源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2009年9月5-6日 中ア正沢川細尾沢

 田中さんと二人で会心の沢登り。唯一の心残りは焚火が出来なかったことかな。
 金曜の夜に荻窪を出発し、24時過ぎに伊那ICを降りて通りなれた権兵衛トンネル経由で木曽駒高原スキー場一番上の駐車場に25時に到着。
 土曜日は6:30起床で7:45出発。
駐車場を7時45分に出発
 不気味な消防車前を通り過ぎて林道を辿ると、正月のときには無かった林道が奥に延びている。おかげで予想よりも早く正沢川に降りつく。9時過ぎには玉ノ窪沢出合を通過。本流は下の写真のようなところが続く。
正沢本流4
 10:40に細尾沢出合に到着。最初の滑滝を越えて20分も歩くと大滝が見えてくる。迫力のある大滝には11:30に到着。真下は水しぶきで寒い。
細尾沢大滝3
 右手のガレルンゼを登って、途中から踏み跡を使って左にトラバース。
右側のガレルンゼ
 滝のすぐ右に見えるザレた岩場を横切って落ち口方向を目指すが、その先は落ち口手前で切れている。少し戻ってチムニー状の岩場を直上し、さらに藪をこいで約45分で大滝の落ち口上に降りてくる。旅人は途中からビビリモードとなったためロープを出して登る。どうやらガレルンゼをもっと上まで詰めてからトラバースした方がよかったようだ。
 ここからは細尾沢の中核部分でナメを中心とした滝が続く。12:40にはこの滝に至り左岸から巻くと途中に絶好の天場があった。
これを右から巻くと絶好の天場
 田中さんはここで幕営したそうだったが、まだ時間が早いのでさらに登っていく。
細尾核心4
 この辺りは花崗岩の滝が続く素晴らしいところだ。
細尾核心6
 2条の滝と思われる下にいくつかテントを張れそうな所を発見し、行動終了(13:10)。巻き集めに30分を費やし、火を点けるも木が濡れているようで結局焚火に失敗(初の失敗)。仕方が無いので14時頃からビール、日本酒(田中さん持参の八海山)、焼酎を飲み始めるが、焚火が無いので仕方なくボルダリングの真似事。
細尾ボルダー2
 寒くなってきたので16時過ぎには夕飯を済ませて、テントに入る。旅人は16:30には寝てしまった。田中さんに30分したら起こしてくださいと頼んだのだが、田中さんもすぐに瞼が重くなったようで、二人して次に起きたのは翌日3時でした。
幕営地
 朝は4:30起床で、明るくなった5:50に出発。北西には槍穂が見えた。
出発前に振り返ると槍穂が見えた
 快適に連瀑帯を登り、水が枯れた最後の分岐を正面に進むと、やがて詰めの岩場混じりのところに突入。
岩場に行き当たる
 やがて這い松混じりの岩稜を登ることに。どうも最後を右に入ればガレを辿って楽に上がれたみたいだ。
何故か岩稜をたどる
 最後は木曽駒頂上から東に100Mほどの縦走路に飛び出す(8:30)。頂上にはロープウェイで上がってきたと思われる登山者が20-30人ほどいた。木曽駒は日本百名山の一つで、先週の聖・光に続いて今年4つ目の百名山に登頂。
木曽駒頂上1
 記念撮影と靴の履き替えを済ませて、9時に出発。ここからは延々と4時間の下り。途中の七合避難小屋は、話に聞いていた通りソーラー・パネルが備わった綺麗な小屋で、泊まってみたいと思わせるものがある。
七合小屋
 六合目下からは正月の悪沢のときに来ているので、うっすらと記憶に残っている道となり、スキー場には13時前に戻ってくる。
 渋滞にはまる前に帰ろうと思っていたが、15時過ぎに勝沼に至る頃から渋滞で、八王子通過は5:40頃。さらに調布の辺りが2時間の渋滞らしいので、国立ICで降りて下を走り荻窪に着いたのは19時でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/215-b49bd3c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード