源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2016年6月26日 世附川流域大棚沢バラシマ沢

 今週末も奇跡的に晴れました。西丹沢の世附川流域にある大棚沢バラシマ沢に出かけてきました。
 サッカーのせいでワープロのスタートが20分遅れ、その分出発は4:15分になってしまいました。レインメーカーの連発でオカダが内藤からIWPGのベルトを取り返したのは、筋書き通りですね。
 道志から山伏峠を越えて吉政に6:30に到着。しばらく駐車地を探して結局ここに停めました。赤富士が美しい。
出発時点
 切通峠を越えて林道に入り、休みなしにそのまま大棚見物に。ここまで1.5hです。大棚は水量豊富で水しぶきが舞っています。
大棚の滝
 林道を40分ほど戻って切通沢橋から入渓。
切通沢橋
 バラシマ沢は結構釜が発達しています。
結構釜が発達
 堰堤下のこの釜は、右からへつって、さらに左から堰堤を巻きました。
右からへつる
 そこからしばしで(おそらく)大滝。二条に流れる水の真ん中を登ります。
大滝は真ん中を登る
 林道の橋の下をくぐると二俣。GPSで方向を確認して、ここは左に入りました。すぐの流木がかかるこの滝は、左のコーナーから抜けました。
左のコーナーから
 いい感じの小滝を越え、右から支流の滝が入ってくると、巡視路の橋。ここの二俣を右に進みます。
ここを右に進む
 最後の滝が見えたので右に進んだが、これが間違いだったのかな。滝そのものは中央を突破。
最後の滝も中央から
 最後の最後で、大岩が積み重なった壁になり、ここで左の尾根に逃げる。
つめは無理
 鹿道を追って何とか稜線へ。右の高みに登ったら富士岬平でした。シニアのパーティが賑やかな脇で靴を履き替え。何故かおばさんが飴玉を2つくれました。
富士岬平
 高指山まで登り返して下山。車に戻ってきたのは11:30だったので、本日の山行は約5時間でした。
スポンサーサイト

2016年6月25日 ハンマーホルスター

 スワミベルトには、かっちりしたハンマーホルスターを付けて使っています。ハンマーを入れることは滅多になく、普段はヌンチャクをかけたりしていますが、カシメが壊れていたのでフレンドで修理してもらいました。直してもらった上に、使うんだったらと言ってもう一つおまけにいただいてしまいました。
ハンマーホルスター
 明日は暑そうなので、西丹沢かどこかの沢ですね。

2016年6月19日 袈裟丸山・小中川ヒライデ沢

 梅雨の晴れ間に今日も沢登り。ちょっと遠出で袈裟丸山まで出かけて、ヒライデ沢を登ってきました。
 4時に自宅を出て、下道で3時間で折場登山口に。駐車場で沢靴に履き替えて、折場橋まで下ります。堰堤を4つ越えて入渓。いきなり滝が3つほど続き、いい感じ。
入渓直後
 次の滝は釜が深くて取り付けないので、左から高巻きました。
左から巻きます
 次の滝の二段目にはトラロープがぶら下がっていました。
二段目トラロープ
その後はこれまたいい感じのナメが続きます。
ナメ
 1300mの二俣を左に進み、しばらくのところで休憩。3m滝を右から超えて、この辺りから右に上がる枝沢の目星をつけながら進みます。大分と水が減ってきました。
そろそろ終わり
 GPSで現在位置を確認して枝沢に入ると、ピッタリ避難小屋のところに到達(ここまで2h)。靴を履き変えていたら、駐車場を先に出たお兄さんがやってきました。
ピッタリ避難小屋
 まだ9:30にもなっていないので、前袈裟に向かい、30分ほどで頂上に。残念ながらガスがかかって、眺めはありません。
前袈裟丸山
 休憩もそこそこに下山。ヤシオは終わったが、シャクナゲがそろそろ花を咲かせている。
シャクナゲ
 途中で一度休憩を入れて、登山口には12時前に戻ってきました。ちょうど5時間の山行でした。

2016年6月18日 カメラケース

 昨晩は昔の同僚と痛飲し、今朝は二日酔いでした。晴天の下、荻窪まで歩いてフレンドでカメラケースを購入。今回もdeuterです。新しい方にカメラを入れて、古い方にはGPSを入れようと思っています。
カメラケース

2016年6月17日 本日は、お日柄もよく

 職場の同僚が貸してくれました。帯に書いてあるように、結構泣ける本です。また、言葉の持つ力を再認識しました。
お日柄も

2016年6月12日真木川大ゴ沢

 張替えを終えた沢シューズの確認にWW系の大ゴ沢に出かけてきました。
 R20から真木温泉の道に入り、大峠方面に進み、林道桑西線のゲート前に6:30に到着。しばらく林道を歩いてここから入渓する。
ここから入渓
 しばらくは堰堤が続き、最後の堰堤を降りたところで靴を履き替え。さて、しっかり交換できているかどうか、試してみましょう。
さてどうか
 序盤はこのような感じの流れが続きます。
こんな感じの沢
 しばらくで大ゴ沢のハイライト、20mナメ滝が登場。右から巻いて上がり、ホリヌキドウミへつながる支流のところで休憩。
20mナメ
 多分これが60mのナメだと思いますが、60mもあるのかな。
60mナメ
 そこからしばしで難しそうな滝が見えてきた。でもここは右に入ります。
ここで右へ
 最後は米背負峠に突き上げます。まだ時間は8:50、わずか1.5hでした。
米背負峠へ
 峠で靴を履き替えて、100mほど登山道を登り、1626mピークから東に尾根を下ります。
1626mピークから下る
 所々に赤テープがあり、一箇所伐採地の辺りが分かりづらいが、難なく下山。途中の沢で靴を洗ってもまだ10時過ぎ。わずか3.5hの沢でした。
 帰宅途中の真木で富士山が見えたので、車を停めて写真撮影。
富士山が見える
 のんびりとR20を走って13時過ぎには帰宅です。張り替えた靴を試す目的だからいいものの、今一つ面白くない沢でした。

2016年6月5日 渓流シューズのソール張替え完了

 奥多摩に沢登りに行くつもりでしたが、朝起きたら雨だったので中止。渓流シューズのソール張替えを完成させることにしました。
 10日ほど前になんとかフェルトを剥がし終えたのがこの状態。でこぼこで心配。
なんとか剥がれました
 3日前にフェルトを接着。
底貼り付け
 乾いたところで余分なフェルトをカットして完成です。
完成
 うまく接着しているのかどうか不安です。とりあえずWW系の沢で試してみます。

2016年6月4日 越乃雪椿

 ICIからの帰りに西友で買ってきました。ワイングラスで飲む日本酒らしいです。最近の旅人は他の日本酒もワイングラスで飲んでますけど。新潟県の加茂市ってどの辺りかな。
雪椿

2016年6月4日 Mammutのパンツを買い替え

 今履いているMammutのパンツがいよいよくたびれてきたので、吉祥寺まで出かけてICIで買い替えました。ちょうど昨日から夏の岳人祭りで10%引きでした(定価は15,000円)。フェアと言うことで、おまけでマンモスのキーホルダーがついてきました。
Mammutパンツ

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード