源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2015年4月29日 勝峰山からタルクボノ峰(五日市の裏山)

 GWの連休を前に、どこに行こうかとさんざん迷った挙句がこのコースでした。一言で表せば、五日市の裏山ですね。
 3時には起きてグダグダしていましたが、重い腰を上げて自宅を6時過ぎに出発。6:44の荻窪発の電車で、立川から武蔵五日市に行き、8時過ぎに山行開始です。まずは秋川街道を歩いて幸神神社のシダレアカシデを見物。
幸神神社のシダレアカシデ
 Webで調べていたら、この先のフェンス沿いに上がっている人もいたが、太平洋セメントの敷地手前に続く道の途中で尾根に上がる踏み跡を発見し、そこから山に入る。しばらくしたら新しい林道に遭遇。途中で尾根に上がろうと思ったら、今度は古い林道。結局2つの林道は合流し、そこからしばしで山道に入る。途中でタラの芽を発見して採取。
勝峰山
 たどり着いた勝峰山は眺めもないのでそのまま通過し、縦走に移ります。エアリアにも2.5万図にも表示はありませんが、はっきりした山道が続いている。おそらく唯一の迷いポイントだと思った場所も、この有様。篤志家、別名モノズキの手になる標識があふれています。
分岐には標識がたくさん
 途中の真藤ノ峰で一回休憩を入れて、梵天山経由で三角点のあるタルクボノ峰へ。
タルクボノ峰(白石山)
 そこから少し進むと金比羅尾根に合流です。少し下った開けた場所から、登ってきた山稜が一望できる。
歩いてきた山稜
 山を歩いていて、普段はあまり追い抜かされることはないですが、今日は久々に若いお兄さんに追い抜かされました(結局電車は一緒でしたが)。それはさて置いて、この季節はツツジを始めとして、色々な花が目を楽しませてくれます。
足元の花
 金比羅山が近づいて来ると、何やらお囃子が聞こえる。ちょうど神社の祭礼で、獅子舞を奉納しているところでした。地元の人が集まって賑やかです。 
獅子舞
 五日市の街を通り抜け、駅に着いたのは12:20。ちょうど12:32の電車があったので、トイレで顔だけ洗って飛び乗りました。帰り道にフレンドに寄って、Fine Trackの沢用ウェアを取り寄せしてもらおうと思ったのですが、取引をしていないとのことでした(残念)。店長は昨日、阿梨山に言ったそうです。甲府の北にある山らしいです。
 タラの芽は、天婦羅にするほどの量もないので、とりあえず茹でました。
タラの芽
 GWは今のところ、5日の天気が良くなさそうです。2-4日で尾瀬の景鶴山にでも行こうかな。
スポンサーサイト

2015年4月26日 相模灘2本

 原小屋沢の帰りに寄り道して買った純米酒2本(精米歩合60%と55%)です。
相模灘純米酒2本

2015年4月26日 丹沢早戸川原小屋沢

 今シーズン初の沢は丹沢の早戸川原小屋沢です。自宅を5時前に出て、魚留橋には6:40に到着。奥は一杯なので少し戻った所に車を停め、登山準備。今日は意識的にシグマシューズです(赤石沢でもこれで行くつもりなので)。入念に蛭ファイターをスプレーして6:50に出発。林道を20分ほどで伝道に着いたが、最初はそのまま真っ直ぐ進んでしまい、瀬戸沢辺りで道は終了。しまった、上に行かなきゃいけなかったんだ。戻って巻きの登山道に入る。しばらくすると造林小屋。
造林小屋
 ここからは結構怖いアプローチ。極めつけはこれ。
怖いアプローチ
 最初の渡渉点で先行者が止まっている。おそらく白馬尾根か市原新道に行くのだろうが、橋が流されていて思案中の模様。シグマシューズの旅人はさっさと先に進む。
橋は流れている
 もう一度渡り返して、変な巻道を進むと雷平へ。おや、タープを張った人々が朝の準備中。一声かけて写真を撮らしてもらった。営業中らしい。
営業中
 原小屋沢に入ってしばらくのところで休憩。そこからしばしで、最初の大きい滝(雷滝)に到着。右からの方が高巻きは楽そうに見えたが、市原新道のある左から高巻く。落ち口の上も大きな釜のある滝で、一緒に巻いた。
雷滝
 適当に登っていくと、ゴルジュっぽい奥に垂直に水を落とす滝が登場。バケモノ滝だな。写真撮影のために下の滝を一旦上がったが、巻きは戻って左の涸れ沢状を少し登って、落口へ。
バケモノ滝
 この三段ナメ滝は左のスラブ状を辿って小さく巻く。途中でずるっと滑って、一瞬焦った。
三段ナメ滝
 その先で連瀑帯が続くが、とてもじゃないが登れないので左岸から巻く。そうするとガータゴヤ滝が登場。傾斜はそれほどないので、真夏なら登れそうだが、これも右から高巻き。
ガータゴヤ滝
 すぐに鎖のあるツルツルの滝。これって鎖がなきゃどうするのよ。
鎖のある滝
 この上から急に水量が減る。何故か釜にはヤマメが泳いでいる。この辺りでキャンプするのも楽しそうだな。沢は倒木も出てくるので、適当に脇の林を歩いていると、ストーブの残骸がでてきた。
ストーブ
 そろそろ水も無くなってきたので、右手の尾根に上がり、鹿道を追っていくと、予想通り直接姫次に到着。実は、今日は地図を持ってくるのを忘れたので、少し不安でしたが、何とか頭の中に入ったコースで登れました。
姫次
 隣のトレランの人の話だと、昨日も14時過ぎに雨が降ったらしい。と言うか、アンタ2連チャンなの(心の声)。2つ目のお握りを食べた後、下山。モノレールの少し先から榛ノ木丸への道に入る。年末に一度来ているから、何の不安もなく下山。そろそろ赤ヤシオの時期ですね。
榛ノ木丸の下り
 最後のロープ満載の箇所も慎重に下って、12:20に車に帰着。今日は5.5hの沢登りでした。幸いにもヒルはいませんでした。

2015年4月25日 モンベル・キャニオンショーツ

 夏場の意赤石沢に使うつもりで、ベアーズトレックにFine Trackのフラッドラッシュの上下を買いに行ったのですが、在庫が少なく、サイズがありませんでした。せっかく木曜日の昼間にモンベル・ショップでハーフパンツ(税抜き4,700円)を買ったのに。ちなみに袋に入っているのは、一緒に買ったメッシュのトランクス(税抜き1,800円)です。仕方がないので、明日はいつもの格好で今シーズン初の沢に出かけてきます。
キャニオンショーツ

2015年4月18-19日 ネコブ山2日目

 予定を30分寝過ごして4時に起床。急いで朝食を済ませ、何とか5時過ぎに出発。先ずは桑ノ木山を目指す。
桑ノ木山へ
 東の山影から太陽が昇ってくる。この時間は雪が締まっていて、アイゼンがよく効くので歩きやすい。
ご来光
 高度を上げたので、朝日を浴びる越後三山がきれいに見える。
The 越後三山
 桑ノ木山の一角に登ると、ようやくネコブ山が見えた。ここまで1時間、一息入れる。
ネコブ山が見えた
 鞍部から少し樹林帯を登り、東側の雪面に移動。熊の足跡に導かれたりしながら、ところどころに出ている切れ目と段差に気をつけて登る。7時過ぎにネコブの肩に出てくる。頂上まではもう少し。
もう少し
 7:15に頂上に到着。360°の景色が広がる。バックは巻機山。
ネコブ山頂上
 こちらは下津川山だが、途中の尾根は雪が切れて藪が出ており、あそこまで行くのは大変だ。
下津川は遥か先
 東にはGWに行こうと考えている尾瀬の山並み。
尾瀬の山々
 十分に景色を堪能して下山にかかる。一度休憩を入れてテン場に9時頃に戻ってくる。テントを撤収して下山。下りは早い。50分ほどで岩場の上に下ってくる。導水管の階段を避けて、左の斜面から雪を使って下ろうと企むが、下り始めが悪く、肝を冷やす。それでも何とか登山口に下り立つ(10:40)。まだここから右岸道を歩かなければならない。田中さんはフキノトウを取りながら歩いている。途中で雨がポツポツと降り始めたが、本格的になる前に車に戻り着いた。
 久々の重荷に苦しみましたが、気持ちの良い雪山でした。アプローチの車道歩きがなければ最高なんですが。

2015年4月18-19日 ネコブ山1日目

 今回の当初予定は五竜のG0稜でしたが、なぜかネコブ山に変更になりました。新潟の三国ダムの奥にある、この時期にしか登れないマイナーな山です。
 朝5時に田中さんをPUして関越を六日町ICまで、途中の7/11でコーヒーを飲んでから三国ダムへ。管理棟まで上がればよかったのに、なぜか下の公園の駐車場にとめてしまう。予定通り8時出発。30分余計に歩いて先ずはダムに上がる。
 雪に埋もれた右岸道を歩いて行くと、やがて導水管が見えてくる。
導水管が見えた
 十字峡の橋を渡り、入口が半分埋もれたトンネルを抜けると登山口(10時到着)。先行パーティが何やら登り口を探している。雪が切れていて素直には取り付けないようだ。彼らは右から一段上がって取り付いたが、我々は強引に階段に降りる。それにしても急な階段だ。
導水管を登り
 階段の途中も雪に覆われているため、巻いたり、カッティングしたり、苦労して登り切ると、すぐに5mほどの岩場。
岩場を登る
 そこから先は藪漕ぎ気味の急登で、嫌になってくる。ようやく雪が出てきて、多少歩きやすくなるが、もうくたびれモード。
疲れてるけど
 当初はネコブ山までの幕営を目論んでいたが、とんでもない。樹林が切れるあたりに格好のテン場を発見して、13:30で行動終了。薪を集め、テントを張り、テーブルを作って宴会開始。
もうここでテント
 今回は旅人持参の十和田バラ肉でスタート。しばらくすると寒くなってきたのでテント内に移動。田中さんのホルモン揚げがおいしい。
十和田バラ肉
 16時過ぎから焚き火に移るが、結局不首尾。小枝は燃えるのだが、太枝に火が移らない。見上げると桑ノ木山(この時点ではネコブ山かと勘違いしていたのだが)。
実は桑ノ木山
 最後にドライカレーで締めて、19時前に就寝。

2015年4月15日 ライトドライバッグ

 今日は、年末の手術の後の検査でお休みでした。午前中に東京医大に行って診てもらいましたが、特に問題はないということで一安心です。
 ついでに恵比寿で歯の定期検診もしてもらいましたが、時間が空いていたので、モンベルでドライバッグを購入しました。サイズは5lで、お値段2,000円(税抜き)。沢に行く時の雨蓋の中のものを収納するつもりです。今持っている30lのものはボロボロになっているので、そちらもいずれ買い換えないといけません。
ドライバッグ

2015年第1四半期山行記録

 更新が遅れましたが、記録の整理です。
1月4日 霧積アイス:平井さん、田中さん
1月10日 伊豆・猿山
1月11日 婆娑羅山、暗沢山、牛原山
1月12日 達磨山、金冠山
1月18日 中津川アイスハイク
1月25日 篭ノ登山(登山口敗退)
2月1日 鷹取山、能岳
2月7日 高尾山
2月11日 みなかみ大峰山
2月15日 三頭沢(途中まで)
2月28日 三方分山からパラノマ台
3月22日 篭ノ登山(リベンジ)
3月28日 丹沢・三峰山から大山
3月に天気が悪かったり、マンションの総会があったりで行動が少なかったためで、結局出かけたのは合計で13日でした。さらに肘の痛みのため(どうもマウス肘のようですが)、アイスはろくにできませんでした。

2015年4月12日 沢用ハーネス

 蛭ヶ岳からの帰り、田中さんを荻窪で下ろしたその足で、フレンドに寄り道し、沢用のハーネスを買ってきました。Rock EmpireのAlpen Lightという製品です。店長の話によるとチェコかどこかのメーカーで、日本ではマジックマウンテンが輸入しています。BDのクーロワールは随分値段が高くなったので、同じようなものでこれにしてみました。収納袋(ちょっと大きすぎ)付きで4,980円です。とりあえず、天気が良ければ今週末の五竜に持って行ってみるつもりです。

 ちなみに、ビニール袋に入っている黒い物体はホイッスルです。

2015年4月12日 蛭ヶ岳南稜

 目が覚めて3:30に起き出し、外を見ると、雨は上がっているが、まだ曇り模様。朝から棒ラーメンを一杯食べて、5時前に出発です。30分ほどで熊木沢出合に着き、脚立ハシゴのかかった橋を渡る。しばらくは左岸沿いを歩くが、途中にツエルトが一張りあった。右岸に渡ったところで休憩。この辺りも三椏が多い。
右岸に渡って
 崩壊した林道を高巻くところで、濡れた岩で滑って膝を打ってしまった。田中さんも手から血を流している。気を取り直して先に進む。最初は二股から沢に入ったが、まだ堰堤があるようなので戻り、林道を終点まで進む。ありました。これがよく見る廃車ですね。
これがアレだ
 廃車のところから沢を横断して、南稜に取り付く。最初は窪状の斜面を登り、やがて左の尾根上に移る。結構急な登りが続く。
1ピッチ目はこんな感じ
 1200m辺りの平坦地で休憩するが、不思議な造形の木がありました。
休憩です
 残りは400mほど。途中の岩場を越えて登ると、頂上直下のバットレス状の斜面下へ。富士山の眺めが素晴らしく、田中さんが写真撮影中。
最後のバットレス
 トゲトゲの低木を避けながら、霜柱でグチュグチュになりそうな頂上に8:15に到着。ユーシンから3時間ちょっとでした。
2回目の蛭ヶ岳
 これで2回目の蛭ヶ岳。眺めは最高で富士山が素敵。パンを食べたりしていると、続々と登山者がやってくる。おそらく深山山荘辺りに泊まった人たちなんでしょう。
 さて、臼ヶ岳まで進みます。コルまでの下りは結構急で、登ってきた南稜と同じくらいキツイ。左手には、荒れた熊木沢が広がる。
熊木沢
 臼ヶ岳の頂上で最後の休憩。登った南稜がよく見えます。
あそこを登りました
 このころからところどころ雲が出てきて、富士山も見えなくなりました。臼ヶ岳の南尾根を休みなしの1.5hで下り、ユーシンに11時頃戻ってくる。寝袋などを回収して、再び長い林道を歩いて下り、ゲートには12:30に戻ってくる。

2015年4月11日 蛭ヶ岳南稜のプレリュード

 土曜日の天気が悪く、五竜を中止にしてユーシンに行ってきました。蛭ヶ岳の南稜です。
 朝10時に荻窪集合で、まずは100円ローソンで食料の買出し。途中で店員さんに声をかけられ、あやうく駐禁を免れる。R246は渋滞していて、玄倉のゲートに着いたのは14時。1.5h歩いてユーシンロッジに到着。1年4ヶ月振りにまた来ました。
また来たよ
 今日は他に登山者はおらず、貸切です。雨が止まないので、予定していた焚き火は諦めて、早速宴会開始です。
宴会開始
 途中の7/11で買った枝豆を皮切りに、スパゲッティ1回目。その後チヂミを3枚焼きました。
チヂミ
 続いてチキンライス。チョリソー入りです。隣にあるのは、これも7/11で買った牛肉ごぼう。
チキンライス
 最後の締めは残ったスパゲッティを2回戦。お腹が一杯でもう食べられません。明日に備えて20時過ぎに就寝です。

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード