源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2009年12月25日 クリスマス・ルンゼ

 本日から3日間、八ヶ岳の阿弥陀岳西面広河原沢に。元々は黄蓮谷右俣に行く計画だったのですが、情報では氷結と積雪の状況が良くないみたいなので、予定変更です。
 クリスマス・イブに小淵沢の道の駅で幕営。2日前のお土産の地酒ワンカップを飲んで就寝。自宅の鍵を落としたと心配顔だった田中さんの鍵も、翌朝テント撤収中に発見で一安心。路面の凍結を気にしつつ舟山十字路に移動し、8時に出発。ちょうど森林整備の方々の車がゲートを開けて入るところでした(「乗せて」の一言がここまで出掛かりました)。アプローチ途中から見上げる阿弥陀は雪が少なめの様子。
アプローチ途中から見上げる阿弥陀
 寝不足で調子の出ない田中さんと共に9:30頃に二俣に到着して、これから3日間のBCを設営(今のところテントはもう一つだけ)。
3日間のBC
 10時に二俣を出発し、右俣に明瞭なトレースを辿る。トレースのおかげで11時過ぎにはクリスマスルンゼ下に到着。これがそうでしょという旅人に対して、数年ぶりに来た田中さんが何か様子が違うと上まで見に行くことになったが、やはりこれのようだ。準備を整えて登り始めるが(一段目は実質ノーロープ)、下から見る様子と異なって凹角部分も傾斜がきつい。
クリスマスルンゼの田中さん
 田中さんも「ヤバイ」状況でリードしてくれたが、フォローする旅人は凹角抜けの部分でアックスが抜けなくて10分以上四苦八苦。ほとんど握力を無くしてしまった。登る前には、トップロープを張って左のカンテをやりましょうなどと言っていたのだが、「もうご馳走様」状態。
 時間もあるし、トレースもあるので13:30から武藤返しの滝を登る。
武藤返し
 15時にはBCに戻り、燃料節約のため水と氷を求めて左俣に行く。15分ほど(最初の滝の少し手前)歩いてツララを発見。田中さんは氷を5kgほど袋につめ、旅人は水をつめたテルモスと満タンのコッヘルを両手に持って帰る。という訳で、16時から宴会。旅人の両親の九州土産の赤どりを始めとして、色んなものを食べながら焼酎350mlを飲んで18時に就寝(ハヤー)。
テント内で赤どり炭火焼
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/242-883f6a88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード