源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2009年4月4日 上州武尊・獅子ヶ鼻山

 朝4:40分に自宅を出発し、関越を沼田ICで下りて玉原スキーパークに6:35に到着(参考情報:ここの駐車場はスキー・シーズンの週末は1日1,000円取りますが、来週月曜日からは無料)。準備をしてペンション・ビレッジの道を通って途中から人気の無いゲレンデに出る。元々の計画では右手の尾根から登ることにしていたのだが、リフトも動いていないのでゲレンデの端っこを辿り、鹿俣山(カノマタヤマ)目指して登る。
人のいないゲレンデを登る
 最終リフトのところでジャパニーズ・スノーシュー(カンジキとも言う)を着けて尾根に上がり、8時過ぎに鹿俣山に到着。頂上で一服した後、先を目指すが結構雪庇が発達している。
鹿俣山方向を振り返ると雪庇
 狐か狸かの足跡があり、雪庇に近づきすぎないように参考にして進む。
狸それとも狐
 途中には平坦地があり、テントサイトに最適(実はスノー・ショベルを使いたくてこの場所に狙いをつけていたのです)。そこを越えるといよいよ獅子ヶ鼻への登り。下の写真、中央の獅子ヶ鼻の右に剣が峰、左に沖武尊。
獅子ヶ鼻
 途中雪庇を避けて樹林の中を進みつつ、頂上には9:43到着。雪が細くついていて、頂上は狭い。
頂上は細い
 余裕があれば剣が峰まで足を延ばそうかと企んでいたが、先を見るとスパッと切れ落ちており、ロープが欲しいところ。下り切った所もナイフリッジになっているし、時間がかかりそうなのであっさり断念。
ここから先は切れ落ちている
 来た道を戻ると、スキーヤーが登ってくる。鹿俣山辺りではさらにスノーシューの4-5人に遭遇。トレースのある雪庇の切れ目から登りとは違う林間コースで下山し、駐車場には11:30に戻ってくる。5時間弱の山行でしたが、夏道のないこの時期しか登れないところだったので満足。昔家族と一緒に玉原のペンションに泊まったことがありますが、冬場に開いているのならばブナの森のツアーもいいなと思います。
 帰りは沼田からR17で渋川伊香保まで行き、途中で永井食堂の「日本一のモツ煮込み」を買おうと思ったのだが、駐車場が一杯だったのでまっすぐ帰ってきた。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

永井食堂

永井食堂は混んでいますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/175-137e6c4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード