源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2009年1月1-2日 中ア・正沢川・悪沢

 2009年最初の山は、昨年暮れに雨で登れなかった正沢川・悪沢。年末の冷え込みで氷結はバッチリでしたが、途中で事件が発生。
 元旦の朝8:00に荻窪を出発し、塩尻ICからR19を木曾に向かい、雪の無いスキー場には11:30に到着。準備をして12:00にルート偵察に出かける。途中の別荘地には、今回もカモシカがいました。
別荘地のカモシカ
 林道の終点から杉林の中にトレースをつけ、正沢川本流に出会うところまで行く。本流も氷結しており、氷を使って上流に行けることを確認して引き返す。
氷った正沢川本流
 スキー場には14:00過ぎに戻り、テントを設営して14:30から田中さんと二人の新年会。19:00には就寝。
 2日は4:00に起きて5:40にヘッドランプを点けて出発。正沢川には7:00に到着。本流を遡り、水晶沢の次の悪沢に入渓。
水晶沢
 CS滝は氷の付きが今一だったので、右岸側から高巻く。やがて二俣に。
二俣
 二俣を左に入り、10m程の滑滝。(下の写真の旅人が立っている滝)を登り終え、次の滝に見とれていたときに事件発生。アイゼンが滑り、滑滝を5-6m滑落してしまった。背中から落ちてお尻を強打、一瞬息ができなかったが、すぐに上体を起こせたので骨折はしていない。荒く息を整え、この後はひたすらビビリ・モード
二俣上の滑滝
 二股上の滝は結構しょっぱかった(田中さんリード)。
二俣上の滝
 しばしゴルジュの中を行く。
大滝手前
 やがて、大滝が氷の殿堂となって現れる。
大滝
 左側の氷柱は避けて、右の滝を登る(田中さんリード)。上段を登る頃には脹脛が痛かった。
大滝上段
 この後もラッセルの途中にいくつか滝が続き、結構飽きさせない。最後はヨレヨレになりつつ13:30に福島Bコースの登山道に飛び出す。登山道に出たときには、思わず「出たぞー」と叫んでしまった。その後は順調に下り15:10にスキー場に戻ってくる。
 15:30にはスキー場を発ち、権兵衛トンネルから伊那に抜け、中央道を帰るも、大月から先が渋滞で八王子まで3時間以上の表示を見たため、途中勝沼で降りて青梅街道を延々と帰り、荻窪には20:40到着。お尻は痛いし、何よりも疲れた。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/150-7e705ed7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード