源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2009年10月10-11日 富山の旅(2日目)

 富山の旅2日目は昨日同様「鱒の寿司」の朝食からスタート。昨日は山の旅だったが、2日目は海の旅。
 先ずは新湊の富山新港へ。越の潟と堀岡を結ぶ渡し舟に乗る。建設中の橋の向こうに帆船海王丸が見える。
渡し舟
 雲がかかっているため分かりづらいが、船の上からは剣岳の大窓・小窓が見える。
大窓小窓が見えた
 新湊からブリで有名な氷見漁港に移動する途中、雨晴海岸に寄るが、剣・立山は雲ではっきり見えない。今回の旅の目的の一つが、この場所からの山並みを眺めることだっただけに残念。
雨晴海岸
 氷見漁港にはフィッシャーマンズ・ワーフがあり、観光客でにぎわっている。白えびの唐揚げと鯖の棒寿司を購入。脇にはキャラクターの「ひみぼうずくん」がいる。
ひみぼうずくん
 魚市場食堂「海寶」は休みの日は10時から営業しているので立ち寄るが、10:30で既に行列。20分ほど待って「かぶす汁定食」(1,100円)をいただく。カニまで入った魚が一杯のかぶす汁に、お刺身がついていて満足。
氷見魚市場食堂
 藤子不二雄A氏の出身地の氷見は町中にハットリくんなどが描かれている。氷見を後に、能登半島を横断して羽咋の千里浜(ちりはま)へ。テレビ等でもよく見る海岸の砂浜を車が走るなぎさドライブウェイ。
千里浜なぎさドライブウェイ
 能登道路を北上して、能登島を通って和倉温泉へ。加賀屋の前にある涌浦之湯壷でお湯が出ていたが、塩分を含んだ熱いお湯でした。
 富山に戻り、富山港の岩瀬に。北前船の回船問屋が並ぶ街で、ここに「満寿泉」の枡田酒造店があるが、残念ながら店は閉まっていた。
枡田酒造
 岩瀬から富山ライトレールというおしゃれな電車に乗って富山駅に戻り、今回の旅の締めくくりとして富山B級グルメ「富山ブラック」を大喜で食す。本当に真っ黒だ。おかずになる中華そばとして考えられたということなのでライスと一緒に食べてみる(ラーメン700円、ライス150円)。ストレートの太麺にこってりチャーシューがやたらと辛いスープにどっぷり入っており、ラーメンだけで食べると結構きつい。
富山ブラック
 最後に駅の土産物屋で「満寿泉」を買って、富山を後にする。見て食べて、大満足の2日間でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/224-69758b42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード