源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2017年8月5-6日 奥秩父・古礼沢 2日目

 3:30に鳴った隣のテントの目覚ましがうるさくて、4時前に起床。合宿二日目は5時少し前に始動です。まずは分水嶺から雁峠へ。
雁峠から
 看板の裏から少し下ると廃道跡へ。下草の水滴で、直ぐに靴はグショグショになりました。最初はしっかりした林道でしたが、谷筋部分は崩壊し、そのうち踏み跡にと変わります。3つ目ぐらいの崩壊地を過ぎると、踏み跡も定かでなくなり、燕山からの尾根に上がったところで、GPSで現在地を確認。どうやら標高1800mのようだ。と、田中さんのGPSが電池切れに。しばらく尾根を辿って、シャクナゲの密集地帯に出くわしたところで協議の末、適当に古礼沢に下ることに決定。
廃道を辿る
 ある程度下ると沢筋になってきたので靴を履き替え、巻いたりクライムダウンしたりで下降。最後は滝となって古礼沢に合流していたが、何とか懸垂下降なしで沢に降り立つ。
枝沢を下降
 降り立ったのはちょうどF2の下の場所で、想定した位置とそれほど大差がなく一安心。でも、ここまでに3時間近くかかりました。F2は左の枝沢のような滝を使って左から回り込む。
F2下に
 その上に釜のある滝で、旅人は興に乗って左から釜を回り込んで登る。
F2の上
 そこから先はナメ滝のオンパレード。
ナメが始まる
 途中にある5段のF4は、アクセントと呼ぶには厳しそうで、3段登ったところで右から小さく巻きました。
F4は途中から巻く
 その後も延々とナメが続きます。
まだナメは続く
 燕山へ詰める枝沢を分けて、次の二俣を左に入ります(こちらの方が帰路が短くて済むから)。
ここで左へ
 水はほぼ稜線近くまで途絶えず、苔むした緑の滝を登っていきます。最後は鹿道を拾いながら、11時前に主稜線上の2044m点近くに抜け出ました。
苔の滝
 靴を履き替え、燕山に寄り道してテントに戻ります。途中からは昨日見えなかった笠取山が見えています。
途中からの笠取山
 廃屋と化した雁峠小屋を過ぎて、テントには12時前に帰還。
雁峠小屋
 片付けを終える頃雨がぱらつき始めましたが、ほとんど降られずに1時間で作場平に戻ってきました。合宿第三弾は、コース取りを誤ったかと、途中でアプローチ敗退も覚悟しましたが、結果は充実の二日間となりました。
スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード