源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2016年3月27日 小仏城山から高尾山

 午後から所用があるので、早朝に高尾山に出かけてきました。
 いつもの日影沢橋を6:20に出発し、今日はいつもとは反対回りで城山北東尾根から登ります。夏場は青々と葉が茂るブナ林もこの時期は冬枯れですっきりしています。
ブナ林も冬枯れ
 1時間で城山に到着。富士山が見えるかと南の広場に行ったものの、やはり雲の中。
小仏城山
 そのまま一丁平へ進んで休憩。かろうじて大山から三峰の山並みが見えています。
大山方面
 8:05に高尾山に到着し、そのまま4号路方面から北尾根に入る。
今日の高尾山
 下りにこのコースを使うのは久しぶりで、460mの分岐で方向を間違え、一つ左の尾根を下ってしまいました。
スポンサーサイト

2016年3月20日 鉢盛山

 北アルプス南部、乗鞍の東に位置する鉢盛山に登ってきました。雪のある時期限定の、野麦峠スキー場からの往復です。一泊するつもりでテントを担いで行きましたが、結局日帰りになりました。
 現地には9時過ぎに着けばいいかなとの判断で、上野原までR20を走り、中央道を塩尻まで。奈川渡ダムから野麦街道に入って、スキー場の第3駐車場には8:40に到着。リフトに乗って一番上まで上がる。スノーシューを履いて9:30に出発です。スキー場も雪が少ない。
 エキスパートコースを少し下って、右の尾根に入っていく。スノーシューのトレースが付いていて、迷いようがない。途中の小ピークで休憩。ようやく鉢盛山が姿を現した。山頂の反射板も小さく見えている。
鉢盛山が見えた
 先に進むと左手に御嶽山が見えてきたが、雲がまとわりついている。テン場はここにしようかな。
御嶽山には雲
 小鉢盛山を過ぎて下りの途中で2回目の休憩。一旦鞍部まで下って、そこから最後の登りにかかるが、一泊分の荷物が重く、喘ぎながらの登行。
荷物が重い
 途中で下山してくる単独の方とすれ違う。そしてようやく頂上に飛び出す。三角点は雪の下で、眺めも良くないので、反射板の方に進む。4人の先行者が休憩中でした。そのうちの一人は、駐車場で隣に車を停めた新潟の女性。
鉢盛山頂上の反射板
 東の方面は雲の下だが、乗鞍は綺麗に雪をまとった姿を見せている。
乗鞍岳方向
 手前に雲が湧いているのが残念だが、穂高から槍の姿を拝むことができました。
穂高は半分雲
 しばらく粘ったものの、雲は取れそうもないので、13時に下山開始。小鉢盛山への登り返しがきつい。時間もまだ早いので先に進む。Quickyをザックに付けたご夫婦が少し前を歩いている。
下山中
 御嶽山の見える場所も通りすぎ、今日中に下山することに決定。スキー場に戻る少し手前で太ももが痙ってしまった。ヤバイ、リフトは16時過ぎで止まってしまうのに、それに間に合うかな。
 上のリフトは乗れないので、ゲレンデの端を歩いて何とかリフト乗り場に戻ってきた。時刻は15:55。
戻てきた
 結局約6時間半のピストンでした。こんなことなら、軽い装備でサクッと登れば良かった。
 16:30に現地を出て、途中大月から小仏の渋滞に巻き込まれ、自宅には21:30に戻ってきました。

2016年3月12日 西丹沢・大杉山

 今日は西丹沢のマイナーなルートを歩いてきました。戸沢ノ頭から大杉山に登り、馬草山を経て中川温泉に下るコースです。
 5時に自宅を出発して、7:15に中川橋の駐車場に到着。靴を履き替えて、目の前の階段から杉の植林地を登って行きます。しばらくすると三椏の群生地。
三椏の脇を通って
 さらに上がると次第に雪が出てくる。昨日の雨は、標高の高いところは雪だったみたいだ。
三椏も雪を被って
 1時間半ほどで戸沢ノ頭に到着。手製標識では遠見山と書いてあります。
遠見山
 杉林を北東に進んで大杉山へ。こちらはなんの標識もないので、少し先まで進んでしまいました。
大杉山の先
 GPSで位置を確認し、頂上まで戻って、西の尾根に入る。急な尾根を下り、馬草山に寄り道。こちらも標識も何もありません。適当に下ったら途中で踏み跡を見失い、少し登り返して軌道修正。最後は魚山亭のところに出ました。
 中川温泉は武田信玄の隠し湯の一つで、信玄館があります。
中川温泉
 車道を20分ほど歩いて、11:20に車に戻ってきました。ちょうど4時間で、少し短かったかな。

2016年3月5日 三ノ塔~ヨモギ平~大山北尾根

 今日は久々の丹沢でプチバリを楽しんできました。三ノ塔からヨモギ平に下って、大山北尾根に上がる周回コースです。
 朝の4:40に自宅を出て、R246からヤビツ峠に6:30に到着。長らく山登りをしているが、ヤビツ峠は今回が初めて。
ヤビツ峠駐車場
 まずは舗装路を20分ほど歩いて富士見山荘跡から表尾根に入ります。ずっと雲の中だったが、二ノ塔に着く頃には少し青空が出てきました。
青空がのぞく
 休みなしにそのまま三ノ塔へ。ここまで1時間20分。大倉尾根の左にかろうじて富士山の姿が見えますが、写真だと分かりにくいですね。
富士山見えるかな
 サンドイッチを食べて、先に進むとお地蔵さん。ヨモギ平へはここから北東に進む。表尾根もそのうち歩かないとな。
お地蔵さんから
 ガスで方向が見えないので、GPSで方向を確認しつつ、しばらくはレールに沿って下る。
レールに沿って
 感じのいいブナ林を進み、鹿柵を抜けるとヨモギ平。天気が良ければ素敵なところなのにな。
ヨモギ平
 ここで右に折れてBOSCOキャンプ場に下るが、最後の150mほどが植林の林道が交錯していて歩きにくいです。人気のないキャンプ場を通り抜けて、県道70号を地獄沢橋まで歩く。
BOSCO.jpg
 尾根に取り付くところには三椏が群生している。まだ花はこれからだけど、唯一日当たりの良いところのものが、開きかけていました。
三椏がそろそろ
 これまたいい感じの尾根を上がって行きます。久々の歩きで、しかも休憩をあまり取っていないので、そろそろ疲れてきました。
いい感じだな
 左にはややとんがったピークが見えていますが、多分先日登った鍋嵐でしょう。
あれは鍋嵐
 送電塔を過ぎてミズヒノ頭へ。
ミズヒノ頭です
 北尾根を登るにつれてガスがかかり始め、大山の頂上は完全に雲の中。最後に鹿柵を乗り越えて山頂へ。
これを超えたら頂上
 さすがに人気の山で人だらけです。結構寒いので、お握りを頬張ったら、そのまま下山でヤビツ峠に戻ります。駐車場には12:40に戻ってきたので、ちょうど6時間の山行でした。
 帰りは県道を宮ケ瀬湖まで抜け、津久井で日本酒を買って帰りました。

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード