源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2015年8月31日 Jurassic World

 午後から吉祥寺に出かけて、久々に映画を見てきました。Jurassic Worldです。ドキドキハラハラの観点ではよくできていますが、それだけですね。

スポンサーサイト

2015年8月31日 ウォーターウォーキング2

 昨日図書館で借りてきた「ウォーターウォーキング2」から、面白そうな沢のページをコピーしました。出かけようかと思っていた世附川土沢三ノ沢などが出ていてちょうどよかったです。でも、木曜日辺りまで雨模様なのでどうしようもないですね。

2015年8月30日 ヘッドタオル

 今日も雨。西荻に出かけて、途中のワークマンで何か使えるものはないかと見ていたら、こんなものがありました。ヘッドタオル。要はタオルなんですが、頭に巻きやすくなっていて、ヘルメットの下にも着けられそうだったので買いました。値段は399円。ワークマンには色々と使えそうなものがありますよ。
ヘッドタオル

2015年8月29日 新宿でインド・カレー

 奈良のお土産を渡すために、新宿で田中さんとインド・カレーでランチ。旅人は995円のBランチで、ほうれんそう、チキン、エビの3種を選択。さんざんナンを追加し、カレーも1つお代わりできるのでキーマをオーダー。
Bランチ
 食後に高田馬場カモシカのアウトレットを物色していたら、奇遇な出会い。いつも田中さんから話だけ聞いていた韮崎の畑さんがいらっしゃいました。近くのドトールでコーヒーを飲みながらしばし歓談です。

今回は少し変えてみた

 大台ケ原の帰り道、三輪で山本に寄り道してお土産を購入。いつもは固い麦縄菓子を買うのですが、今回は少し趣向を変えて、蕎麦かきもちにしてみた。香ばしくて素朴な感じのお菓子です。
蕎麦かきもち
 そして自宅療養中の田中さんにあげるために、そうめんふしも購入。素麺は上下の杭に差し渡して乾燥させ、真ん中の部分が商品になっていますが、これは杭に巻かれた部分に当たり、コシがあって味噌汁の具などに使える通のための食材です。
そうめんふし

2015年8月27日 大台ケ原

 実家に帰って3日目。秋雨前線が早くも到来するようで、どうやら来週の天候が思わしくない様子。もう1日帰京するのを送らせて、急遽地元の百名山の大台ケ原に出かけてきました。
 朝7時に家を出て、桜井から山越えで上市へ。R169から大台ドライブウェイに入る。約2時間で終点の駐車場に到着した。これなら普段下道で丹沢や奥多摩に行くのとそれほど変わらない。
 靴を履き替えて9時過ぎに歩き始める。まずは日出ヶ岳に静かな森を進む。
苔むす沢
 30分ほどで日出ヶ岳頂上に到着。看板によると、晴れていれば尾鷲の向こうに熊野灘が見えるらしいが、まだ雲が多くて残念ながら展望がない。
日出ヶ岳三角点
 そのまま正木ヶ原に進む。初夏の時期なら、シロヤシオが綺麗なんだろうと思われる。現在のこの立ち枯れの状況は、伊勢湾台風の際に、たくさん出た倒木を撤収した影響らしい。
正木ヶ原
 尾鷲辻の東屋で休憩。神武天皇像のある牛石ヶ原を通って、大蛇嵓に足を伸ばす。
牛石ヶ原
 先端に着いたらちょうど少しガスが取れて、急峻な岩峰が見えました。
大蛇嵓
 稜線に戻って、シオカラ谷に下っていくが、ここはまとまな登山道。吊り橋のところで沢に降りてみる。
シオカラ谷
 ここからは駐車場までの登り返し。さくっと登って2.5hで一周できました。癪なことに、帰途についてドライブウェイを走っていると、次第に雲が取れ始め、大峯の山並みが見えてきました。
ようやく見えてきた
 実家からだとこの辺りまで2時間で来れることが分かったので、今後はこの山域も探索してみようかな。

2015年8月26日 加茂から笠置

 今日は母の希望で、京都南部の加茂から笠置のお寺巡りです。
 奈良の街を抜けて木津からR163に入り、加茂で左に曲がって集落の間の細い道を登っていく。やがて現れたのは補陀落山(ふだらくさん)海住山寺(かいじゅうせんじ)。天平7年(735年)に聖武天皇の命で良弁僧正が創建し、その後1208年に解脱上人貞慶が再興したそうです。1214年に建てられた五重塔は国宝です。
海住山寺五重塔
 続いて笠置に移動。柳生につながる道をゴルフ場のところで曲がり、山頂部の駐車場へ。受付をしてくれた住職は、昨日の台風の影響で荒れた境内の片付けをしているため法衣でなくて失礼と、謝られていました。笠置寺は1300年前、やはり良弁僧正の手により磨崖仏が彫られたことに始まる。
磨崖仏
 歴史的に有名になったのは、鎌倉時代末に後醍醐天皇が逃げ込んで、北条氏のため全山焼亡したことかな。修行場を巡ると、確かに岩が多く、起伏に富み、防衛の目的には適っている気がする。
胎内くぐり
 後醍醐帝の行在所は笠置山(324m)の山頂。
笠置山山頂の行在所跡
 そのまま柳生の里に抜けて、R369で奈良に戻る。

2015年8月25日 飛騨からの帰省

 藥師岳からの下山は、東谷ゲートから山吹峠を通らず県道484で神岡へ。細くてカーブも多く、結構気を使う道でした。R471に下りてきた先に道の駅・宙ドーム神岡がある。時間は10:30と少し早いが、カレーライスを食べて腹ごしらえ。
宙ドーム神岡
 R41から飛騨卯の花街道を通って、飛騨清見ICから東海北陸道に入り、名古屋経由で実家には15時過ぎに到着。途中の鈴鹿近辺は結構な雨でした。

2015年8月25日 藥師から下山

 今日は下山するだけ。5時前に起きてゆっくり朝食を食べ、テントを撤収して5:50に出発。明るくなってきた黒部源流の山々に名残を惜しむ。
黒部源流見納め
 太郎平小屋は朝から活気がある。
太郎平小屋
 さあ、折立に向けて下山だ。下っていく尾根の先に、雲の上に見えるのは鍬崎山。
いざ折立へ
 初日には見えなかった薬師岳も今日ははっきりと見えている。
薬師とお別れ
 さらには立山剣も美しい姿を望むことができる。
剣立山にお別れ
 三角点で一度休憩して樹林帯へ。おっとこれはでっかいナメクジ。ストックの頭ぐらいの大きさがある。
でかいナメクジ
 順調に8時過ぎには折立に到着。テント場から約2.5時間でした。トイレの水で体を拭いて、8:30には下界に向けて出発。途中、有峰湖を眺めて帰ります。 
有峰湖


2015年8月24日 黒部・赤木沢

 本日は4時前に起きて、ヘッドランプがいらなくなる5時前にテント場を出発。太郎平まで上り、小屋の少し先で薬師沢に下る道に入る。
太郎平小屋の先から下る
 途中で出会った男女パーティは赤木沢と薬師沢左俣を登ってきたそうだ。この橋が薬師沢の左俣。
薬師沢左俣を渡る
 朝日が昇ってきて、黒部五郎の上にも青空が広がる。沢に最高の天気。
好天が期待できる
 6:45に薬師沢小屋に到着。ここで沢装備に交換。
薬師沢小屋
 テラス脇のはしごを降りて、いざ黒部川へ。写真では見難いが、真ん中に雲ノ平へと向かうための吊り橋。
いざ黒部川へ
 へつったり、腰まで水に浸かりつつ、基本的には左岸沿いに奥ノ廊下を進む。途中で2回右岸に渡って戻る渡渉。ところどころに足跡があるので、先行パーティがいるようだ。
黒部奥ノ廊下を進む
 登れそうにない滝を右から巻いて戻ると、その先が赤木沢の出合い。
この滝を巻くと
 本流にはミニ・ナイアガラの滝。
赤木沢出合い
 赤木沢に入り、最初のトロを右からへつって、しばらくのところで休憩。時間は8:10なので、奥ノ廊下に1時間ほどかかった計算になる。再び歩き始めると、さっそく滝が登場。
さっそく滝が出てくる
 続いて4mと8mの連瀑。8mは右から巻く。
4mと8m
 次々と滝が現れ、しかも青空を背にして美しい。
2条8m
 ちょっとしたゴルジュっぽいところを抜ける。
ゴルジュの6mと3m
 また多段20m滝。
多段20m
 そこからしばしで何やら大滝の気配。奥まったところに25mの滝が水を落としている。これは右から高巻くが、途中の露岩のところが少し嫌らしい。単独だと緊張する。
赤木沢大滝
 何とか登り終わって、さらにいくつか滝を超えると、左岸から3mほどの滝で沢が入る。おそらく、これは赤木岳に突き上げる沢だろう。本流はまだまだナメが続く。
まだナメが続く
 次の1:1の二俣で休憩しながら、どちらに進むか検討。コンパスが南を指している左を選択。
1対1の二俣を左へ
 続いて微妙な二俣。ナメを避けて左に入ったが、後から考えると、ここで右だったのかもしれない。
ここは右がよかったかも
 一旦水が消え、細い流水溝をつめて行くが、ハイマツが出てきたので、それを避けながら、草原状のところを進む。
最後のつめ
 右手に雪の残る中ノ俣乗越が見えているので、少し左に逸れたようだ。上の方には先行パーティと思われる集団がいる。彼らはそのまま黒部五郎に近い方に登ったみたいだが、旅人は右にトラバースして登山道に出る。
ちょっと左に逸れた
 乗越で装備を替えて休憩。時間は11時前なので、赤木沢は約3時間で抜けたことになる。でもここからの下山が長い。
 まずは赤木岳に登る。途中の道からは、赤木平とその向こうの薬師岳が美しい。
赤木平の向こうに薬師
 北ノ俣岳山頂はガスの中(12:10通過)。
北ノ俣岳
 太郎山の手前で2回目の休憩をし、池塘の原を越えて進む。途中で太郎山の三角点に寄り道しながら、14時過ぎにテントに戻ってくる。
太郎山へ下る
 天気に恵まれ最高の赤木沢でした。さすがに長丁場に疲れたのか、ロング缶(800円)とウイスキーを飲んだら、ご飯(今日はアルファ米に中華丼)を半分残してしまいました。18時には就寝。

2015年8月23日 薬師岳1日目

 休暇の最初の山行は薬師岳。午前3時前に自宅を出発。長時間運転なのでこまめに休憩をはさむ。双葉SAでうどんを食べ、諏訪SAガソリン補給(リッター147円で、普通よりも20円も高い)、塩尻で降りてサラダ街道を経て野麦街道へ。安房トンネルを抜けて奥飛騨温泉郷上宝の道の駅で休憩。見座発電所を右折して山吹峠経由で東谷のゲートへ。1,900円の通行料を払って有峰林道に入るが、ここからが結構長い。湖の西岸をグルッと回って、折立に辿り着いたのは8:40頃。結局5.5時間もかかりました。
 結構車が一杯でみんな路駐しているが、ちょうど帰る車がいて、その後に駐車できた。今回はついているかも。
やはり路駐
 準備をして9時過ぎに出発。今回は沢装備も入っているので、いつもよりも荷物がかさばっている。1時間ほどでアラレちゃんのお迎えを受け、一旦休憩。
アラレちゃん
 足元は結構ぐちゃぐちゃ。途中ですれ違った人の話では、土曜日の午前中は土砂降りだったそうだ。出発から1時間半で三角点を通過。ガスで何も見えない。
1時間半で三角点
 樹林帯を抜けた1934mへの途中でもう一度休憩し。草原状の道を歩いていると、次第に雲が取れて青空が出てきた。
青空がでてきた
 一頑張りで太郎平小屋に到着。所要3時間10分。
太郎平小屋に到着
 幕営の受付は14時から17時とのことなので、とりあえず缶ビールを買って、テント場に向かう。まだ時間が早いので空いていて、下の方にスペースを確保。
テント場が見えた2
 テントを張り終え、ビールを飲み終わったが、時間はまだ13時過ぎ。当初計画では帰る日に薬師岳を往復するつもりだったが、最終日の天気が読めないので、今日登ってしまおう。コースタイムだと頂上往復は約5時間だけど、荷物がなければ17時までには戻れだろう。
 最初は水の流れるところを進み、樹林帯を抜けると薬師平。おっと槍ヶ岳が登場。想定していなかったので、うれしくなってくる。
おっと槍だ
 そして雲ノ平から黒部源流域。
雲ノ平
 時折雲はかかるが、天気は最高。さあ前へ進もう。
薬師に向かって登る
 途中で通過した薬師岳山荘のテラスでは、皆さんがビールで宴会中。
薬師岳山荘
 ビールの影響か、最後の登りが結構厳しい。到着したのは遭難碑のあるピーク(写真は下山時のもの)。
遭難碑
 本当のピークはまだ先だ。
まだあんなところ
 何とか15時前に頂上に到着。4人の山ギャルと思いきや、大阪のオバチャンでした。お一人が持ってきた文明堂のカステラで話が盛り上がっているようでした。
山ギャルが
 でも、オバチャンのおかげで写真を撮ってもらいました。足元に注目。軽量化のため、今回はトレラン・シューズです。
薬師岳頂上
 一服の後、下山。休憩なしで16:15に帰投。無事に幕営手続きを済ませ、ついでにビールをもう1本購入(幕営料700円、350mlビール600円)。ちなみに銘柄はモルツです。かくして、今宵の宿の前には缶が2本転がることになりました。
2本も転がっている
 さあ、明日は赤木沢。楽しみだ。

2015年8月22日 今日から長期休暇

 例年は9月後半に取っている長期休暇ですが、今年はシルバーウィークがあるので前倒し。本来の計画では今晩から赤石沢に出かけるつもりでしたが、旅人の腰痛と田中さんの肉離れで中止。とりあえず家族で入間のアウトレットモールに出かけてきました。山の装備はほとんど持っているので、本日は食指が動かず、コストコでお買い物だけして帰宅しました(娘は何か買っていましたが)。
 明日は3時には自宅を出て、松本経由で有峰湖に向かいます。薬師岳と赤木沢が目的です。ダブル台風が来ていますが、富山方面は何とか天気は持ちそう。時間との競争ですね。
310261-WID_20150822164316c82.jpg
 ちなみに、下山後は奈良に帰るつもりです。その後は甲斐駒から鋸岳と、朝日連峰を企んでいます。

2015年8月15日 ガス・カートリッジ買い足し

 赤抜沢で痛めた腰を慮って、今日は大人しくしています。ちょこっと吉祥寺に出かけて、来週以降の山行に備えた買い物をしてきました。ICI石井てガス・カートリッジを2個。サマーセール中だったみたいで1個318円でした。少しラッキー。
買い足し
 それ以外では、カップヌードルやパスタ・ソースなどを購入。
 腰の方はだいぶ調子が戻ってきたので、明日は高尾山で足慣らしでもするかな。

2015年8月10日 南ア・赤抜沢

 予定通り、田中さんと夜行日帰りで赤抜沢を登ってきました。標高差のある急峻な地形に滝が連続してかかる沢で、名前のとおり赤い岩の側壁とチョックストーンが特徴的です。
 日曜日の17時に荻窪を出発して、途中で食料を調達しつつ、芦安の駐車場には19時半前に到着。トイレに近い第3駐車場の片隅にテントを張って、21時に就寝。引切りなしに車が到着するので安眠できず、朝は4時前に起床。5:10にジャンボ・タクシーで出発し、5:30に開く夜叉神のゲートを通って、途中の赤抜沢橋で下ろしてもらう。土曜の水根沢からの後、痛みのある腰がもつかどうか、少し不安。
赤抜沢橋
 6:30に歩き始めるが、昨年の大雪の被害の修復中とのことで、最初は堰堤工事の作業道を辿る。最後の堰堤を超えてもしばらくはゴーロ帯。
最初はゴーロ帯
 沢が左に曲がると最初の連瀑帯が始まる。
連瀑帯が始まる
 今日はシグマシューズで来たが、最初の登り始めがヌメっていて、慎重にロープを出してもらう。この後も、ところどころで滝の途中がヌメっていて、結構気を遣う。
ロープを出してもらう
 直ぐに現れる二段10m滝は、トポに従って左からロープをつけて巻く。どう見ても右から巻いたほうが楽だった。
左から巻く
 最後は5mほどの懸垂で沢に戻る。
最後は5mほど
 二俣までは滝が連続する。
滝が続く
 しかもチョックストーンが多い。かなり崩壊が進んだ沢だということが分かる。
チョックストーンが多い
 水流の裏を超えたり、苔に覆われた滝を超えたり、楽しみながら進んでいくとやがて二俣(9:40)。右俣には険悪そうな滝がかかっているが、今日は左俣から高嶺を目指す。
二俣
 左俣に入っても、まだまだ滝が続く。
まだ続く
 二俣から1時間ほどで、ようやく詰めの様相を呈し始め、ガレを抜けた先で左の支尾根に取り付く。
そろそろ詰め
 結構苦しみながら、最後は這松の間を抜けて高嶺の肩に出てくる。背後は観音岳。雲が湧き始め、いかにも夏山です。
這松の中を進む
 高嶺の頂上到着は12:30。6時間もかかりました。
高嶺頂上
 休憩の後、13時前に出発し、途中から痛み始めた腰をだましだまし下山。広河原のバス乗り場には、何とか15:15にたどり着きました。ジャンボ・タクシーで芦安に戻った時には、腰が完全にやられていて、車を降りた直後に路上にうずくまってしまいました(バックしてきたタクシーに危うく轢かれそうになりました)。
 久々の9時間行動で、沢は充実していましたが、帰りの中央道の渋滞でさらに腰への負担が増し、辛いです。このままだと、再来週の赤石沢がフイになってしまうので、何とか治って欲しいです。

2015年8月8日 奥多摩・水根沢

 今日は奥多摩の水根沢に出かけてきました。10年ぶりです。前回は、まだ防水のカメラではなかったので写真がなく、どういうルート取りをしたのか、全く記憶にありません。
 5:15に自宅を出て、小河内ダムの駐車場に7時に到着。準備をしてキャンプ場の先から7:30に入渓。
入渓点
 すぐに第1のゴルジュ。この滝は覚えている。左をへつって突破。
左をへつる
 沢が左に回り込むと、奥には陽が当たり始めてきた。奥の滝は、これも左から残置のシュリンゲを活用してへつる。
これも左
 釜が深いこの滝は、飛び込むしかなさそう。でも、日和って右から巻いてしまった。
右から巻いた
 その先には樋状の滝が白いしぶきをあげている。一度右寄りから近づいてみたものの、これも泳がなきゃいけないみたいなので、結局少し戻って左から岩壁を高巻く。
左から巻いた
 その次の滝を右の壁から登って振り返ると、右岸の上の方にロープが垂れている。旅人の取ったコースのさらに上を高巻いた人のもののようだ。
右岸にロープが垂れている
 この白濁した淵はなんとか右からへつった。流れが速く、途中で足を取られそうになった。
右をへつる
 その次は三段のナメ。これは釜を右から回り込んで、水流を登る。
三段ナメ
 そこからしばらくで、ワサビ田と作業小屋。ここで休憩とする。
作業小屋
 この先も滝は続き、これは水流左のツルッとしたところを這い上がる。
左のツルッとしたところから
 そして最後に半円の滝が登場。一度左から釜を回り込んだが、水流を突破する気になれず、結局左の岩場を上がる。
半円の滝
 まだ時間は9時過ぎ。2時間もかかっていない。でも、ここで終了にし、装備を転換して登山道に上がる。駐車場に戻ってくると、ヘルメットを持った男女ペアが出発していった。着替えの後、10時前には帰途につき、順調に帰宅。
 今週は月曜日に休みを取ったので、明日の夕方から赤抜沢に出かける予定です。

2015年8月2日 西丹沢押出沢

 二週連続で西丹沢に出かけてきました。押出沢と弥七沢の連続遡行を企てましたが、あまりの暑さにバテバテになり、一本で終了しました。
 いつものごとく、4時過ぎに自宅を出発して、西丹沢へ。今日は箒杉公園の駐車場までです。
箒杉公園
 シャワークライムをする気十分で、FineTrackの上下を着込んで、目の前のキャンプ場から沢に入ります。200mほど遡上して押出沢へ。最初は堰堤が4つほど続くので、左から巻いて行く。やがて瀑流帯が始まる。これは両側がツルツルで、左から高巻きに入るが、ザレていて悪い。高巻き途中でドライバーの落し物を発見。でも、今日はアイスハンマーを持っているので、目もくれずに前進。先は降りれそうもないので、少し戻って懸垂で沢に戻る。
最初の瀑流帯
 降りた先にも爆流帯が続く。
次の瀑流帯
 左(右岸)にワサビ田の枝沢を迎えると、正面にはいい感じの滝。でも登れません。左からきわどく巻く。
登れません
 その上にも小難しい滝が続く。堰堤も左よりを直登。
堰堤下の滝
 堰堤上で二俣。休憩の後、左俣に入る。
左俣へ
 しばしで三段の大きな滝が登場。最上段はヒョングリ滝らしいが、これも登れそうにないので、右手のザレたルンゼから高巻いて、右俣との中間尾根に上がる。
これも登れない
 そのまま尾根をつめていくが、暑くてバテバテ。予定を大きくオーバーの9:30に弥七沢ノ頭に到着。ドリンクゼリーで栄養補給しながら思案。本当はここから南東に尾根を降りて、弥七沢を登るつもりだったが、さっさと下山することに。
弥七沢ノ頭
 箒沢乗越を経て隣の926mピークへ。足元には開ききったタマゴ茸。
タマゴ茸
 926mから北東の尾根に入って大石キャンプ場へ。水遊び中の家族連れで大賑わいです。
大石キャンプ場は盛況
 車道をしばらく歩いて公園には11時過ぎに戻ってくる。本日の行動時間は約4.5h。これだけ暑いと、しょうがないですね。

2015年7月30日 岩手の地酒

 木曜日に会社帰りにキッテの地下で購入。酔仙酒造(陸前高田)の特別純米酒。ラベルは鮭の絵ですね。
岩手の地酒

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード