源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2014年7月27日(2) 畦ヶ丸南東尾根

 大滝橋の車を停めた場所まで戻らなければならない。適当に尾根を下る、西沢経由で車道を歩くなどの選択肢の中から、畦ヶ丸経由で大滝上峠経由を選ぶ。南東尾根は地図には道のない簡単な薮バリ。
 先ずは西沢への分岐まで下るが、足元に不思議なキノコを発見。
不思議なキノコ1
 Xマークの畦ヶ丸方向に進む。
まっすぐ進む
 踏み跡は比較的はっきりしている。途中で熊鈴の音が聞こえると思ったら、単独の方が左から現れた。一軒家避難小屋からの尾根を上がってきたとのこと。一瞬、ここから下ろうかとの考えがよぎるが、思い直して前進。
 汗だくで体温が上がり、何だか熱中症になりそう。1時間ほどで一気に行けるかと想定していたが、休まないと持たない。何とか10:45に頂上に到着。
畦ヶ丸
 さあ、下山。小学生を含む家族連れとすれ違う。足元にまた不思議なキノコ。
不思議なキノコ2
 大滝峠上から沢筋に下り、水を発見したところで休憩。水筒に水を補給し、靴を洗う。避難小屋でもう一度休憩して、何とか駐車場所に戻ってくる(12:40)。約6時間行動だけど、この後半はキツかった。
スポンサーサイト

2014年7月27日(1) マスキ嵐沢

 台風崩れの低気圧が近づいてきそうだったので、白馬は先送りしました。暑いので沢に出かけます。西丹沢のマスキ嵐沢です。今回が2回目ですが、ルートを間違えました。
 4:40に自宅を出発し、2時間で大滝橋の林道に到着。登山道を進んで、この看板のところで入渓。分かりやすいでしょう。
マスキ嵐沢だよ
 最初の部分は気持ちの良いナメなのだが、やや倒木がうっとうしい。
最初のナメ
 F2のトイ状を登り終わったところで、今日も足を入れて撮影。この間買ったスパッツです。
本日の足
 そして一番の大物のF3が登場。水流沿いを行けそうだが、高さもあるので右から巻き気味に越える。
F3二段8m
 続いてF4。
F4_201407271739007af.jpg
 次のF5も真ん中は避けて、右寄りを登る。汗だくで、昨日オリンピックで買った透明のスポーツ・サングラスは曇って役立たず(曇り止めが要るな)。
F5_20140727174001c91.jpg
 この上しばらくで水が消え、テープがあったので次の分岐を右に入った。いつまでたっても8m涸滝が現れない。ちょっと早く右に入ってしまったようだ。その代わりに適当に小さな涸滝をいくつか越えて行く。
変な所に入った
 振り返ると、雪の消えた富士山が見えた。
でも富士山が見えた
 最後は権現山の頂上に近いところに登り詰めた。頂上で装備を交換して、ゼリーでエネルギー補給したが、その間小虫がうざい。防虫ネットを活用。
権現山
 さて、後半戦に行きますか。

2014年7月21日 北秋川・水ノ戸沢

 この三連休は天候に恵まれず、日曜の夕方は激しい雷雨でした。今日はなんとか良さそうなので、北秋川の水ノ戸沢に出かけてきました。
 5時に自宅を出て、順調に神戸に到着。さすがにキャンプの小学生が一杯。神戸岩方向に進んで車を停める。6:45に種発、まずはウッディハウスまで戻って、水ノ戸沢の林道を歩く。終点で沢装備に整えて、7:10に入渓。最初の小滝から釜が深いので、さっさと右巻き。次も左から巻き気味に上がると、右壁に虎ロープのたれた滝が登場。ロープに頼らずとも登れるが、あるものは利用させていただく。
F1かな
 次の二段滝も釜が深すぎ。同じく虎ロープを伝って右から巻く。
釜が深すぎ
 しばらくは気持ちよく小滝を登っていくが、いよいよボサ帯に突入。適当に作業道も交えて進む。
ボサ
 たまには足も入れて上から撮影してみる。
足を入れてみた
 二俣の手前もボサが続き、水流の激しい滝がその奥に繋がっている。あっさりと右から巻きました。
二俣手前
 二俣を最初は右に入ったが、大岩の下の滝が登れないので、一旦左俣に入って滝を登り、再度右に復帰。
左俣から登る
 この先からワサビ田跡がいくつか出てくる。試しに一本抜いたら、かわいいワサビ。
わさび
 途中で一旦水が枯れ(ここで水のある左に行けばよかったのかな)、再度現れた水流が途絶えるところで靴を履き替える。ここからが実は長かった。虫にたかられ喘ぎつつも、何とか登山道に到達。時間は10:40、意外と時間がかかった。
 さあ、御前山に登ってこようと右に進むと、何やら道標が。Oh NO!御前山から遠ざかっているではないか。湯久保尾根じゃなかったのか。
おーNO
 引き返すのも気が乗らないので、お握りを1つ食べて、そのままクロノ尾山へ進み、中尾根を下る。途中の杉林の急な箇所がやや分かりづらいが、1時間ほどでウッディハウスの裏に下りてくる。
 12:10に現地発、予想通り2時間で帰宅しました。水ノ戸沢、ボサさえなければいい沢なのにな。

2014年第2四半期山行記録

 記録整理が少し遅くなりました。
4月5日 栃木・不動岳(田中さん)
4月6日 栃木・尾出山(田中さん)
4月12-13日 仙ノ倉山北尾根(田中さん)
4月19日 滝子山東尾根~浜立尾根
4月27日 鈴鹿・御在所岳~鎌ヶ岳
5月11日 根本山周回
5月26日 日川・曲り沢
6月1日 高尾山
6月21日 盆堀川・石仁田沢
 第2四半期は父の死もあり、あまり満足のいく山行はできませんでした。合計で10日と日数的にはほどほどですが、そのうち6日は4月のものです。

2014年7月20日 榮光冨士

 ベアーズ・トレックの帰りに三ツ矢酒店で1本買ってきました。榮光冨士の純米吟醸・無濾過生原酒です。山形の冨士酒造(鶴岡市大山3-32-48: http://www.e-sakenom.com)で、精米歩合60%、日本酒度+1.0、度数16-17。後でじっくり飲んでみよう。
栄光富士

2014年7月20日 渓流スパッツ

 この連休は大雪渓から白馬に登ろうと思っていましたが、不安定な天気が続いているので中止にし、家でぐだぐだしています。今使っているスパッツ(モンベル)がくたびれてきたので、ベアーズ・トレックで新しいものを買いました。キャラバン製で3,690円でした。明日にでも使ってみようかな。
渓流スパッツ

2014年7月12日 葛野川釜入沢

 久々に田中さんと沢に出かけてきました。大月の手前、葛野川の釜入沢です(当初の計画は赤抜沢でしたが、林道が通れないようです)。荻窪を5:50に出発したものの、中央道が混んでいて深入ダムに着いたのは7:40頃でした。釜入橋まで行って、最初は左岸から降れるか偵察しましたが、結局右岸の法面の途中から沢に降ります。
入渓最初の頃
 40分ほどで二俣手前の二段4mに到着。右から左と登って、シャワーです。
二段4m
 しばしで二俣。しばし休憩の後、左俣へ。
二俣
 最初から連瀑が続きます。
二俣後の連瀑
 この滝は水流の右から登りましたが、最後の乗り越すところでビビって、巻いてきた田中さんに救援を要請してしまいました。
水流右を登った
 この三段滝は一段目を越しましたが、水量に慄いて二段目から右岸巻してしまいました。
三段13m
 ここから徐々に倒木が増えます。この最後の二段5mを登っている途中で左の脹脛が攣ってしまい、焦りましたが、なんとか登り切りました。
最後の二段5m
 ツメが近づいたところで、倒木も増えてきたので、左の深入沢との中間尾根に向かってエスケープ。しばしで作業道に到着しました。靴を履き替えて下山。途中にはでかいキノコがありました。
でかいキノコ
 ダムには11:30過ぎに戻ってきたので、行動時間は4時間にも及びませんが、まずまず満足な沢でした。

2014年7月6日 丹沢 寄 虫沢川ダルマ沢

 昨日ジムに行って体重計に乗ったら2kgほど体重が増えていました。ここのところ色々あって、山に行けていなかったせいでしょうが、何となく体が重いです。台風にぶつからなければ、来週は田中さんと赤抜沢に行く予定なのに、これではマズイ。雨の降らない日に滝と歩きをやっておかないと。という訳で、今日は寄地域のマイナーな沢に行ってきました。
 5時前に自宅を出て、R246で寄まで行き、虫沢林道に入り、ゲート手前の虫沢橋のところに6:50に到着。7時には出発です。
駐車場所から
 巡視路に入って堰堤をいくつか巻き、タカノス沢との二俣へ。ダルマ沢に入って最初の滝は、釜に入るのを嫌って右からへつって取り付くが、水を浴びそうなので撤退。結局左から登る。
F1.jpg
 すぐに現れる直瀑のF2は、左の支流の滝を登り、コードのあるところを登るらしいのだが、いまいち悪そうなので支流の滝を2つほど超えて巻こうと試みるが無理。結局戻ってコードのあるところを何とか登って通過。
F2_20140706150926160.jpg
 しばらく暗いゴルジュ内の滝を越えていく。
ゴルジュ
 すると、再び登れない滝が登場。落ち口には流木が詰まっている。少し戻って左岸のスラブっぽいルンゼから高巻き。
これも無理でしょ
 二段5mも一緒に高巻いてしまい、下りてきた次の滝は行けるかどうか微妙。結局、右から高巻いた。
二段斜め6m
 その後、堰堤が2つ出てきて、両方とも左から巻く。590mの二俣で休憩。赤テープの巻かれた木には、きくらげのようなものが生えている。
590m二俣
 休憩後、左俣に入る。登れる小滝が続くが、これはやや脆くて少し緊張。
脆い
 やがて水が消えてきたので、靴を履き替え、杉林をあえぎながら登って登山道へ。2時間ほどの沢登りでした。そのままダルマ沢ノ頭へ進む。
ダルマ沢ノ頭
 10時にはシダンゴ山に到着するが、途中の階段は結構きつかった。のんびりとサンドウィッチを食べていたら、鈴の音が聞こえ、2組も登ってきた。
シダンゴ山
 林道まで戻って、そのまま下山。1時間少しで車に戻ってきました。都合4時間ちょっとと、トレーニングにはやや不足ですが、おかげで混む前に帰って来れました。

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード