源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2009年8月28日-29日 谷川・赤谷川本谷

 先ほど15時過ぎに赤谷川本谷の山行から帰ってきました。とても疲れました。
 木曜夜23:00過ぎに川古温泉手前の駐車場に到着して幕営(車は我々だけ)。金曜日は5:00におきて6時過ぎに出発。赤谷川林道を歩き、笹穴沢の先からあまりよくない登山道に入る。雄滝・雌滝を過ぎると間もなくの渡渉場所には8時過ぎに到着。準備を整えて8:30に遡行開始。
渡渉点
 入渓して最初に現れるのはマワット下ノセン。右岸の踏み跡から高巻く。
マワット下のセンが見えてきた
 ほどなくマワットノセン。釜から水流右を登れるが、先を急ぐのでこれも右岸から高巻く。踏み跡は明瞭なのだが、トラバースに入る地点の5-6m上まで行き過ぎた。
マワットのセン
 すぐに巨岩帯に入り、極力右岸を巻くようにするが、予想通り体力を消耗する。
巨岩帯2
 巨岩帯が終わるとすぐに裏越ノセンが見えてくる。
裏越ノセン
 ザイルを持ってきていないので、滝下の釜を腰上まで使って渡渉し、滝の左のガレルンゼに入る。上の方は結構悪く、トラバースに入る踏み跡も分かり難い。
裏越ノセンの釜を渡渉
 下りた場所は日向窪の少し手前。ドウドウノセンの入口の滝だけ覗いて、日向窪を登る。2段チムニー滝の手前で右手の踏み跡に入る。このころから旅人はバテ始める。それでも何とか小尾根に上がり、岩場の下まで石楠花の尾根をつめる。そこから右に木につかまりながらトラバース。ここまで滝下から約1時間。
支尾根を登る
 なぜかそこから沢に下るまでさらに1時間を要し、時刻は15時過ぎ。何もなければこの辺りの河原で幕営してもいいのだが、夜から雨の危険性があるため、安全地帯まで頑張ることに。8m滝を右岸から藪漕ぎで抜けると、上部ゴルジュ帯に入る。途中には大きな釜を持った滝がいくつも現れる。
大釜小滝の釜
 ゴルジュを抜けてしばしですーじいさんの遡行図にかいてある湿原状台地を見つけ、テントを設営。時刻は17時過ぎ、さすがに11時間はきつい。
湿原状の草地で幕営
 土曜日も5時起きの6時出発。出発時からガスが下りており、おそらく晴れていれば気持ちの良さそうな源流部を進む。最後はやや藪漕ぎとなるが8時にはオジカ沢ノ頭手前の登山道に上がる。新潟側は雲が吹き上げ雨がきつい。
オジカ沢ノ頭
 元々の計画では、万太郎を超えて毛渡(ケト)乗越から下って川古まで戻るつもりだったが、晴れていても悪い道なので、安全を期して谷川頂上経由で下山することにする。天神平ロープウェイには10:30に到着。ロープウェイで下った後、11時のバスに乗って水上駅まで行き(650円)、さらにタクシーに乗って川古温泉に戻ったのは12時前(タクシー料金は4500円)。
 片づけを済ませ、月夜野ICに入る前のR17沿いの店で昼食を済ませて帰京。荻窪駅には14:30に到着。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/214-c966ff95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード