源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2014年8月31日 棒ノ嶺

 ここのところずっと天気が良くありませんが、今日は午前中は保ちそうなので、久々に登山靴の足慣しに、棒ノ嶺に出かけてきました。多分4回目かな。
 朝5時過ぎに家を出て、名栗の橋を渡った所の駐車場に6:30に到着。準備を整えて車道を歩き、有間ダムへ。こんな絵は前はなかったと思うけど。左岸の道が工事中で、今日はダムサイト向こうのゲートが空いている。
出発
 白谷沢沿いの登山道を登り、最初のゴルジュに突入。水が多く沢登りのようです。
1つ目ゴルジュ
 そしてすぐに第2ゴルジュに。
2番目ゴルジュ
 林道に出たところで休憩。そのまま上がっても面白くないので、林道を歩いて頂上に直接突き上げる尾根を登ってみることにする。この林道はオフロードバイクが多い。尾根末端まで行くのが煩わしく、手前の沢から獣道を辿って進むが、鹿柵に道を阻まれる。一度乗り越え、しばらく薮をこいで進む。いきなりガサガサと音がしたので、思い切り笛を吹く。熊かと思ったら、どうも鹿だったようだ。再度柵を越えて尾根筋を登る。足元には大きなキノコ。
でかい、白い
 最後は再び草がかぶった道を進み、登り着いた頂上はガスの中。
雲の中
 お湯を沸かしてカップヌードルを食べてから下山。途中の開けた場所では、飛行機を飛ばそうとしている人たちがいた。
飛行機を飛ばすのかな
 車には11時前に戻ってくる。行動時間は約4時間。さすがにこの時間は道も空いているので12:30には帰宅する。やや物足りないので、ジムで1時間体を動かしてきました。
スポンサーサイト

2014年8月30日 Isuka Air 450X他

 本日は朝まで雨が降っていたので、山には行きませんでした。少し用事を済ませてから西荻まで行って、ベアーズ・トレックで3シーズンのシュラフを買いました。ナンガのシュラフとどちらにするか迷いましたが、結局イスカのエアー450Xショートを選択。一緒に買ったGranite Gearの防水コンプレッション・バックと合わせて31,500円でした。定価は各々38,800円、3,888円なので(消費税が上がったら別ですが)、1万円ちょっと安くなっています(熊さん、ありがとう)。使用温度は-6°なので、おそらく残雪期の3000m級の山でも平気のはずです。これまではさかいやのシュラフを使っていましたが、大学に入った時に買った物なので、かれこれ35年使っていたことになります。9月の山行から使ってみるつもりです。
Isuka Air 450X Short
 ちなみにこちらは、カモシカの岳楽多市で買った2つ目のスポークとスリング。わざわざ高田馬場まで行ったのですが、欲しいモノが出品されておらず、仕方なくコモノだけ買いました。
2つ目のスポーク

2014年8月23日 堀乃井

 あまりお天気も良くないので、来週の釜ノ沢に備えて食料の買出しです。お隣に開業したOKストアを覗いてみましたが、木曜日にオープンしたばかりで、すごい人出です。カップヌードルのリフィルが置いていなかったので、西荻の西友で買い足し。帰りがけに三ツ矢酒店で純米大吟醸を買って帰りました。純米大吟醸吟ぎんが堀乃井、使っている米が吟ぎんがと言うらしい。高橋酒造店(岩手県紫波郡紫波町片寄字堀米36)の作です。税抜き1.334円。
堀乃井

2014年8月16日 川乗谷逆川

 今日は田中さんと奥多摩の逆川に出かけてきました。久々に電車での沢登りです。
 荻窪を6:33の電車に乗って、奥多摩には8:21に到着。電車は多くのハイカーで溢れている。日原へのバスも臨時便が出ていて、川乘橋には8:45頃に到着。30分ほど歩いて、車が2台止まったカーブミラーのところから沢に降りて、準備を整える。少し上流に上がったところが逆川の出合い。
逆川出合い
 小滝を超えていくと、二段のF1が登場。左にはロープがぶら下がっている。ここは右岸から高巻くが、ロープを出して慎重に越える。結構緊張しました。
逆川F1
 この先は釜を持った滝が連続して楽しい。
水流突破
 小滝をどんどん超えていく。
小滝
 これは胸まで浸かって、ぶら下がったシュリンゲを掴み、強引に超える。
釜から突破
 大ダワ沢を過ぎると終了点は近い。小滝を登ってホールドを掴もうとしたら、こんなところにカエル。
おっとカエル
 三段のF4は上部が樋状。
F4樋状
 これはツッパリで超えていく。
ツッパリで越える
 そしていよいよ10mのF6。先行パーティのラストが登っている。我々もすぐに、田中さんのリードで登る。傾斜はあるがガバが多いので、それほど難しくはない。ソロだと巻いちゃうでしょうが。
逆川F6
 約2時間半でウスバ林道に出て終了。靴を履き替えて鳩ノ巣に下山。最後は熊野神社の方に下ったら、神社に人が集まって何かやっている。
熊野神社
 駅のトイレで顔だけ洗って、13:48の電車に飛び乗る。荻窪についたら雨が降り始めたのでバスに乗って帰宅。
 冬の大雪のせいか、倒木が多かったけれど、積極的に水に入ると楽しい、いい沢でした。昨日買ったヘッドバンドも快適です。

2014年8月15日 モンベルのクール・パイレーツ・ヘッドバンド

 この映像だけじゃ分かり難いと思いますが、頭に巻くとパイレーツ風になるヘッドバンドです。夏の沢でヘルメットの中は汗だくですが、これを下に付ければ少しでもマシになるのではないかと考えて、買いました。本日のランチタイムに京橋のモンベルで購入し、価格は税込1,645円。ほとんどバンダナみたいなものなのに、これはちょっと高いよな。ランチで食べたアジフライ750円なんですが、それの倍以上。
モンベル ヘッドバンド

2014年8月12日 「単独行者」

 Kindleにしてから物理的な本をあまり買わないので、久々の本のカテゴリーでのアップです。谷甲州の「単独行者(アラインゲンガー)」を読み終えました。副題に新・加藤文太郎伝とあるように、昭和の初期に活躍した単独行の登山家の話です。昭和11年の冬に槍ヶ岳の北鎌尾根で遭難死するくだりは、光景が目に浮かぶ様に描かれています。同じ題材の小説は、新田次郎の手になる「孤高の人」があり、実は高校生の時に読んで旅人が登山を始めるきっかけとなった本です。
 ほぼ同時期には、松濤明という単独行登山家がもう一人いて、彼も冬の北鎌尾根で亡くなっています。「風雪のビバーク」という本人の手記もありますが、読み物として誰か小説にしないものでしょうか。
単独行

2014年8月8-10日 初盆と百箇日法要

 父が他界して早くも3ヵ月が過ぎ、この週末は初盆と百箇日の法要のため奈良に帰っていました。低速の台風12号が四国近畿を横切るという生憎の天候でしたが、何とか無事に済ませることができました。
 お土産にはいつもの麥縄菓子。三輪山本で売っています。
麥縄菓子
 三重を大雨が襲っているため、いつものルートである名阪国道から伊勢湾岸道が通行止めになり、仕方がなく大津経由で名神を走ったので、70kmほどの遠回りで、1時間ほど余計に時間も掛かりました。途中も、何度も風にあおられ、大井松田の辺りではバケツをひっくり返したような雨で、結構きつい走行でした。

8月2-3日 オーレン小屋(2)

 オーレン小屋ベースの二日目は、硫黄岳から峰の松目まで一周します。
 さすがにメッシュのテントだと朝は少し冷える。3:15に起きて食事を済ませ、4:20にまだ暗い中を出発。ヘッドランプを点けて、夏沢峠への道を進む。峠には20分ほどで着いたが、ちょうど東の空が赤みを帯びてきた。硫黄岳に登り始めると、朝日が昇ってくる。
朝日を浴びる夏沢峠
 さらに高度を上げると、昨日登った天狗岳と、その奥に蓼科山も見えてくる。
天狗と蓼科
 頂上が近づく頃には北アルプスも一望できる天候に。蓼科の左には後立山の山並み。これだけ天気が良ければ、白馬でも良かったかも。
後立山
 槍穂もくっきり。まだ結構雪が残っているみたいだ。
槍穂
 硫黄岳の頂上には5:30過ぎに到着。この山は旅人が高校1年の時に初めて登った長野の山。38年ぶりの登頂です。横岳の西壁はまだ影になってます。
硫黄岳頂上
 そのまま下って、赤岩ノ頭へ。写真のアングルはこちらのほうがいい。南八ヶ岳の峰々の揃い踏み。
赤岩ノ頭から
 しばし休憩の後、峰の松目に進む。
さあ峰の松目へ
 山頂には6:35着。展望のない三角点峰。主稜線から外れているマイナーなピークなので、こういう機会でもないと登らないだろう。
 小屋には7:15頃戻ってきた。フライシートがびっしょりのテントを撤収し、コーヒーを入れて一服。周りには、まだこれから出発の人が沢山いるが、旅人はさっさと帰ります。1時間ほどで車に戻ってくるが、この頃には山の上の方は雲の中に隠れていた。まだ9時前なので、大月までR20を走って、途中で笹一に寄り道。空いている高速を快適に走って、12:30に帰宅しました。

2014年8月2-3日 八ヶ岳・オーレン小屋(1)

 今週も台風の影響を懸念して、白馬は先送り。代わりにオーレン小屋をベースに八ヶ岳に出かけてきました。目的は新居の設営。
 あまり早く着いても時間を持て余すので、10時頃に到着するように、自宅を5時前に出発し、延々とR20を走る。途中で石和の好き屋で朝食を食べて、桜平へ。予想通りゲート傍にはスペースがなく、戻って車を停める。ゲートまでは10分ほど、予定通り桜平を10時にスタート。
桜平
 夏沢鉱泉とオーレン小屋の送迎車が次々と通る。30分弱で夏沢鉱泉を通過し、山道に入り1時間ほどでオーレン小屋に到着。
オーレン小屋
 先ずは幕営の手続き(1人1,000円)をして、先秋購入したNemoのテントを設営。新居が完成です。感触として、今のままでは風に弱そうなので、何か工夫をしないと、稜線はきついかも。
新居
 さて、まだ11:30なので、天狗岳を往復してくることにして出発。樹林帯を登っていると、雷の音が聞こえ始める。やだな。根石山荘のところに来ても、天狗は雲の中。黙々と先に進む。やや雲が取れて、天狗の双子峰がうっすらと見えてくる。
登りは雲
 東天狗の頂上には1時間ほどで到着。
東天狗の頂上
 頂上で休憩していると、次第に雲が取れ始めた。これは頂上から少し下って撮影した天狗岳。
西と東の天狗
 硫黄岳の方も眺望が開け、阿弥陀の姿も見えるように。
阿弥陀も見えた
 帰りは夏沢峠経由で下ってみる。
夏沢峠
 14時過ぎに一人宴会開始。本を読みながら、ちびちびやります。
一人宴会だ
 16時過ぎに外をのぞいたら、結構天場は一杯です。
結構一杯に
 17時頃に食事(ステーキとパスタ)を済ませ、いつものように18時前に寝てしまいました。

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード