源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2015年3月29日 スノーシャット

 先週の篭ノ登山では、アイゼンのすきまに雪が詰まって歩きにくかった。ご覧のとおり、年数の経過とともにゴムが溶け、フックはなくなって、アイゼンとの間が隙間だらけです。これでは、来月の五竜やジャンダルムに行くのに支障をきたしそう。

 フレンドに出かけて、新しいスノーシャットに交換してもらいました。この黄色いゴム、なんと6,000円。以前はもう少し安かったような気がするのですが。と言うか、アイゼン自体が16,000円ほどなのに、それはないでしょうという感じです。ちなみにアイゼンはシャルレのSuper12というモデルです。さらについでに、フレンドでは今だに売っています。
IMGP7818.jpg
スポンサーサイト

2015年3月28日 丹沢・三峰山から大山

 元々の計画では鉢盛山にスノーシューを持って行って、テントで一泊の予定でしたが、日曜日の天気が思わしくないようなので中止にし、代わりに丹沢に出かけてきました。土山峠から三峰山を経て大山というコースです。
 下調べをした電車の時刻は日曜日のものだったので、6分前に電車がすぐ到着。あやうく乗り損ねるところでした。下北沢で小田急に乗り換えて本厚木へ。ローソンでコーヒーを買って、北口5番乗り場から6:55発の宮ヶ瀬行きのバスに乗車。土山峠で降りたのは3人。まだ曇っていて薄ら寒い。目の前の桜が満開です。
土山峠
 さて、7:45に出発。まずは辺室山へ。前回取り付き前敗退した鍋嵐が右に見える。その鍋嵐へつながる分岐のところで最初の休憩。
鍋嵐への入口
 下った物見峠でヘルメットをもったグループとすれ違う。煤ケ谷で下車した人たちだ。ここから三峰山までは結構なアップダウン。途中の崩壊地から、丹沢三峰と丹沢山が綺麗に見える。
丹沢三峰
 三峰山の手前あたりは鎖と梯子が連続。北アルプスなどと違って岩場ではなく、崩壊しているために設置されたもの。
三峰頂上手前
 頂上には10:10過ぎに到着。二度目の休憩をしながらGPSのスウィッチを入れる。谷太郎川方向に下る登山道と別れ、そのまま尾根を辿る。エアリアでは迷マークのついた点線ルートだが、比較的踏み跡ははっきりしており、テープも多い。
尾根を直進
 再度登山道と合流したところで、GPSを片付け、ジャケットを脱ぐ。徐々に大山が近づいてくる。気温も上がってきて、春の雰囲気満開。
春の雰囲気
 下社や日向薬師の方向からの道と合流すると、一気に人が増える。足も疲れてきたのでゆっくりと最後の斜面を登って、12:15に大山の頂上に到着。出発から4.5h。頂上は人で溢れかえっている。
大山頂上
 パンを食べながらゆっくりして12:30に出発。まだ時間は早いので、下社には下らず、真っ直ぐ南に進むことにする。富士見台からは富士山が真正面に望めるが、霞んでしまっています。
霞んでます
 蓑毛方向への急な道を下って行くが、途中で足が痙りそうになった。先週もそうだけど、最近どうもよろしくない。やはり歩きが足りないのかな。
 蓑毛への道を分けて南進し、まずは浅間山。その先のNTT中継局の辺りでしばし迷う。何のことはない車道を進めばよかったんだ。そのまま一気に高取山へ。頂上からは伊勢原の街並みが見渡せる。
高取山
 休憩の後、念仏山を越えて善波峠へ。ここは善波トンネルの上になる。いつもR246をいつも通るとき気になっていた山並みを歩いていることになる。
 最後の休憩を終えて、鶴巻温泉へ下っていく。痛くなり始めた膝をかばいながら、雑木林の広い道を進む。途中何カ所か山桜が咲いていた。
山桜
 水仙の花が咲く吾妻山を過ぎると駅は近い。16時過ぎに到着。トイレで顔を洗って、缶ジュースを一気飲み。
鶴巻温泉駅
 16:21新宿行きの急行で帰途に。いやー、久々に8時間を越える歩行で疲れました。こういう場合は、やはりサポータータイツを履くべきですね。

2015年3月22日 篭ノ登山

 今日は田中さんに付き合ってもらって、篭ノ登山のリベンジ登山に行ってきました。雪が締まっていたので、スノーシューは車に置いていきました。なので、100%のリベンジではありません。
 朝5時に田中さんをPUして、所沢から高速で佐久まで。前回同様7/11でコーヒーを飲んで車坂峠に7:20到着。ビジターセンターに車を停めたが、スキー場の方がよかったみたい(帰りに気がつきました)。7:30過ぎに出発し、よく分からず高峰山に進んでしまう。頂上には寄らずに高峰温泉へ。随分な遠回りをしました。
高峰温泉
 宿の前には、これが噂に聞く雪上車。リフトの上の小ピークを越えて、先に進む。これから辿る稜線がくっきり。
これから歩く稜線
 でも、霞んでいて遠くは見えません。水ノ塔山には9:20に到着。遠回りをしたせいで2時間近くかかった。頂上からはかろうじて四阿山が見える。
かろうじて四阿山
 そしてこちらがこれから登る篭ノ登山です。
篭ノ登山
 30分ほどで東篭ノ登山に到着。
篭ノ登頂上
 西には西篭ノ登山から湯ノ丸山。
湯ノ丸山
 東には噴煙を上げる浅間山。
浅間山の噴煙
 西篭ノ登山はパスして、林道に下山。途中でQuickyを楽しみながら下山です。降り立った林道には、10人ほどのスノーシュー・ツアーの集団がいました。林道を歩いていると、真っ白なバームクーヘンが転がっている。
バームクーヘン
 高峰温泉の手前で左足太ももの裏が痙ってしまいました。しばし苦悶の時間を過ごし、だましだましスキー場に下山。ビジターセンターには12時に戻ってきたので、本日の行動時間は4.5h。霞んで眺めは今ひとつでしたが、楽しい半日でした。

2015年3月19日 Garmin eTreck 30

 やっぱり買ってしまいました、GPS。Garmin eTreck 30の英語版をジョイフルログのサイトで購入しました。日本語の地形図がついて54,000円でした。火曜日に申し込んで、先ほど届きました。
届いた
 さっそく開封して、一緒に買った保護フィルムを張り、地図の入ったMicroSDと電池をセットして、電源を入れます。無事衛生をキャッチしてくれました。
Garmin eTreck 30
 こんなものを手に入れたら、今後ますます登山道のない薮バリに出かけることになりそうです。当面は使い方のマスターに努めよう。

2015年3月14日 ファイントラック Skin Mesh T

 日曜日は法事なので、土曜日に出かけるつもりにしていましたが、金曜日の夜に昔の職場の人達と飲みに行って遅くなり、寝たのは1時。さすがに起きれませんでした。本来は藤野の石砂山から峰山を歩いて、帰りがけに寄るつもりだったのですが、昼前にのんびりと西荻に行って、ファイントラックのSkin Mesh Tを買ってきました。冬山でラッセルして汗をかいても冷えないという触れ込みのベースレイヤーです。これで定価4,200円(税抜き)ですが、ベアーズトレックでは3,970円でした。来週は田中さんとスノーシューで遊ぶ予定なので、その時に試してみます。
Skin Mesh T
 暇なのでネットでGPSを調べてみましたが、GarminのeTreck30が良さそうです。でも値段が83,160円もするので、どうしようかな。

2015年3月8日 100円コンパス

 この週末は久々に天気が悪いですね。昨日は入間のアウトレットに出かけて時間を過ごしましたが、今朝も朝から雨模様につき停滞。仕方なく高井戸のオリンピックに出かけて、花粉症の鼻スプレーを買い、帰り道にダイソーをのぞきました。スマホの防水ケースとコンパスが行方不明になっていたので購入。
ちょこっと買い物
 週末に山に行けないとストレスがたまります。来週の日曜日は家内のお父さんの法事なので、土曜日が晴れることを祈ってます。

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード