源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2009年10月18日 稲子岳南壁

 2日目日曜日は朝4時過ぎに起きて5:10に移動開始。清里の森の中は霧で前が良く見えなかったが、R141に出ると霧は取れ、東の空が色づいてくる。稲子湯先のゲートには6時前に到着。車が10台以上停まっている。
 木々の色づいた中を歩きやすい道を辿って、まずはみどり池を目指す。道は概ねトロッコ軌道に沿って続いている。
トロッコ軌道
 みどり池のしらびそ小屋には7:30に到着。なかなか感じの良さそうな小屋で、中では薪ストーブが燃えていた。
しらびそ小屋
 池の向こうには、これから向かう稲子の岩壁(見えている正面は東壁)が望める。
みどり池と稲子
 中山峠への最後の登りにかかる辺りの赤いビニールひもが張られた地点から、踏み跡を追うがすぐに消えてしまい、藪コギをしながら何とか壁の下に到着。本日は左カンテを登る予定なのだが、ルートが特定できない。あれでもないこれでもないと探し回ること小一時間、とりあえず少し登ってみようと簡単な草つきの岩場を登っていくが、それらしいルートを見つけられずそのまま頂上稜線に出てしまった。時間は11時だが、下って再調査すると遅くなるので、下山することに決定。地図には出ていない登山道を下っていくと、道のすぐ脇のところに、先ほどまで登っていた草付きが見える。どうやら岩壁の一番左端の辺りを登ってしまったようだ。登山道は岩壁基部の踏み跡の地点を通り、苔の生えた樹林帯を抜けてガレ場過ぎると、何のことは無い、赤ビニールテープの所に戻ってきた。ガレ場を下ではなく、上に行っていれば藪コギもせずにすんだのに。
 下山途中で振り返った南壁を見ても、いまだにルートの位置関係がよく分からない。
稲子南壁
 来年再挑戦することにして(ルートが分からないとまた敗退もありえるが)、快調に下山、13時には車に戻る。
 やや寒かったが快晴で最高の天気の中、ルートが分からないという残念な結果となりましたが、旅人は八ヶ岳のこの方面が初めてだったこともあり、歩くだけでも十分満足な山行でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

わかりました

私達が見ていたのは全部左フェイスでした。南壁はもっと右でした。みどり池からは東壁も見えますが南壁も見えていました。どうりで概念図と合わないわけです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/229-d967308b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード