神山を見る
 辺見岳南峰からの下りは左の南面寄りを下りキワダ平へ。エビヅルの頭には天狗三兄弟。
エビヅルの頭
 索道跡を越え、岩場を登って三笠山を抜け、一位ガタワに13時前に到着。くたびれた。熊と思われる足跡の残る廃道を下っていくと、左手に洞窟氷瀑があった。
清滝小屋手前の洞窟ルンゼ
 しばしで清滝小屋に。
清滝小屋
 下る途中にもいくつか氷瀑を眺めながら進み、駐車場には14:30過ぎに戻ってくる。久々の歩きで結構バテましたが、氷と藪尾根で充実した1日でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/381-c1c7d504
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード