源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2009年5月3日 雨飾山南尾根

 残雪の雨飾に行ってきました。オリジナルの計画では、3日に雨飾山に登って神城に移動、遠見尾根でテントを張って、4-5日で五竜のG0とG2を登るをはずでしたが、雨飾から下りてきた時点の天気予報が雨模様だったので、その日のうちに帰京しました。
 土曜日の夜に、上信越道長野ICからオリンピック道路を経由して小谷の道の駅に22:00に幕営。エンジンをかけっぱなしのトラックがうるさかったこともあり、日曜日は4:30に起きて5時半頃に出発。小谷温泉の雨飾荘の先も雪は無くキャンプ場まで車で入れた。準備を整えて6:15に出発。最初は大海川に沿って雪の道を辿る。
大海川を行く
 雪の間から水芭蕉が顔を出している。
水芭蕉1
 途中から尾根に上がり、休憩を挿みつつそのままブナ林の中を南尾根に上がる。
最初の休憩
なだらかなP2に辿り着くと、これから登るP1の岩場が姿を現す。
P2から見るP1
 ここからは半分藪コギでP1岩場下に。岩場には固定ロープが残っている。
P1の1P目
 1P目は、傾斜はそれほどないが脆い岩場を約40m登る。P1の1P目をフォロー3
 2P目は正面の岩場を避けて左から回り込み、そのまま岩尾根にロープを引っ張る。最後に少々の藪を漕いで頂上には10時に到着。快晴ではないが後立山の山々が良く見える。
頂上からの後立山
 北を向くと、こちらには頚城の山々が間近に見え、その先には日本海も見えている。いずれそのうち海谷渓谷に泊まって登ってみたい山域だ。
手前に鋸岳から鬼ヶ面山、奥に阿弥陀山
 下山は、笹平経由の一般ルート。振り返ると、登ってきた南尾根のスカイラインが分かる。
笹平から見る南尾根
 荒菅沢を横断する地点から布団菱の岩壁が見えるが、布団菱の頂点が登ってきたP1のようだ。
布団菱2
 下りは約2時間で12時頃には駐車場に戻ってきた。残り2日間の天気が余りよくなさそうで、遠見尾根への移動は時間的に余裕だったけれども、雨の中で幕営するのも馬鹿らしいとの判断で、無料の露天風呂で汗を流して帰京の途に着く(その後、予報が変わって4日は曇りに戻っていました。判断ミスかな。)。
 14時ごろに道の駅小川で遅めの昼食を済ませて、15時には高速に乗ったのですが、佐久から軽井沢の辺りで工事渋滞9kmにつかまたため、関越の渋滞は大したことはなかったものの、所沢ICを下りたときには19:30近くになっていました。山よりも運転に疲れてしまいました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/182-5f96bb5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード