源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2010年4月29日 西上州・恩賀高岩&山急山

 3ヶ月ぶりに田中さんと山に出かけてきました。場所は比較的マイナーな恩賀高岩(たかいわ)と山急山(やまきゅうやま)です。
 いつものように朝5時前に田中さんをPUして、関越で軽井沢へ。下調べに従って林道を少し入ったところに駐車。6:50には歩き始める。まずは西毛野外センター跡と思しきところに上がり先に進むが、結構黄色のマーカーが多い。
西毛野外センター跡から
 沢状の道をコルまで上がって、まずは雄岳を目指す。崩壊地を過ぎると難関の鎖場に。元々がややハングしているうえに、雨で岩も鎖も滑るのでかなり緊張した。
鎖場1
 頂上についても何も見えないので記念撮影をして早々に移動。隣の摩利支天に寄って鎖場を下る。コルまで戻って雌岳に向かう。雌岳は3つのピークで構成されていて中央が本峰だが、これは本格的な岩登り(ボルトが何本も見えた)になるのでパス。北峰で記念撮影。晴れていればこの不思議穴の向こうに浅間山が見えるはずなのに。
雌岳の不思議穴
 展望台に寄り道してから下山。林道に出てすぐのところで沢の湧き出しを発見し、汚れた手を洗う。マグカップを持ってこなかったことを少しだけ後悔。
源流だ
 林道をしばし歩くと停めた車に戻ってくる。ちょうど2時間でした。
 続いて、恩賀集落から入山川沿いに移動して、R18が高速をくぐるあたりで林道に入り、紐ゲートのところで駐車。雨は降っているが9:30に出発。林道を送電塔のところまで歩いて山道に入る。細かい火山礫で歩き難いが、テープのマークは豊富。稜線らしきところに出て右手に進むと、どうやら五輪岩のようだ。ようやく雲が取れ始めて山急山の頂上が姿を現す。
五輪岩から
 登りはルンゼの岩場を上がって稜線沿いに頂上に向かう。
山急山頂上に向かう
 頂上は風もあって肌寒い。
山急山頂上
 先ほど登ってきた高岩がかろうじて見える。
高岩が見えた
 頂上からは北に進んで、岩壁下を巻くコースで下り、元のルートに合流。来た道を下山する。皮肉なことに駐車場所に戻ってくるころには青空に。振り返ると五輪岩と山急山が見える。
下山途中からの山急山
 駐車場所に戻ってきたのは11:50で、時間も早いことから田中さんは稲村山にも行きたそうだったが、高速の渋滞が気になったのでそのまま帰宅。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/291-6d1b8348
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード