源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2017年6月11日 奥多摩日原川除ヶ沢

 天気はまずまずの様子だったので、久々に奥多摩で沢登り。奥多摩駅のそばにある日原川除ヶ沢というマイナーな沢です。単独で行けるメジャーな沢はほぼ登ってしまったので、残るのはマイナーなところばかりになってきました。考え方としては、良渓に何回も行くという発想もありなんでしょうが、とりあえず初めての場所を中心に攻めています。
 5時に自宅を出て、6:40に氷川の駐車場に到着。装備を持って出発し、まずは青梅街道を横切り、踏切を越えて氷川小学校の上を進みます。神社のある愛宕山が尖っていますね。
氷川小学校
 鉱山施設の中を抜けて山道へ。日原へつながるトロッコを通り過ぎてから入渓です。
トロッコの先で
 序盤は薄暗い小滝をいくつか抜けていくのですが、クモの巣だらけで閉口。
序盤
 導水施設のあるF2は奥の狭まったところから抜けていく。
F2_20170611141214db4.jpg
 滝は小さいのに釜は結構深く、次のF3は右から釜を巻わり込み一旦水流を横切る。さあ上がろうと思ったところでスリップし、釜にドボン。上部もハンドホールドを探すのに時間が掛かり、少し緊張しました。
F3で落ちた
 真ん中に大岩のあるF4を過ぎてナメのF5に。木がなければ見栄えはいいのにな。と言いながら、登りではありがたく木を活用させていただきました。
木がなければ
 やがてまだ現役のようなワサビ田群に到達。一本ぐらい失敬しようかとも思ったが、自制してそのまま直進。
ワサビ田
 休憩してGPSで現在地を確認したらゴンザス尾根寄りの沢になっている。間違っていないはずなので、そのまま進むとトポにある右岸岩壁が現れホッ。
右岸岩壁
 その先の二俣は左に入って、落ち葉で時々滑るルンゼ状を詰めていく。
左に入る
 最後は左の支尾根ようなところを登って登山道に到着。沢は2.5hほどでした(さすがマイナー沢)。靴を履き替えて安寺沢経由で下り、10:30に車に戻ってきました。わずか4時間ほどの沢です。
 帰宅途中、往きの青梅街道で目に入った瑞穂町辺りの博多ラーメンを食べようかと思っていましたが、駐車場がいっぱいそうなので断念。ガソリンだけ入れて13:00前には戻ってきました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/1080-ada2ef75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード