源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2017年2月26日 カモシカのアウトレット

 先週霧積から帰ってきた翌朝に腰が痛くなり、今週は山には出かけず、昨日から始まっているカモシカのアウトレット祭を、久々に覗いてきました。運動不足なので、杉並の自宅から高田馬場まで自転車です。会場入口横の赤い自転車が昨夏導入したVolkswagen。
アウトレット
 ジャケット類は沢山おいてあるけど、先日ベアーズトレックで買ったばかりなので、シュラフを入れるコンプレッションバッグを購入。定価の4割引きで2,527円(税込)。
コンプレッションバッグ
 帰り道の途中、東高円寺辺りでランチ。サグ・チキンです。
サグチキン
辛口を頼みましたが、あまり辛くなかったです。
スポンサーサイト

2017年2月19日 性懲りもなく霧積

 金曜日の暖かさは異常でした。最初は両神の出合いの氷壁に行こうかと計画しましたが、溶けていたらどうしようもないので、安全そうな霧積に。こちらはしっかりと氷っていました。
 5時に平井さんをPUして7時前に現地入り。途中の隠れ橋の氷も登れそうです。ザイルを背負って現場に行くと、既に二人組が左にロープをかけていました。我々もいつも通り真ん中から平井さんが登って、右の氷柱と2本のロープをセット。
2017年2月の霧積
 スクリューの回収をして、途中から真ん中の凹状をかじって1回目は終了。2本目は右の氷柱。どうせダメだろうと思いながら取り付いたら、意外と登れてしまいました。トップアウトし、ロープを真ん中に移動して下降。3本目は中央右寄りを登り、最後に左から登ってロープを回収。
 二人だと次々と登るので疲れます。11時には終了して、隠れ橋の氷を登る気力もなく帰途に。途中のSaveOn(いずれローソンになるのでしょう)でコーヒーを買って、武蔵小金井には14時前に戻ってきました。今週も半ばからは暖かくなるようなので、今シーズンのアイスも終わりかもしれません。毎年登れる期間が短くなっていきます。来週、再来週と所用があるのですが、それが終わったら雪稜系に出かけましょう。

2017年2月12日 中央線沿線:御前山三連発

 週末前に雪が降っていたので、遠出をしてもアプローチが大変そう。こういう時のためにとってあった上野原から梁川辺りの低山に出かけてきました。斧窪、綱之上、四方津の御前山を一気に三連発です。
 荻窪5:11発、豊田で乗り換えて梁川駅に6:30過ぎに到着。ちょうど扇山に朝日が当たってきている。
梁川駅を出発
 線路下をくぐり、線路沿いに歩いて登山口へ。ちょうど中央線のトンネルの上辺りです。鳥居を過ぎてしばしで最初の御前山(斧窪御前山)に到着。駅から40分ほどでした。
斧窪御前山
 お腹がすいたので、作ってきたベーグル・サンドをかじってから、次に進みます。中央道の中野トンネルの上を通って40号鉄塔へ。今回はここがほぼ唯一の富士山のビューポイント。
40号鉄塔
 続いて39号鉄塔に回り込むが、太田峠の手前が笹で覆われてやや分り難く、しばし行ったり来たり。
太田峠
 分岐のところは右からの巻道を進んで、二番目の御前山(綱之上御前山)へ。途中は岩場に雪が乗っていてちょっと緊張しました。
綱之上御前山
 ここまで約3時間。東には次の御前山がコモアしおつの先に見えています。
次が最後
 ここからは一旦分岐まで戻るので、念のためGPSを出したら電源が入りません。蓋を開けたら電池から液が漏れていて故障しているようです。まだ買って2年しか経ってないのに。祠のある南米沢峠を経由して御春山から大野貯水池へ。
大野貯水池
 コモアしおつの町並みを抜けて、LPG営業所脇の登山口から最後の御前山(四方津御前山)へ。ちょうど12時前です。
四方津御前山
 アンテナ塔の脇から急な下りをこなすと、岩場が連続。想像もしていなかったので楽しいですね。
結構な岩場
 最後は発電用の貯水池からR20に下り、上野原まで約40分の行程。13:32発の電車で帰宅しました(この電車は、高尾で中央特快に接続しており、三鷹乗り換えで西荻には14:30前に到着)。

1981年4月-82年3月の記録

 片付けをしていたら大学時代の手帳が出てきました。1981年の3回生の時、最も登っていた時の記録です。
<1981年>
4月12日 鷹取山
4月18-19日 三ツ峠
4月26日 つづら岩
5月2-3日 唐松岳~五竜岳
5月10日 鷹取山
5月22-24日 北岳バットレス:ピラミッドフェイス~Ⅳ尾根主稜
5月31日 丹沢:戸沢左俣&前大沢
6月14日 鷹取山
6月21日 鷹取山
6月27-28日 谷川岳(ルート不明)
7月5日 伊豆・城山
7月12日 庚申川
7月19-28日 剣岳
 19日 入山
 20日 丸山東壁 中央壁緑ルート
 21日 休養日
 22日 移動日
 23日 源次郎Ⅰ峰下部 中谷ルート
 24日 源次郎Ⅰ峰上部 成城大ルート
 25日 三ノ窓雪渓から三ノ窓へ
 26日 剣尾根中央壁 左ルート
 27日 池ノ谷山から阿曽原温泉
 28日 欅平へ下山
8月14-21日 穂高岳
 14日 入山
 15日 滝谷第二尾根P2フランケ早大ルート
 16日 滝谷クラック尾根
 20日 前穂北壁~東壁Aフェース
8月30日 鷹取山
9月6日 仙ノ倉谷西ゼン
9月7日 一ノ倉沢烏帽子奥壁凹状岸壁ルート
9月13日 鷹取山
9月23日 一ノ倉沢滝谷下部ダイレクトルート~右岩稜~Bルンゼ
10月3-7日 南ア・千枚岳~荒川岳~赤石岳
10月17日 一ノ倉沢滝沢下部ダイレクト~第三スラブ~ドーム壁
11月1日 三ツ峠
11月8日 谷川岳
11月21-23日 甲斐駒ケ岳黄蓮谷左俣
12月5-6日 阿弥陀岳広河原沢3ルンゼ(おまけで赤岳)
12月29-31日 仙丈ヶ岳・岳沢
<1982>
2月28日 三ツ峠・四十八滝沢
3月22日 六甲・ロックガーデン~荒地山
3月28日 勘七ノ沢
最後の勘七は全く記憶にないのですが、それはさておき、一体年間何日山に行っていたのでしょう。

2017年2月10日 「この日のために」

 安倍首相の訪米を前にして、トランプ大統領が日本の新幹線を賞賛する発言をしたようですが、ちょうど新幹線が登場した時代の小説です。国民所得倍増計画、東京オリンピックへとまさに高度成長の時期で、国民のエネルギーが漲る様子が現在とは隔世の感があります。どうすればこうしたエネルギーが再燃して長期停滞から脱却できるんでしょうね。

2017年2月6日 磯自慢大吟醸

 田中さんからいただきました。45%まで磨いた大吟醸です。
磯自慢大吟醸

2017年2月4日 倉渕・袈裟丸沢

 今日は昨年の同じ時期に偵察に行った倉渕町の袈裟丸沢に田中さんと出かけてきました。
 5時に田中さんをPUして関越道に入るが、嵐山を過ぎた辺りで結構な渋滞。車4台の事故のようです。それでも藤岡経由で現地には7:20頃に到着しました。去年と違って旧道に雪がなかったので、沢の近くまで車でアプローチができて楽チンです。
 まずは二俣まで進んで溶岩滝。去年よりもはるかに凍結していますが、それでも登るのは厳しいですね。
溶岩滝
 やはり標高が1000mを超えていないからしょうがないか。これでも去年(http://wanishita.blog122.fc2.com/blog-entry-948.htmlクリックしてください)よりは随分凍っています。
 そのまま右の袈裟丸滝(名前があるのどうか知りませんが)へ。こちらは去年の方が凍っているように見えますが、よく分かりません。とりあえずアイゼンを着けて下の方を少しだけ登ってみました。
袈裟丸滝で
 どちらの滝も登れそうにないので、引き返して途中の染み出しへ。ここは去年よりも良さそうなので、トップロープを掛けて登りましょう。
途中の染み出し
 今シーズン初なので、足がきまっているのかどうか不安です。 
右側登ってます
 旅人は右を2回、左1回で終了。本当はもう少し練習したほうがいいんですけど、今日はこのくらいで十分。道路に雪がなければアプローチも近いし、いいトレーニング場所です(染みだしの右には、短いながら氷柱もあります)。
 帰り道に、旧道のさらに旧道にある滝を偵察。ひめこばしと記されていましたが、氷はやや薄そうです。11:20に車に戻って、いつものように道の駅へ。本日は下仁田ネギが無かったので、焼きまんじゅうを買ってお昼替わりにしました。

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード