源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2009年3月7-8日 タカマタギ

 今回は結構疲れました。出張の間、運動をサボっていたせいでしょうか。
 金曜の夜に出発し、土樽の駅に0:15頃に到着。駅寝をするつもりだったが、中を覗いたら満員御礼状況だったので、雨は降っているものの仕方なくテントを張り、いつものようにワインを飲んでから就寝。朝起きたら雪でした。耳栓は持っていったのですが、関越を走る車がうるさくよく眠れなかった。
 7時に起きて食事を済ましたが、雪がひどいため、他の人たちが出かけた後に駅で片付けをしてからゆっくり出発(駐車場所発9:20)。最初からワカンを装着。尾根への取り付き場所を間違えて毛渡沢沿いに平標新道の方に進んだため、いきなり一時間ほどタイム・ロス。引き返して送電塔のところから尾根に上がる。寝不足のせいか、最初の休憩の頃には早くもバテ始める。周りがよく見えない雪の中を進む。
雪の中を登る
 途中から田中さんに遅れ始め、5m歩いては休む状態に。でも何とか14時頃には棒立山頂上に近いところに辿り着いたが、ホワイトアウトに近い状況で、樹林帯を抜けるとルートが分からなくなってしまった。仕方なく、100mほど下って樹林帯で幕営。15時過ぎから飲みに入る。
水を製造中
 早々に19時に寝たので、2日目は3:50頃起きて6時前にアイゼンをつけて出発。昨日の最高到達点を過ぎると雪に亀裂が見え始める。
棒立山手前
 右の方向に別パーティが登っていくのが見えたので、そちらのルートに合流し、棒立山頂上には6:40に到着。
棒立山にて
 頂上では写真を撮って早々に先に進む。振り返ると、ブナの木の向こうに棒立山。ブナの木は樹氷になっていて美しい。
棒立山を振り返る
 先行パーティに続いてタカマタギには7:35に到着。さらに先に見える日白山にまで足を延ばす計画だったが、どうみても往復3時間はかかりそうだったので、昼ごろには下山したかったので潔く諦める。
タカマタギから日白山を見る
 テントを撤収して9:40に下山開始。
テントサイト
 途中からは正面に足拍子が格好よく見える(でも例年より雪は少なそう)。
下山途中から足拍子
 もぐる雪に足を取られつつも、下りはあっと言う間で、11:00には駐車場所に戻ってくる。
 当初予定していた日白山までは辿り着けなかったけれども、ブナ林の美しい良いルートだと思いました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/167-6033e460
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード