源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2015年12月31日 下仁田しれいた山

 2015年の最後の山行は田中さんと下仁田方面に出かけてきました。鹿岳の手前にある落沢岳からしれいた山という超物好きな山です。今シーズンはアイスが全滅状況で、こんな藪岩ばかり登っていたら、源流旅人ではなく藪吉に名前を変えることになりそうです。
 6時前に田中さんをPUして下仁田へ。林道入り口のところに車を停めて8時前に出発です。墓地のある二俣を右に入り、倒木が増えてきたところで右の斜面に上がって、杉の植林地から分水尾根へ。尾根に上がったら、地図には出ていない林道がありました。
 さて、ここからグズグズの尾根を上がって、しれいた山につながる稜線へ。落沢岳へ向かう稜線はこんな感じの岩稜です。
稜線を行く
 4つ目のピークが落沢岳の頂上。1.5hほどで到着しました。
落沢岳頂上
 頂上からの眺めは、若干木がうるさいものの360度に広がっている。浅間山の雪は少ないですね。
落沢岳から浅間山
 その右手の妙義山はいつ見ても特異な様相。
やっぱり妙義は
 下りのP4は右から巻いてしれいた山へ進みます。右後方には鹿岳と四ッ又山。
鹿岳と四ッ又山
 そして前にはこれから向かうしれいた山ですね。
しれいた山へ
 この先でザレた急斜面になり、懸垂下降。
懸垂の準備中
 二回の懸垂で下りた後見上げたルートですが、岩壁ですね。
ここを降りた
 しれいた山はツインのピークで、西峰の南側は山名の由来である「白板」の岩壁。そのずっと先には稲含山が尖がっている。
岩壁の向こうに稲含山
 両側はスッパリ切れ落ちた岩壁で、結構緊張します。
頂上目前
 しれいたの頂上には10:30に到着。ここから東へ次のピークまで進んで、北に下りる。最後はほぼどんぴしゃで二俣に。約3.5時間の山行(藪岩魂注入)でした。
スポンサーサイト

2015年12月20日 裏同心ルンゼ

 今シーズンのアイス始めで、裏同心ルンゼに行ってきました。天気は最高でしたが、その分大混み。
 23時に小淵沢の道の駅に到着し、軽くやってから24時に就寝。あまり寒くありません。日曜日は6時に出発。美濃戸口の駐車場も一杯。林道を美濃戸まで上がるが、こちらも一杯で、下のやまびこ荘の駐車場に入る。7時に歩き始めます。
 快調に1.5h程で赤岳鉱泉へ。途中で見上げる大同心はお久しぶり。
久々の大同心
 鉱泉のアイスキャンディも暖冬のせいで発達不足。
アイスキャンディ
 ここでアイゼン以外の装備をつけて、いざ裏同心へ。いきなり3Pが前にいます。
裏同心F1
 その上のF2も大渋滞中。一人苦労している女性がいて、大分待たされました。一番上の氷は水が流れていました。
裏同心F2
 当然のごとくF3も全面にクライマー。
裏同心F3
 前回来た時はナメのF4は雪に埋まっていましたが、今回は氷が出ています。ここで1組追い抜いてF5へ。
F4とF5
 F5上のおまけのルンゼも氷が出ていました。11:30に終了。休憩の後、大同心の基部をたどって大同心稜から下山。
大同心基部
 下る途中で見た快晴の赤岳と阿弥陀岳です。
いい天気だな
 鉱泉で片付けをして、14時に車に戻ってきました。帰りの中央道の渋滞もなく、16:40には荻窪に到着です。それにしても雪は少なく、今シーズンはアイスはだめですね。

2015年12月13日 サスの峰から南小太郎山

 直前になって南岸の低気圧が発生したようで、天気が悪そうなのでアイスは中止にして、西上州の薮山バリエーションに出かけてきました。神流町のサスの峰から栗原山、南小太郎山です。
 朝5時に田中さんをPUして、関越を所沢から本庄児玉まで。神流町の中山神社のところから林道に上がる(最初はスーパーに気がつかずに通り過ぎてしまいました)。大福峠を越えてしばらくの工事作業用のスペースに車を止める。
 小雨がぱらつく中、来た道を少し戻って登り口の脇道に入る。
IMGP8820.jpg
 林道を登りきったあたりに手製の標識があり、そこから尾根に取り付く。1時間ほどでサスの峰に到着。
IMGP8823.jpg
 ここから栗原山までが本日のメイン。藪の中の踏み跡を辿って、尾根の岩稜を進む。
栗原山へ向かう
 尾根はギザギザの鋸歯状で登っては下るの繰り返し。下りはほとんど垂直で、怖いです。
IMGP8827.jpg
 岩の間を縫って進んで行くが、青いビニールテープがあったからよかったものの、無かったらもっと時間がかかっただろう。
IMGP8829.jpg
 天気はよくないが、振り返るとサスの峰。
IMGP8830.jpg
 向かう先には栗原山。
IMGP8831.jpg
 サスの峰から途中一回の休憩を入れて、10:10に栗原山に到着。ここからは岩場も無くなって、普通に歩けます。一下りで持倉越。
持倉越
 東の尾根に合流したところにオレンジのベストを着たハンターのおじさんが銃を構えている。気をつけてと言われ、それはそちらのほうでしょと心の中で呟いて南小太郎山へ。雲の中で何も見えません。
南小太郎山
 ハンターのおじさんのいた少し先で最後の休憩。途中の尾根の分岐で少し迷いながら、GPSで確認して下っていくと、切通しに出た。林道っぽいところを少し西に戻って、最後は適当に下って舗装林道へ。
最後の下り
 足元はぐしょぐしょなものの、雨具も使わず危険な薮尾根歩きが終わりました。

2015年12月6日 喜正純米酒

 五日市の駅で電車を待つ間に売店で日本酒を買いました。秋川にある野崎酒造の喜正の純米酒です。冷で飲もうと思ったのですが、ラベルをよく読むと常温又はぬる燗がおすすめと書いてありました。
喜正純米

2015年12月6日 鳩ノ巣から五日市-鍋割山北尾根

 来週の八ヶ岳に備えて、今日は距離を歩くことにしました。奥多摩の鍋割山北尾根で、鳩の巣から五日市まで歩いてきました。
 荻窪5:30の中央線で、鳩の巣には7:10頃に到着。橋を渡って取り付きに進みます。鳩の巣渓谷も紅葉が残っていますね。
鳩の巣渓谷
 橋から50mほどのところから山道に入る。鳩の巣城山を越えて、大楢峠へ。峠にあった小楢の大木は、情報にあった通り倒れていました。この峠のシンボルだったので、残念です。
情報通り
 御岳に向かう道に入ったところで適当に尾根に上がる。最初のうちは不鮮明だったが、次第に道がはっきりしてきてほとんど登山道。右手には大岳山。この角度で見るのは新鮮です。
この角度の大岳山は初めて
 鍋割山が近づくと、今度は左手に御岳山の建物が見えてくる。
御岳山が見える
 直に鍋割山に到着。鳩の巣から2時間20分でした。後ろは御前山。
鍋割山頂上
 お握りを食べて休憩していると、トレールランナーが二人ほど通り過ぎていった。ここからは奥の院を過ぎて、途中から御岳山へ直登。本殿は修理中でした。
御岳の山頂
 宿坊群を過ぎるとしばらく平坦な道が続く。最後の坂を登って日の出山へ。こちらも人が多いです。つづら岩の向こうに富士山が頭だけ出しています。
日の出山は人が多い
 やや雲があるが、都内も見渡せて、スカイツリーが見えています。筑波山や、(多分)雪を被った谷川も。まだ時間は早いけど、コンロでぜんざいを作って食べました。近づきすぎて、カメラが曇ってます。
ぜんざいです
 11:30に出発して、金比羅尾根に進む。黄葉もこれが最後ですね。
黄葉も最後
 時間もあるので麻生山に登る。
麻生山
 タルクボの頭にも寄り道し、金比羅神社を過ぎる頃には少し右膝に痛みが出てきたが、何とか14時に五日市の駅に到着しました。。

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード