源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2008年10月11-13日 日光・男体山etc.

 土曜日の午後に出発して、日曜と月曜の1日半で日光の山を集中的に歩いてきました。
 土曜の午後3時過ぎに自宅を出て関越の本状児玉ICで降りて、伊勢崎から足尾に向かいR122を通って日光に。夜のいろは坂を登って戦場ヶ原から光徳牧場への道に入る。200mほどダートの道を走り、舗装された裏男体山林道を通って志津乗越には19:20に到着。途中のコンビニで買ったお弁当を食べて車内でシュラフに入るが、明け方は寒くて寝ていられなかった。夏用のシュラフにしたのが失敗だったのですが、翌朝出発前の水溜りの表面は氷っていました。
 初日の朝は5:45に出発して志津林道を女峰山の方向に歩く。右手には朝焼けの男体山が美しい。
朝焼けの男体山2
 林道を1時間ほど歩いて馬立分岐に到着し、一旦沢に下って女峰山を目指して本格的な登りにかかる。唐沢小屋の水場を越えた辺りで男体山が綺麗に見え、さらにその左手には遠く富士山が見えた(空気が澄んでいたせいか、今日は一日中富士山が望めました)。
遠く富士山が見える
 唐沢小屋を通過して、ガラ場を登って女峰山には9時に到着。できるだけゆっくり歩いたつもりだったのですが、この調子ではお昼過ぎには車に戻ってしまうかもしれない。頂上からはこれからたどる小真名子・大真名子・男体山がラクダのコブのように連なっている。尾瀬の熢ヶ岳から那須の山もよーく見えている。
女峰山から小真名子・大真名子・男体山
 まずは痩せた稜線を帝釈山に向かい、富士見峠・小真名子・鷹ノ巣と歩いて大真名子には12時前に到着。やっぱり駐車場所には13時前に戻ってしまう。本来の計画では初日はここまでで、志津小屋に泊まって月曜日に男体山を往復して帰るつもりだったのだが、さすがにこの時間から小屋に入ってもやることがないので、頑張って男体山を目指す(志津小屋は感じのいい避難小屋でした。駐車場所から5分ほどなので、泊りにだけきてもよさそうな場所。)。
志津小屋
 とは言え、既に7時間行動しており、男体山の登りはヘロヘロ状態。休み休みで何とか頂上には15時に到着。寒い。予定変更で翌日は北西に見える太郎山に登ることにする(これでこの辺りの山はほぼ網羅)。
男体山から太郎山
 得意の下りは1時間でこなし、太郎山の分岐点まで車で移動。誰もいない飯場の駐車場にテントを張る。標高にして150mしか違わないが乗越よりは寒さはましであろうと目論んだ。食事を済ませ、一杯飲んで6時過ぎには寝る体制に入ったが、一晩中鹿の鳴き声が不気味で、また明け方は再び寒くあまりよく眠れなかった。
 月曜は4:15に起きて、ラーメンとコーヒーの朝食を済ませ、テントの撤収をしていたら5:30に。結局日曜日と同じ5:45に出発し、太郎山に向かう。標高2000mくらいまでは緩やかな道なのだが、そこから残りの400m弱が急な登りで、寝不足の身にはこたえる。でも途中から男体山と中禅寺湖がくっきり見えて、報われる。
男体山と中禅寺湖
 太郎山の頂上100mほど下には、草原が出現。地形的にはかつての火口湖がお花畑になっているようだ。
太郎山頂上直下のお花畑
 慎重に急な道を下り、それでも駐車場所には9:20に戻る。前日の10.5時間と合わせて二日で14時間行動。標高差は初日が約2,000m、二日目は約700mとよく歩いた(疲れた)。
 R120を日光方向に向かうと、ちょうど紅葉の盛りで反対車線は竜頭の滝から中善寺温泉までずーと車がつながっている。時間も早いので伊勢崎からR17を走って、自宅には14時過ぎに到着。高速を使った往路とほとんど変わらなかった。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/133-5e639a53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード