源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2014年6月29日 仙龜にごり酒 かるくいっぱい

 朝はちゃんと3時前に起きて、5chでワールドプロレスも見ましたが、4時を過ぎても雨がやまないので、午前中グダグダしていました。ヤンキースvsレッドソックスを見終えてから西荻までお散歩です。取りあえずはベアーズ・トレックに寄り道。エーデルリッツの新しい確保器が軽くて良さげです。ATCガイドと同じ機能でありながら、ものすごく軽い。熊さんの話だと、太いロープだと難点があるらしい。いいんだけど定価4,000円弱だとな。
 西友でお買い物をして、久々に三ツ矢酒店にも寄り道。吉田蔵の発泡日本酒が入荷しているかと探したがまだない。代わりに見つけたのがこちら。神亀酒造(蓮田市馬込3-74;048-768-0115・7115)の仙龜にごり酒かるくいっぱい。
神亀
 500mlなので、ちょうど飲みきりサイズですね。
スポンサーサイト

2014年6月22-26日 New York

 22日昼前にJFKに到着しました。今回の宿泊はNew York Palace Hotelです。マジソンと50thに位置しており、非常に便利なホテルです。この写真は24日に撮ったものですが、中庭にアート・モニュメントが出来上がっていました。
パレス中庭
 着いた日は時差ボケ防止のため、できるだけ動き回るしかなく、まずは向かいのセントパトリック寺院へ。いつも前は通るけど、中に入ったのは今回が初めてです。
セントパトリック
 五番街を渡るとロックフェラー・センター。こちらも、アイススケートリンクのところにアート作品が出来上がっていました。
ロックフェラー
 好天気の中、セントラル・パークをしばらく歩き、途中のスーパーでいつものようにコーヒー・バッグを購入。
セントラルパークト
 日曜の夜はホテルでデリで買ってきた食事を食べながら、アメリカvsポルトガル戦を観戦。いやー、US勝利だと思ったのに、最後にロナウドがやってくれました。

2014年6月21日 盆堀川・石仁田沢

 法事などもあって、三週間ぶりの山です。明日からNY出張なので、午前中にサクっと沢に出かけてきました。五日市の先、盆堀川の石仁田沢です。この流域は、いつでも行けるという気持ちが強く、今回が初めてです。
 5時に家を出て、五日市街道から盆堀川へ。採石場からのダンプとのすれ違いが、結構面倒。伝名橋の先のスペースに車を止めて歩き始めるが、石仁田橋先にも駐車スペースはあった。
 未舗装の林道を終点まで歩いて入渓。最初の滝はこれ。
最初の滝
 しばらくするとゴルジュに。中に滝が連続している。一番奥の滝は4mほどだが、シャワーになるので流水は避けて、やや右から越える。今年の実質沢初めなので、しばし躊躇。
ゴルジュ
 ゴルジュの先の5m滝が最後でした。
最後の滝
 最後はボサがかぶり、水も消えるので、左の斜面に上がって稜線に。少し東に行けば刈寄山の頂上。時間は8時。わずか1時間の沢でした。
刈寄山
 地図を見れば、西への尾根を降れそうだが、地形把握も兼ねて林道を下る。途中の流水で靴を洗い、栗ノ木王や千カ沢を確認しながら歩き、車に戻る。自転車の人が結構登ってきますね。行動時間2.5時間は短すぎ。この流域は1日で2本登ってちょうど良さそうです。

2014年6月1日 高尾山

 今日も良い天気です。本当は沢に行こうと思っていたのですが、朝珍しく起きれなく、かと言って何もしないのももったいないので、高尾山に出かけてきました。いつものように日陰橋のところに車を止めますが、もう1つしか空いていません。7:40だものな。
 人の多いキャンプ場を過ぎて山道へ。このコースにも何回か来ていますが、今回初めて足元のキョロちゃんに気がつきました。
キョロ
 今日は幼稚園児ぐらいの親子連れが多いです。45分かかってたどり着いた高尾山山頂も人が多いです。
高尾山山頂
 黄砂のせいなのか東方面はもやっているし、富士山も少し霞んでる。
ちょっと霞んでます
 休まずにそのまま城山へ。9:15に到着。2月に来た時には、この天狗様も雪の下でした。
2月には雪の下
 ここで旅人はゼリーを食べましたが、周りの人達はかき氷を食べてます。それを横目に北東尾根に進みます。このコースも随分ポピュラーになったようで、下から上がってくる人が増えました。今回は初めて外人さんともスレ違いました。10:10に車に戻ってきたので、約2.5hのトレックでした。Salomonのトレランシューズはグリップがきいていい感じです。それにしても2.5hの行動時間で、往復の運転に2.5hというのはやや考えものですね。

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード