源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2009年8月9日 南秋川・小坂志川本流

 天気は今ひとつでしたが、約1ヵ月ぶりに沢に行ってきました。本来は土曜日に菅平から四阿山に行こうと計画していましたが、長野方面の天気も悪そうなので、近場の南秋川・小坂志川本流を登りました。
 自宅を4:30に出て檜原村笹平から小坂志林道を終点のゲートまで入り、6:30過ぎに入渓。準備をしていたら、後からバイクで来た人がゲートを開けてさらに奥に入っていった。どうも紐で縛ってあるだけのようだ。
 最初は平瀬の中に釜を持った小滝がいくつも続く。大体膝辺りまで浸かりながら容易に越えていけるが、くもの巣がうざったい。
釜のある小滝が多い
 そして時々このような小ゴルジュが現れる。水の中を進んだり、つっぱりで通過していく。
つっぱりで越える
 この滝は釜が深く腰まで浸かって、右寄りから越える。
腰まで浸かって右寄りから
 8時に二俣に到着し右俣に入ると、最初に現れるのがこの6m樋状滝。水流沿いに登れるが、途中に1本ハーケンがあった。
途中にハーケンがあった
 久々の山で、詰めの最後は息が上がりながらも、何とか9時には連行山の頂上に到着。万六尾根を柏木野方向に下り、827mピークの先(作業道・通行止めの看板あり)で東に折れて作業道を下ると林道最上部に出会う。林道の途中ではカラスアゲハが水を飲んでいた。同じような時期に大雲取谷に行ったときも林道で見かけたが、カラスアゲハはこの時期が一番多いのかな。
林道にいたカラスアゲハ
 ゲートのところには10:30前に戻ってきたので、4時間弱の行動時間だが、こんな体力じゃ月末に予定している赤谷川本谷は心もとない。来週の田中さんとの小雲取谷でさらにシェープアップが必要だ。とは言え、本格的な岩でなければ左手も大丈夫なことが確認できたし、適度なアクセントのある気持ちのいい沢で、満足。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/204-335cffc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード