源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2009年2月15日 セーメーバン

 昨日は初夏の陽気だったが、今日も比較的暖かい。朝5:11の電車で荻窪を出発し、猿橋には6:34に到着。バスが出る営業所までは500mほど歩かなければならないので、小走りにR20を始発バスを目指す。6:45発竹ノ向行きバスの乗客は旅人一人だけでした。奈良子入口で下車して7:00過ぎに歩き始める。右へ行けば、先日三上さんと話をしていた松姫峠だが、今日は左に。
奈良子入口
 本当は林沢戸入口で左に入るのだが、同じような雰囲気の林入口で曲がってしまい、少しタイムロス。でも何とか7:30前には宝鐘寺薬師堂に到着。お堂の裏から山道に入る。
宝鐘寺薬師堂
 宮路(地)山には9:00に登りつく。駅からのダッシュでちょっと疲れたが、ここまでは順調。ただし、気温の上昇で杉花粉が多く、一日中鼻水が止まらない。宮路山で最初のお握りを頬張って出発。大垈山手前で雁ヶ腹摺山から楢ノ木尾根が魅力的に見える。夏の日の長い頃に是非、周回してみたい。
大垈山手前から雁ヶ腹摺山
 10:00に到着した大垈山から、三つ峠の向こうに富士山が見えるが、早くも霞んでいる(この後セーメーバンを過ぎる頃にはもう富士山は見えませんでした)。
大垈山からの富士山
 大垈山から約30分でセーメーバンに到着。陰陽師の安倍清明に由来する名前だとかいうことだが、何の感動もない山頂でした。
セーメーバン頂上
 サクラ沢峠で2つ目のお握りを食べ、高ノ丸からトズラ峠を越えて笹平手前の送電塔のところで休憩。西に見える花咲山が鋭角で格好いい。三角点のある笹平から一投足で稚児落しに。すごい岩壁だ。
稚児落し
 しばしで天神山を越え、やっと最後のピーク岩殿山が姿を現す。兜岩・鎧岩の岩場を越えていよいよ岩殿山の登りにかかる。かなりバテてきたが、一頑張りで頂上に(13:15)。
岩殿山
 頂上で最後のお握りを消費してベンチでまったりとする。最後はコンクリートの階段を降りて丸山公園へ。白旗史朗の写真を見てもよかったが、何だかそんな気にはなれずに大月駅に向かい、14:00過ぎに駅に到着。7時間強の行動時間で久々に歩いた気分。来週は天気がよければ、田中さんと西上州の藪バリに出かける予定。本来ならこの時期はアイス・クライミングの最盛期なのに、今年の暖かさでは無理ですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/163-3a596f80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード