源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2016年9月25日 金峰山・金山沢イサゴ沢

 土曜の夕方から、田中さんと金峰山の沢に出かけてきました
 17時に荻窪を出発して、須玉のICを降り、途中のローソンでお弁当の買出し。いつも利用していたその先のファミマはなくなっていました。20時にみずがき湖ビジターセンターの駐車場に着いて、テント泊。
 日曜日は5時起き6時出発で、瑞牆山荘のところの広い駐車場に車を停めて、6:30に出発。一昨年に五里山に登った時の林道に入ります。最初の分岐で間違えて左に入ってしまい、滝を2つほど登ったところで、どうも様子が変だと気がついて、引き返す。どうやらショツボ沢という富士見平につめている沢だったようです。
ショツボ沢
 1時間のタイムロスで元に戻って林道を奥へ。途中足元には食べられそうなキノコ。田中さんによると、ハナイグチという種類らしい。
ハナイグチ
 堰堤を5-6個超えてようやく入渓。時間は9時です。最初のF1はロープなしで右から超える。
イサゴF1
 続いて難関のF2。田中さんリードで登るが、足元がつるつる。右隅のクラックにはハーケンが2本ほどあったが、田中さんはそれに気づかず、カムでランニングを取って登る。最後は倒木頼りです。
イサゴF2
 今回はシグマシューズだったが、時々滑って釜に腰まで浸かってしまいました。快適に滝を超えていくと、正面に尖った岩塔が見える。
石塔岩
 すぐに大日沢の出合。ここからは水流がグッと減る。
大日沢出合
 イルカ岩を過ぎ、ピラミッド岩へ。ここは右手から超える。
ピラミッド岩
 もう1つチョックストーン滝を超えると最後のナメ滝が100mほど続く。
最後のナメ
 振り返ると甲斐駒が見えます。手前の木の葉は少し色づき始めている。
甲斐駒が見えた
 水が無くなったところで左の森に入り、左へトラバース気味に木の間を進み、登山道へ(11:45)。大日岩のところで装備を外し、下山。途中の富士見平では富士山がかろうじて見えました。
富士見平から
 そのまま下って、駐車場には13:30に戻ってくる。ちょうど7時間の行程でした(間違えていなければ6時間)。帰りはいつも通り、談合坂から渋滞で、荻窪着は17:40になりました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/1018-864311ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード