源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2014年5月31日 ヤマビルファイター

 見ての通りのモノです。午前中にH井さんのところに出かけて、帰ってきてから西荻のベアーズトレックで購入しました(価格1060円)。もう丹沢はヒルの活動期です(多分)。
ヒルファイター
スポンサーサイト

2014年5月30日 人気一

 来月の出張の際の小物を揃えるのに、会社帰りに高井戸のオリンピックに寄ったのですが、ついでに食品売り場をのぞいたら、ちょっとよさげな日本酒があったのでつい買ってしまいました。「人気一 ゴールド人気 純米大吟醸」というなんとも変わった名前です。福島は二本松の酒のようです。瓶についていたタグには、ワイングラスで飲む日本酒と書いてありました。
人気一

2014年5月26日 日川・曲り沢

 今年初の沢登りに日川の曲り沢に出かけてきました。滝もほとんどなく、沢登りというよりは文字通りのウォーター・ウォーキングでした。
 朝4:30に自宅を出て、R20で笹子トンネルを抜けて景徳院の駐車場に6:45到着。準備をして7時前に出発。途中は堰堤がいくつも出てくるので、林道を最後まで歩く。終点で靴を履き替えて入渓。シーズン初めなので、フェルトの感覚がまだつかめないし、バランスも悪い。でも沢自体はゆるい。
ゆるい
 途中で足元に何かの花が咲いている。何だろう。
何だろう
 滝はほとんどなく、あるのはこうしたCS滝ぐらい。当然登れない。
これは登れない
 途中に倒れこんでいた大木は幹周りが5mくらいはありそう。もったいないな。立っていてくれれば感動ものなのに。
大木が倒れてる
 赤ペンキで岩に印のある二俣を右に入る。さらに次の二俣はこの大岩の方向に進む。
ここを入る
 しばらく進むと、何やら白いものが。おや、まだ雪が残っている。
まだ雪が
 最後は沢のままだと泥壁になるので、適当に尾根に上がる。尾根をしばしで登山道に出た。まだ10時になってないんですけど。
登山道に出た
 靴(昨日買ったトレランシューズ)を履き替えて、曲沢峠から大鹿山に寄り道。多少展望があるかと期待したのに、何も見えません。
大鹿山に寄り道
 最初は結構急な道を、景徳院に下る。武田勝頼の墓所だそうですが、昔の趣を残すのはこの山門だけのようです。
帰ってきました
 駐車場でお湯を沸かしてカップ焼きそばでお昼を済ませ、12時過ぎに帰途に就く。いつも通り笹一で買い物をしてから、のんびり帰り、途中で小金井のH井さんの家に寄ろうと思ったら、祭礼で小金井街道が通行止めでした。

2014年5月24日 Salomon Fellraier

今まで履いていたトレランシューズがボロボロになったので、吉祥寺のICIで買い換えました。同じSalomonの新しい(多分型落ちですが)をセールで購入。価格は11,000ぐらいのものが7,700円(税抜き)でした。
Salomon Fellraiser
 明日、早速試してみようと思いますが、場所はまだ決めていません。

2014年5月18日 鮎沢PAからの富士山

 奈良の実家を9時前に出て、13時に鮎沢のPAに。サンドイッチをほおばりながら眺めた富士山です。
鮎沢PAから

2014年5月17日 きとらで買った

 金曜の夜に実家に帰り、母の片付けの手伝いをし、墓に塔婆を収めてから、その足で奈良の地酒を豊富に扱っているきとら(http://www.rakuten.co.jp/kitora/)に寄り道。唐招提寺の交差点のすぐそばです。ずっと気になっていた「やたがらす」の純米酒を買うのが目的ですが、ついでに百楽門の純吟、そして母も買いたいというので「梅乃宿」の純米大吟醸を購入。梅乃宿の大吟は税込1380円ほどで異様に安いです。この3本はいずれも御所から吉野の方の日本酒です。
奈良の酒

2014年5月11日 根本山の変則周回

 父の葬儀を終えたこの週末は、桐生の北にある根本山に登ってきました。
 朝3:30に自宅を出て、R254で東松山から熊谷経由でスバルの本拠地大田へ。さらに桐生を通って現地には6:10に到着しました。途中で母から電話があり、昨日は国会議員の高市さなえ氏が弔問にみえたとのことでした。
 6:20に出発し、一旦石鴨天満宮まで車道を戻り、林道に入るが、間違えて左の谷に進んでしまった。途中で尾根に強引に上がって登り着いたところは、どうやら988m峰らしい(7:45)。
石鴨天満宮
 仕方がないので1時間かけて野峰を往復。
野峰
 戻って丸岩岳に進んで行くと、途中にはツツジのトンネル。
ツツジのトンネル
 丸岩岳は何もないので、そのまま熊鷹山に向かう。奥に見えるのは赤城山。
熊鷹山頂上
 頂上には展望台があり、眺めが最高。こちらは根本山。背後には袈裟丸山から皇海山が見える。
熊鷹山から根本山
 男体山から、左には日光白根。まだ雪が結構残っている。
日光白根から皇海山
 東には多分、この間登った尾出山。
尾出山かな
 パンを囓って、根本山を目指す。頂上には10:37着。眺望がないのでゼリーを食べたら即下山。
根本山頂上
 途中ではシロヤシオが満開でした。林道に降り立って、駐車場に戻ってきたのは11:40。今日は約5時間半の行動時間でした。
11時40分到着
 あまり休憩をしないで歩いていたので、靴を履き替えようとした時に太ももが痙ってしまいました。

2014年5月4日 父、逝く

 5月4日の早暁に父が他界しました。もうすぐ81歳の誕生日を迎える直前の死でした。GWの連休は田中さんと会津の丸山岳に行く計画にしていましたが、母からかなり悪くなっているとの連絡を受け、山を中止にして連休初日に新幹線に飛び乗りました。先週会った時の様子では、まだ大丈夫だろうと思って家族を連れてこなかったことが悔やまれます。日中ずっと付き添って、苦しがる父の手を握ったりしていましたが、もうまともな会話もできませんでした。夜は弟と交代して家に戻りましたが、翌朝5時前に電話があり、父は逝ってしまいました。病院に駆けつけた時には、まだ手に温もりが残っていました。もう苦しまなくてすむねという気持ちと、もう少し生きていて欲しかったという気持ちが交錯します。
 生前の父は、町の区長や寺の世話人を務めたりしていて交友が広く、入れ代わり立ち代わり弔問客が来られますが、ずっと故郷を離れている僕には、誰が誰やら分かりません。ただ、父はいろんな人から頼りにされ、好かれていたのだということだけはよく分かりました。
 残された母のことなど、これから先、人生をどう生きるのかを改めて考えてみたいと思います。

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード