源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2017年6月4日 笛吹川西沢行者谷

 2017年二本目の沢は西沢渓谷の行者谷。4時に自宅を出て、八王子から中央道で勝沼経由、西沢渓谷入口の駐車場に6:10に到着。サンドイッチで腹ごしらえをして、6:20に出発。見慣れた東沢の吊り橋を渡り、西沢に入る。(西沢の写真は別記事をご覧下さい。西沢渓谷
 駐車場から1.5h程で西沢渓谷最後の休憩所に到着。ここで靴を履き替えて軌道跡を進みます。
軌道を進む
 行者谷手前の二箇所ほど、軌道が崩れて丸太になっていて、ここの通過がものすごく怖かったです。(写真は通過後、振り返って撮影。)
超怖かった
 多分これが行者谷。沢に入ります。
行者谷に入る
 しばらくで倒木の覆いかぶさる滝を越え、次の滝へ。これは右から小さく巻きました。
右から巻き
 次は三段になった滝。下段を上がって、次は右からバンド状を登ろうかと思ったら、左に鎖がぶら下がっている。強引に鎖で上がって通過。
左に鎖
 快適に進んでいくと、しばらくで一旦水が消えて涸滝が登場。ここにも何故か鎖がぶら下がっており、ありがたく使わせていただく。(右からも巻けそうでした。)
一旦水枯れ
 水流が復活して、ちょっとしたナメが登場。
水復活でナメ
 ナメのどん詰まりにある滝は、左から登って途中でバンドを右に横断して越えます。
バンドを右に
 その上でケーンという声とともに鹿の集団が逃げて行きました。もう源流は近いです。
源流近し
 靴を履き替え、左を狙って尾根を登ると登山道に。沢自体は2時間でした。下山の登山道はアズマシャクナゲの群落地で、ピンクの花を楽しみながらの下山です。
シャクナゲの中を
 下りてきた休憩所のところには大勢の登山者/ハイカーが。帰りはトロッコ軌道後の遊歩道で。
展望所からの鶏冠山
 大久保谷をぐるっと回り込んで山の神へ。
山の神
 駐車場には11:40に戻り、着替えをして帰宅です。5時間20分の適度な沢登りでした。時間も早いので大月までR20を走って、14時前に帰宅。そのままオートバックスでオイル交換まですませました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/1079-dc42c837
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード