源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2009年8月22日-25日 南アルプス南部聖岳から光岳

 百名山を2つゲット。久しぶりによく歩きました。
 今日から1週間の夏休み、渋滞を避けて土曜の1時過ぎに自宅を出て、4時過ぎに中央高速松川ICを降りる。R153途中の7_11で夕飯を買って喬木村役場のところから矢筈トンネルに向かい(トンネルは無料になっていた)、さらにR152を南下。上島から遠山川に入る道が工事中のようでよく分からず、小学校の辺りで犬と遊んでいるお婆さんに道を尋ねて迂回路に入る。こんな所によく集落があるなと感じるところを進み、易老渡を目指す。集落の中から聖岳が見えた。
聖岳が見えた
 何とか18:00過ぎには易老渡の駐車場にたどりつき、夕食を食べて車の中で寝る。翌日曜日は4時に起きて5時前に出発。便ヶ島を経て西沢渡には6時に到着。話に聞いていた手動ロープウェイがあるが、沢は歩いて渡れる。
手動ロープウェイ2
 約4時間黙々と登り、稜線上の薊畑には10時過ぎに到着。ようやく聖岳が姿を現す。
薊畑で聖岳が姿を現す
 サブザックに必要な品だけ入れて頂上を往復。出だしのところではお花畑が美しい。途中で富士山の姿も見え始めた。小聖を11時に通過。
小聖から前聖
 行動時間も6時間を超え、バテバテになりながら前聖岳頂上には12時に到着。笊ヶ岳の向こうに見える富士には雲がまとわりつきつつある。
前聖からの富士山 手前は笊ヶ岳
 風が強くてどうしようもないので、早々に奥聖に向かう。頂上からは大学時代に登った赤石岳と荒川岳が見え、感慨にふける。
奥聖三角点で背景は赤石と荒川
 この頃から小雨がパラツキ始め、雨具を入れてこなかったのであわてて下る。聖平小屋には14時過ぎに到着。大勢の宿泊客の間を縫って幕営の申し込みをするが、お茶のサービスもあり、また小屋番の人の対応もよく、気持ちのいい小屋だ。ビールを飲んで夕食をとるが、なぜか食欲がわかず食べ残してしまった。6時過ぎには寝ようかと思ったのだが、脇のベンチで60台半ばの親父が岡山からの単独行の大学生に延々と話しかけてうるさく、隣のテントのアベックが注意をするまで寝れなかった。
 月曜日は隣のテントの起きるのに合わせて4時前に起床、5時に出発。まずは南岳に向かう。振り返った聖岳が朝日に美しく、日影になった沢が面白そうだった。
南岳への途中から聖岳
 登りついた南岳からは聖岳、赤石岳、荒川岳(左から)の重厚な山々が素晴らしい。
南岳から北方向
 7:10に上河内岳に到着。そこから一下りすると奇岩竹内岩に至り、岩の向こうに茶臼岳が見える。
奇岩竹内門の間に茶臼
 振り返った上河内は結構ピラミダルで格好いい。
振り返った上河内には雲が
 お花畑や草原を通り抜け、8:50に茶臼岳に到着。まずまずのペースだ。仁田池から喜望峰に至り、荷物を背負ったまま仁田岳を往復。これでようやく本日の行程も半分。
 そろそろバテながら11:30には易老岳を通過し、途中の気持ちの良い場所で休憩。風雪に耐える白樺があり、何だか楽園にいるようだ。
三吉ガレの辺りの楽園
 三吉平からはゴーロ状の沢筋を登っていくが、次第に休み休み状態となり、静高平の水場に着いたときにはほっとした。ちょろちょろ流れる水場で今晩の分として3L補充し、合わせて水をがぶ飲み。生き返った。センジヶ原からイザルヶ岳に足を延ばし、光岳小屋には14:30に到着。
センジヶ原
 テントを設営した後、光岳頂上へ。
光岳頂上
 さらに光石にも行ってみる(何だこれはという感じ)。見栄えもよくないし、正直、この山が百名山に入っている理由がよく分からない。
光石3
 今日の光岳小屋は結構宿泊者が多いようだ。20人くらいの人が小屋の前で食事をしている。
光岳小屋
 最終日も5時前に出発。易老岳を6:30通過して、易老渡に8:40に到着。駐車場脇の水場で顔は洗ったものの、何だか全身汗臭い。9:10に帰途につくが、時間も早いし、高速代の節約のためR153で駒ヶ根から伊那、R361に入って高遠を経、R152で杖突峠を越えて茅野に。それでもまだ12:30なので、笹一酒造での寄り道のため、R20を韮崎、甲府から大月へ。混む前に大月から高速に乗って16時には自宅に帰りついた。かなり充実した3日間でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/211-3cf338af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード