源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2008年9月24日 国道1号線の旅

 時間がたっぷりあったので、実家から東京へ戻るのに国道1号線を延々と走ってみました。
 朝の7時前に実家を出発し、まずはR25(名阪国道)を亀山まで行き、そこから1号線に合流。東京までの距離は414km。
国道1号線の旅が始まる
 四日市の辺りはトラックで渋滞気味。信号待ちで止まったときに、変な名前の鉄工所を発見。「ギロチン工場」ってどういう意味だろう。
恐ろしい名前
 その後、R23に合流し、長島温泉の辺りを通過して順調に比較的スムーズに名古屋入り。再度1号線に合流する前にガソリンを補給。時間は9:30。ここから豊橋までの間は比較的交通量が多く、時間がかかる。豊橋市内には路面電車が走っていた。
豊橋の路面電車
 この頃から自衛隊のトラック、ジープと遭遇し、富士の辺りまでずっと一緒だった。浜名湖手前の道の駅潮見坂で2度目の休憩(11:40)。ここの道の駅には海の見える足湯があった。
道の駅潮見坂の足湯
 ここから先沼津までの間は、バイパスが整備されており、街中を通らないだけに快適に走行できる。3度目の休憩を道の駅富士でとり、遅めの昼食(14:00)とする。もちろん駿河湾名物桜えびのかき揚げ丼(750円でした)。
道の駅富士の桜えびかき揚丼
 お腹を満たした後、沼津からR246に入り、山間を辿ると、西丹沢に来るとき通る道となり、やがて東名大井松田ICが近づく。このままR246で行くと渋沢や厚木の辺りで渋滞するので、16:00に東名に乗り17:00前に東京ICで環八へ。弟の家に実家からの預かり物を届けて、渋滞の環八を自宅に戻った時刻は17:30。実に10時間半のドライブでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/129-12b6df80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード