源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2010年8月7日 尾瀬・片品川小淵沢

 尾瀬の快適な沢にシュクラさんと出かけてきました。
 金曜日の18時にシュクラさんをPUして関越に。途中、高坂SAで食事をし、沼田ICを降りて大清水に向かう。戸倉を過ぎて山沿いの道になると霧が出てきて運転し難い。それでも何とか21時過ぎには駐車場に入り、23時に就寝。
 土曜日は3時過ぎからバスが何台か到着し始め、寝ていられないので4:20起床。準備を整えて5:20に出発。
 三平峠に向かう道と分かれて奥鬼怒林道に入る。鹿避けゲートを2つ通り、小淵沢に続く林道を進む。入渓点の橋には6:40頃到着し、準備をして7時に遡行開始。穏やかな快適なナメが続く。
前半の気持ちのよいナメ
 基本的にはこの位の容易な滝と、ナメが続く気持ちのいい沢で、入門者に格好のルートかもしれない。
この位の滝がいくつかある
 とは言え、いくつか大きめの滝もあり、これは唯一ロープを出したところ。左隅を登れば難しくはないがびしょ濡れになる。
唯一ロープを出した滝
 その先のトイ状滝の背後に朝日がまぶしい。
朝日がまぶしい
 そして連瀑帯に。
何となく連瀑
 連瀑帯の最後の滝は旅人は真ん中の水流を登り、シュクラさんは左寄りを登った。
連瀑一番上
 詰めの手前の最後の滝は、全身シャワーを覚悟すれば右寄りを登れそうな気もしたが、無難に右から高巻き。
最後の滝は右から巻いた
 やがて細ってきた水流を笹が覆う中を詰めて登山道に出くわす。遡行時間は2時間で、まだ9時過ぎだ。でも、問題はこの後にやってくる。
9時過ぎに登山道に出た
 詰めの頃からスズメバチがまとわり続け、靴を履き替えようとしていたら、シュクラさんの周りにハチが7-8匹集まってきた。思わず「逃げろ」と叫んで退避。片付けもそこそこに登山道を急ぐ。
 すれ違う老年ハイカーに「尾瀬沼はまっすぐでいいのよね」と尋ねられびっくり、「いえ、反対方向です」。その後、小淵沢田代に至ると、振り返った方向に日光白根が見えた。
小淵沢田代の向こうに奥日光の山々
 ハチを気にしながら、靴を履き替えて下山に移り、10:20頃長蔵小屋に。カメラマンが若い女性モデルを撮影している、案内パンフレットか何かかな。休まずに三平下に向かうが、途中ではこのような花たちも目を楽しませてくれる。
花4種
 下の写真は三平下手前のビューポイントからの燧ヶ岳。唐橋親子と来て以来の眺め。
尾瀬沼と燧ヶ岳
 しばし休憩した後、11時過ぎに三平下を出て、一ノ瀬で休憩を入れつつ、12:40に大清水に戻ってきた。途中から、内蔵助平でやられた虫の刺し傷が靴にすれて痛くて堪らなかった。
 13時には帰途につき、14:15頃関越に入り、大した渋滞もなく順調に帰宅。唯一のサプライズは花園IC先で3台がからんだ追突事故に巻き込まれそうになったぐらいで、荻窪には15:50に戻ってこれた。
 小淵沢は、林道アプローチが長い割りに、沢は短すぎる感じではあるが、技術的にはやさしくかつ尾瀬の湿原も楽しめるので、沢入門者にぴったりかもしれない。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/319-900d0b3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード