源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2015年2月28日 三方分山からパノラマ台

 明日はあまり天気が良くないようなので、久々に土曜日の出動で、晴天の中、精進湖まで出かけてきました。
 自宅を5時に出発して、精進湖の県営駐車場に7時前に到着。朝日を浴びた富士山が真ん前に。早速準備をして車道を歩く。湖では釣りをする人々のボートが見えている。中道往還道を阿難坂(女坂)に向かう。
中道往還入口
 峠まで上がると北風が冷たい。休みなしで三方分山の頂上へ進むと、いい感じの道になってきた。青い空をバックに、葉の落ちた樹林の中で、白い雪と緑の笹のコントラスト。
いい感じの登り
 三方分頂上には1:20で到着。TimTamを食べながら休憩していると、パノラマ台の方向からトレランの方が上がってきた。
三方分山頂上
 時間には余裕があるので、釈迦ヶ岳をピストンするつもりだったが、両足の小指にできたタコが痛くて長時間歩けそうにないので、素直にパノラマ台に向かう。樹間から真っ白に雪をかぶった南アの巨人たちが見える。
白峰三山が真っ白です
 休みなしで一気に1.5h歩いてパノラマ台に到着。まさしくその名の通りの絶景。写真だとやや分かりにくいが、手前の大室山との親子富士。
パノラマの意味が
 南に目を転じると、本栖湖の向こうに毛無山。
本栖湖の向こうに毛無山
 北東には王岳だ。
王岳
 景色を堪能して下山し、駐車場手前の日帰り温泉の看板を横睨みに車に戻る。時間は11時なので、ほんの4時間のハイキングでした。
スポンサーサイト

2015年2月21日 Marmotのパンツ

 吉祥寺のICIでトレッキングパンツを買ってきました。MarmotのTrek Comfo Pant、3割引で税込7,938円です。
Marmot Trek Comfo Pant
 明日は雨のようなので、今週は久々のお休みですね。

2015年2月15日 三頭沢

 一応分類はアイスクライミングですが、ほんの2時間ほどのお遊びで、しかもついていない1日でした。
 都民の森の駐車場が開くのは8時なので、それにあわせて自宅を6時に出発。現地には8時少し前についたが、駐車場は開いていた。装備を整え、ゲートのおじさんと一言二言声を交わして出発。沢に降りて最初の堰堤は左側にかかったはしごで越える。次の第2堰堤はしっかり氷っている。左から高巻いて左岸の木にロープをセット。懸垂で降り、登降器をセットして右寄りを登る。登降器は買ってから初めて使ったが、ロープの重みがないのでそのままでは上がらず、ロープを口で抑えて持ち上げる。
第2堰堤
 次の堰堤の前に滑滝があるが、左よりから登ろうと思ったら、いきなり釜の氷が割れて両足ドボンで、靴の中に浸水。暖かい日でよかった。
途中の滝
 次の堰堤もしっかり氷っている。最初はそのまま登ろうかと思ったが、考え直して一旦左から巻き、上からロープをセット。堰堤は最後の抜け口のところが怖い。
第3堰堤
 この上はあと少しで大滝のはずだけど、その手前のゴルジュの滝は薄い氷の裏を水が流れている。靴も浸水して冷たいし、素直に下山することに。駐車場には10時過ぎに戻ってきた。往復の車の運転に4時間、登ったのは2時間ほど。これってどうなんでしょう。

2015年2月11日 みなかみ大峰山

 篭ノ登山で敗退したので、今シーズン初のスノーシュー山行にみなかみの方に行ってきました。
 現地に8時過ぎに着くことをターゲットに、自宅を5時15分に出て、いつものように東松山から関越に乗るが、想定以上にスキーの車が多く、駒寄PAで渋滞している様子なので、藤岡ICで降りて下道を走ってみなかみまで。沼田の辺りから谷川の双耳峰がクッキリ見えており、期待が持てる。ノルンスキー場からだと2時間ほどで終わってしまうかと思い、見晴荘のある登山口から登ることにする。
ここから出発
 素直に真っ直ぐ行けばよかったのに、尾根筋の方が面白いかと思って、いきなり左に入っていく。途中までトレースらしきものがあったが、すぐに足がもぐり始めるのでスノーシューをつけて進む。
トレースをつけて
 1054.8mの三角点を越え、次のピークで休憩。ここまで既に1.5hかかっている。大沼越を過ぎる辺りから、真っ白な谷川岳へと続く国境稜線が見えるが、写真に撮ろうと思うと樹がじゃま。
樹がじゃま
 キレットの梯子は30mぐらいの長さがあるが、スノーシューを外すのが面倒で、そのまま慎重に下って登る。
キレットの階段
 トレースがないので、ルートを見極めラッセルをしながら大峰山に向かう。
頂上は近い
 ようやくNHKの中継局にたどり着くが、まだ頂上は先。施設を巻いて進んでいたら、いきなり雪の下の空洞に落ち込んでしまった。ここから先にはトレースがあり、何とか12時過ぎに大峰山に到着。
大峰山頂上
 予定では、吾妻耶山まで行って帰るつもりだったが、ここまでで既に3時間を要している。大峰山から先へのトレースもないので、頂上から分岐まで戻って休憩。武尊もいい感じの雪化粧。
武尊がいい感じ
 ここからは大峰沼方向に下り(旅人のエアリアにはコースは出ていないが標識とトレースがあった)、大峰沼・古沼経由で駐車地に戻る。約4.5hのスノーハイクでした。13:40に出発し、バックミラーに素敵な国境稜線が見えたので、途中で写真撮影。こんなに天気がいいんだったら、谷川に行っても良かったかも。
谷川に行ってもよかった
 帰途は渋川から関越にのって16時前に帰宅しました。

2015年2月7日 なぜか高尾山

 大分よくなりましたが、肘が痛いと気合が入りません。今日もグダグダした挙句、朝の10時前に自宅を出て、高尾山に出かけてきました。天気予報によると明日は雨模様なので、とりあえずという感じです。
 最寄りの駅から京王線で高尾山口に11:30頃に到着。山道らしい稲荷山コースにしようかと思っていたが、方針変更で6号ろに向かう。

 沢沿いの6号路は初めてのコース。結構雪が残っていて気を遣います。
IMGP7737.jpg
 1時間ほどでたどり着いた頂上は、足元がぐちゃぐちゃ。展望台から見る丹沢にもそれなりに雪があるようだが、肝心の富士山は見えない。
IMGP7738.jpg
 テーブルでパンをちょこっと食べて下山。やっぱり人が多いです。で
IMGP7739.jpg
 1号路から、リフトの先で金比羅神社経由で山道を下山。高尾の駅には13:40着。2時間強の足慣らしでした。

2015年2月1日 藤野から上野原へ(鷹取山と能岳)

 この週末は日光方面にスノーシューに行こうかと考えていましたが、朝起きたら眠くて二度寝してしまいました。でも、天気も良さそうなので、近場でハイキングに切り替え。荻窪を8:59に出て、10時過ぎに藤野で下車。藤野神社から歩き始めます。
藤野神社
 地図にも出ていない三角点を過ぎて、最初の鉄塔では生藤山の方向に視界が開けている。次の鉄塔では、裏丹沢の山々が一望。
丹沢の山
 最初のピークの岩戸山を通過。
岩戸山
 次の小淵山で休憩。
小淵山
 鷹取山の手前でようやく雪煙をあげる富士山が見えるようになってくる。鷹取山の頂上にはボンベを半分にした鐘があった。
鷹取山
 北面の雪に気をつけながら沢井の方向に下り、大越路へ。車道を下っていくとハンターの人たちが片付け中。「ほれ」と言われて足元を見たら、立派なイノシシが2頭。間違っても旅人を撃たないでね。
2頭のイノシシ
 上野原中学から次は八重山へ。まずは展望台で本日一番の富士山を堪能。
展望台から
 続く八重山の東屋では若い女性の4人組がお食事中。地元の水谷八重さんが山林を寄贈したので、八重山と言うらしいです。
八重山
 これまた女性2人組が下ってくるのとすれ違いで能岳へ。休憩していたら富士急バスの方が登ってきた。コースの確認だそうだ。
能岳
 少し引き返して虎丸山に向かう。頂上の神社の前を通り過ぎて、西原には下りずに、中学校の方に戻る。
虎丸山
 バスの来るまで30分以上あるので、そのまま駅まで歩く。上野原には15時前に到着。15:07の電車に乗って、荻窪には1時間ちょっとで16:15頃に戻ってきました。

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード