源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2010年7月18-19日 蝶&常念 1日目

 梅雨明け直後の好天の下、蝶ヶ岳から常念岳を歩いてきました。槍から穂高がずっと眺められる最高の稜線歩きでした。
 本来の計画では土曜日の朝に出発するつもりでしたが、金曜日の夜に飲みに行ってしまったため1日延期。日曜の4時に自宅を出発し、豊科ICから三股の駐車場を目指す。駐車場手前500mほどの辺りから路肩駐車が目立ち始め、案の定駐車場は満車。100mほど戻ったところに何とかスペースを見つける。準備を整えて8時前に出発、まずは三股まで林道歩き。前方に蝶の稜線が見える。
三股に向かって出発
 吊橋を渡って登りに入る。途中の樹間から常念が見えて心が弾む。
常念が見えた
 標高約1930mのまめうち平には9:55に到着。稜線まではまだ700mの登り。途中の蝶沢の水場で、明日の分まで含めて水を4L補給。重みの増したザックを肩に、あえぎながらの登行。
蝶沢の水場
 何とか12:30に雪田のある稜線に抜け出る。余裕があれば大滝山を往復しようかと企んでいたが、あまり面白く無さそうだしあっさりと断念。
蝶の稜線の雪田
 小屋手前まで来ると、いきなり槍ヶ岳の穂先が見えた。
蝶の先に槍の穂先
 幕営の手続きをし、テントを張り終えてもまだ13時。まずは蝶の頂上へ。蝶ヶ岳頂上にて
 槍から穂高にかけては想像以上に雪が多い。
槍ヶ岳様ドーン
 小屋でビールを買ってきて、テントで午後の数時間を過ごすが、本を持ってこなかったので、ラジオだけが頼り。17時過ぎに夕飯を済ませて外に出ると、周りはすごい数のテント。
テントだらけや
 18:30には就寝するが、地面が傾いているのと、強い風で熟睡とは程遠い一晩だった。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/313-39b12085
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード