源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2009年5月10日 榛名山

 気温が高そうだったので、当初は両神山の沢から西岳新道を登って尾の内渓谷(すうじいさんのHP参照)に行こうかと考えていましたが、芝桜がシーズンの秩父の渋滞を警戒して急遽榛名山に変更しました。
 朝4時過ぎに練馬から関越に乗って、5時過ぎに渋川伊香保ICを出、伊香保温泉経由で榛名湖を目指すが、途中で温泉街の細い道に入り込みタイムロス。更に悪いことには、Uターンしようと思ってバックしたら見えない障害物があって車の左後部バンパーの辺りをこすってしまった(朝から最悪)。
 でも何とか轢かれたウサギの死骸をかわして九十九折れの道を上がり、ロープウェイ駅の駐車場に車を止め、5:50には歩き始める。それにしても、ヤセオネ峠から沼の原に至る途中の道を車が走ると「静かな湖畔の森の影から...」(多分、郭公という曲)が流れるのは勘弁してほしい。
 雉の姿を見たりしながら6:20には相馬山の登り口に到着し、東海自然歩道となっている道を歩き始める。途中からは鎖やハシゴが出てくるが基本的に不要に思える。最初のピーク相馬山には6:50に到着。頂上にある小屋では修験者の声がした。元来た道を戻って磨墨(スルス)峠を通り、折角なので磨墨岩の頂上に上がる。榛名富士や相馬山の眺めが良い。
磨墨岩から榛名富士
 次に松之沢峠を越えて三ッ峰山に寄り道。名前の通り3つのピークで構成されている一番奥が頂上。下りでは一番手前のピークから比較的明瞭な踏み後があったので少し辿ってみるが、幡矢ヶ岳に向かっているようだったので、元に戻って七曲峠から天目山を目指す。天目山でグレープフルーツを半分食べた後、氷室山を経て天神峠に。峠からは車道を辿るが、脇にはまだ桜が咲いていた(桜の右は榛名富士)。竹久夢二のアトリエを過ぎて湖畔の宿記念公園に9:45に到着。
天神峠からの下りの途中で
 あまりにも暑く、駐車場でDydoの自販機を見つけてウルトラマン・サイダーを飲んで休憩。公園からの登り口はやや分かりづらいが(と言うか、地元のおじさんがもっと先の方だと言うもので騙された)、急坂の道を掃部ヶ岳に向かう。この急な登りの頃からバテが出始め、何度も立ち止まりながら頂上に至る(10:38到着)。
掃部ヶ岳頂上手前から見る榛名湖
 本来の予定では、ここから更に鬢櫛山、烏帽子ヶ岳を経て榛名富士を登って駐車場に戻る計画だったが、国民宿舎に至る道の途中では、いつになく下りでも立ち止まることが多くなり、榛名一周を残り1/3で断念。周遊道路を、榛名湖温泉ゆうすげを経てロープウェイ駅に戻る。
榛名湖温泉辺りから掃部ヶ岳を見る
 最後の車道を歩きながら、キャンプをしたり釣りをする人をたくさん見かけ、そういうのもありだなと思いました。帰りは先ほど歩いた七曲峠を越える県道126からR17に出て、藤岡ICから混んでいない関越で帰京。自宅近所のカーコンビニでバンパーの修理の予約をして自宅に戻りました。来週末は天気が良ければ、会社の同僚T橋君と袈裟丸山に赤ヤシオを見に行く予定です(榛名山の赤ヤシオはまだ蕾でした)。
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ウルトラマンサイダー

なんだかんだウルトラマンサイダーを結構気に入って入るんですね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/185-286fdfd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード