源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2014年3月31日 宮中の桜

 今年は神田川を歩かなかったので、通勤途上で近くの宮中の桜です。昨日の雨でも散っていない、立派です。
宮中の桜
スポンサーサイト

2014年3月29日 甲東不老山

 今日は四方津の北側にある甲東・不老山に出かけてきました。
 朝5時に自宅を出て、R20で上野原から野田尻方向に進み、桑久保の甲東保育所前のスペースに駐車。準備を整えて7時前に出発。小学校の前を通って、まずは桑久保東区の神明神社を目指す。振り返ると南西に雪で真っ白な富士山が聳えている。
神明神社
 神社の裏手から道があるかと思ったら何もなく、適当に斜面を登って瀬淵山の稜線に上がる。左手から上ってくる道に入ったらしばしで頂上。結構立派な神社がある。
瀬淵山
 北西に向かう尾根を適当に下ると、ブルドーザーで均している途中の道に出た。その先は山道になり、和見峠へ。ここで休憩して高指山に向かう。時間は8:50、このまま下ると余りにも早すぎるので、西に足を延ばしてゴウド山まで30分で往復。
高指山
 不老山には9:45に到着。南側だけが開けていて、丹沢が正面に見える。
不老山からの丹沢
 こちらは富士山。不老山からの富士、これはまさしく不老不死ではないか!
不老山からの富士
 目の前には下り線の談合坂SAと、その向こうに四方津ニュータウン。山の中に忽然と存在する不思議な町だ。
談合坂SAと四方津ニュータウン
 不老下に向かう道の途中で南東の尾根に入り(エアリアには出ていないが、2.5万地図には道が存在)、展望所で再度富士山を拝んで下山。降りてきたところには天満宮。目の前の梅林がきれいだ。
天満宮
 車道を下って10:45に車に戻ってくる。約4時間でちょうどいい足慣らしでした。

2014年3月28日 Thermos山専

 ぶらりとベアーズトレックに立ち寄ったら、期末の整理中の様子。何か目ぼしいモノはないかと眺めていたら、旧型のThermos山専500mlが3,150円になっていました。4割引ぐらいなのかな。今シーズンはもう用無しですが、来年のために購入しました。

 帰り道に見上げた桜はまだ2-3分咲きでした。明日は上野原方面にでも行ってみるつもりです。

2014年3月25日 XCup

 先週末大佐飛山で使い切ったので、昼休みにランチの後、大丸の中のICIでガスカートリッジを補充購入しました。ついでにXCupなる折りたたみ式のカップを買ってみました。

 広げるとこんな感じです。
Xcup2.jpg

2014年3月23日 入間アウトレット・モール

 アウトレットに行きたいという娘と一緒に入間の三井アウトレット・モールに出かけてきました。さすがに天気の良い連休最終日で、行き帰りの道路も混んでいましたが、モールも結構な人出です。アウトドア系の店も結構あり、定番のモンベルやコロンビアだけではなく、ミレーやベルグハウスなんかもありました。手袋を探したものの、サイズがありません。Outdoor Researchのハードシェル・ジャケットを欲しくなりましたが、これ以上ジャケットを増やしても仕様がないので、見送り。
入間アウトレット

2014年3月21-22日 男鹿山地・大佐飛山

 連休前半の2日間で、那須の西にある男鹿山地の最高峰・大佐飛山に登ってきました。夏道がないので、雪のあるこの時期にしか登れない山です。
 朝6:15に高橋くんをPUして荻窪を出発。さすがに連休初日、さっそく環八から渋滞している。東北道も宇都宮辺りまでは車が多く、黒磯ICを降りて百村に着いたのは10時頃。巻川林道に入って橋を渡った先から雪が出てくる。途中でUターンを試みるがスタックしてしまい、タオルケットを敷いて何とか脱出。行けるところまで進んで路肩に駐車し、準備を整えたのは10:50。結局、素直に光徳寺から登っていても大差がなかった。
 20分ほど林道を歩いてはしごのある新登山口に。杉林の急登をこなして尾根に上がる。雪は締まっているので、ここでアイゼンをつけて歩く。
大佐飛山03
 登るにつれて雪雲の中に入り、強風が吹いてくる。サル山の手前で休憩していると2人パーティが下ってくる。強風のためサル山までで引き返してきたそうだ。山藤山への途中でワカンをつけた単独の人とすれ違う。強風で顔が凍傷になりそうなので、目出帽に切り替える。時折陽が差すと、こんな感じの気持ちの良い白樺林。
大佐飛山09
 黒滝山への急斜面を登った頂上手前のコブのところで時間は15時過ぎ。テント跡があったので、ここで幕営することに決定。酒を飲みながら食事を済ませ、いつも通り18時には就寝。真夜中頃まで強風が吹いていた。
大佐飛山11
 2日目は4時に起きて、明るくなる5:30に出発。まずは黒滝山へ。
大佐飛山12
 黒滝山を越えた先は窪状の地形で、展望はないが幕営にはよさそうな感じ。西村山を越え、大長山へ向かう途中の光景。
大佐飛山18
 大長山を過ぎると、真っ白な雪稜が次々と現れる。
大佐飛山21
 次第に雲が取れて、ようやく大佐飛山がその姿を現す。
大佐飛山27
 時折ラッセルを交えながら最後の登りをこなして、8:10に頂上到着。約2.5hで来れたので上出来。
大佐飛山31
 テントに戻る途中で2パーティとすれ違う。復路は2時間。即、テントを撤収するが、片付けている間にテントの収納袋を紛失。どうやら油断しているうちに風で持って行かれたようだ。11時に下山開始、途中でスノーシューを持ったカップルとすれ違う。13時過ぎに車まで戻ってこれたが、まだ最後の難関凍結林道が残っている。
 なんとか無事に集落まで戻り、途中の7/11でコーヒーを飲んで帰路につく。時間も早かったので渋滞もなく16時には荻窪に戻ってこれました。もう少しお気楽な春山かと思っていましたが、北海道沖に抜ける低気圧の影響で、厳冬期並みのブリザードを体験できました。

岳人を買ったのは何年ぶりだろう

 昨日今日の二日で西那須の大佐飛山に行ってきたのですが、カメラを持っていくのを忘れ、同行の高橋くんからの写真待ちでupします。仕方がないので、代わりに岳人4月号を載せておきます。旅人の大好きな雪稜がいくつか出ていたので購入しましたが、前回岳人を買ったのは一体いつのことか分からないぐらい久々に買いました。
岳人2014_4

2014年3月16日 上州武尊山

 本日は田中さんと川場スキー場から上州武尊山に登ってきました。天気は最高で、雪も締まっていたので往復3時間でした。
 5:30に田中さんをPUして関越に乗るが、順調に進みすぎて時間もあるので渋川ICで降りて、沼田から川場へ。駐車場には7:40に入り、リフト券を購入。不本意ながら下りの分も買わされ、1,500円なり。周りはボーダーだらけです。
川場スキー場から
 リフトを2本乗り継いで、8:45に歩き始める。先ずは剣ヶ峰へ。
先ずは剣ヶ峰へ
 左から登っていく。剣ヶ峰の下りでやや渋滞。先は長いぞ。
剣が峰から
 剣ヶ峰の下りはこんな感じ。
剣ヶ峰の下り
 途中で振り返って、シュカブラの向こうに剣ヶ峰。雪は締まっていてほとんど潜らない。今週もスノーシューは無駄だった。
振り返るとシュカブラの向こうに
 頂上直下の急登を超えて山頂へ。
頂上へ
 実質1.5hで着いた。早ー!
武尊山頂上
 頂上からの谷川は真っ白だ。
頂上から谷川連峰
 さすがに頂上はやや風もあるので、早々に下山。名前の通り本当に剣ですね。
確かに剣だ
 雪も腐り始める中、どんどん下り、またリフトに乗って12時に駐車場に戻ってきました。

2014年3月15日 ちょっと買い出し

 消費税増税前の駆け込み需要か?ICIから、今月は10%引きの案内が来ていたので、吉祥寺まで出かけて備品の買い出しをしてきました。ガスカートリッジは、ノーマルを2つにパワーを1つ。手袋の防水用のスプレーと卵のケースをついでに買いました。カモシカでもセールをやっていますが、馬場はちょっと行くのが面倒なんですよね。
小物買出し

甘楽のPAで買ったフキノトウ

 浅間の帰り、甘楽のPAでフキノトウを買いました。210円でした。
甘楽で買ったふきのとう

2014年3月9日 浅間・黒斑山

 先週は奈良の実家に帰っていたので出かけなかったので、今週はちょっと遠出で浅間の黒斑山に行ってきました。トレースばっちりでスノーシューは使いませんでしたが、下りでQuickyを初めて使いました。
 5時に自宅を出て、上信越道の佐久ICまで。途中の7/11でサンドウィッチを食べて、車坂峠には7:30過ぎに到着。7/11に寄った時には若干曇っていたが、8時に出発する頃には快晴で、最高の天気。
車坂峠を出発
 慣らしのためにトルクははめて歩き始めるが、左手の小指がじんじんする。グリセードに交換しつつ、アイゼンを装着。高峰高原ホテルからと思しきスノーシューのツアーの方々が沢山いる。
スノーシューのツアーだな
 登っていくと、北に四阿山と妙高が見えてくる。
四阿山と妙高
 さらに西を見ると真っ白な北アルプスの山々が連なっている。
北アルプスがドーン
 やがて浅間山が見えてくる。途中の避難小屋は雪の下。
避難小屋は雪の中
 トーミの頭からの黒斑山と蛇骨岳。
黒斑山と蛇骨岳
 休みなしで黒斑山を目指すと、樹氷の中に。
樹氷です
 そして黒斑山には9:30に到着。目の前には真っ白な浅間山。
黒斑山から
 こちらは剣ヶ峰。見下ろすトーミの頭への尾根は立派なバリエーションではないか。
剣ヶ峰
 コーヒーを飲んで一服したら、次は蛇骨岳。30分で到着。草津白根から谷川、さらには日光白根まで全て見えている。
蛇骨岳
 少し先まで進んで、もう一度浅間を撮影。噴煙が上がっていますね。
蛇骨岳からの浅間
 パンを食べてエネルギー補給をしてから、黒斑山に戻る。頂上は混んでいるのでトーミの頭で休憩。下山は中道を下るが、展望がない。途中1度だけQuickyで滑っただけで、黙々と歩き駐車場には11:40に帰還。12時には帰途に就きました。快晴の一日で360度の展望を楽しみました。富士山は確認できなかったけど。

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード