源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2014年2月27日 おそらく今シーズン最後のアイス:みなかみ

 たまには休みを取って出かけようということで、本日は会長とてっぺんさんと一緒にみなかみまで遠征してきました。この気温の上昇と、雨でおそらく上州でのアイスは今日で終わりでしょうね。
 先週末に買ったアンダーシャツを着込んで、いつものように小金井から東所沢経由で関越に。月夜野ICからR17に入って、今回は道の駅に寄らずに現地に向かいます。予想通り最終民家から先は車が入れないので、そばのお宅にお断りを入れて車を停め、荷物を持って歩きます。いつもより20分近くアプローチに時間を要しました。
 到着した滝は登れる状況だが、中央の真ん中は穴があいて水流が見えている。
中央と右
 9時過ぎに会長がリードで登ってトップロープをセット。旅人は初めての左側を登ってみる。数少ないクライミング中の写真ですね。日曜日に買ったトルクを使ってみるが、少し小さかったのか、降りて来る時には指先が痺れていた。
久々登場
 振り返ると、続々と人がやってくる。エー、今日は木曜日だぞ。先頭の3人は、群馬県警山岳救助隊。後続の5-6名は地元群馬のちょっとシニアな方々。まー、しょーがないな。
大盛況
 旅人は真ん中の凹角と中央左を登って、本日3本で終了。数は少ないが納得の一日。その理由はこちら。 
ようやく入手
 数年越しの永井食堂のモツ煮をゲットです。会長は2つも買いました。冷蔵庫には家内が作った普通のモツ煮が入っているので、今日は食べませんが、味見が楽しみです。
 さてさて、アイスは終了のようなので、3月はてっぺんさんやT橋君とと雪の山ですね。
スポンサーサイト

2014年2月23日 BDトルク

 本日は、フィギュアのエギジビジョンを見ていて、山に出かけそこねました。ずっと家にいても仕様がないので、散歩でフレンドに遊びに行ってきました。お茶をご馳走になりながらおしゃべりし、帰り際にアイス用のグローブを購入しました。BDのトルクで5,500円でした。店長の話では来シーズンは色んなものが軒並み値上がりするそうです。来年の今頃は物価上昇を実感することでしょう。ついでに今冬のロストアローのカタログももらってきました。
トルク

2014年2月22日 ゴーグル他

 浜田山のアルペンで、ゴーグルとUnder Armourのヒートギア・コンプレッションというシャツを買ってきました。これまでは吹雪いているときには出かけないのでいいやと思っていましたが、やっぱり1つぐらいはあったほうがいいので購入。どれがいいのかよく分からなかったのですが、目出帽での使用をイメージして小さめのものにしました。
 Tシャツは、このあいだ買ったPhenixのものが、ベースレイヤーで気に入ったので、これはどうかなという気分で買ってみました。まだ奥多摩へのアプローチには難がありそうなので、あすは小田急で丹沢辺りに着て行ってみようかな。
ゴーグル

2014年2月16日 高尾山(でも雪山)

 昨日までの大雪で、高速は軒並み通行止め。仕方がないので、スノーシューとQuickyを持って、高尾山に出かけてきました。大した事ないだろうと舐めていたら、とんでもないことになりました。
 朝7時過ぎにのんびりと自宅を出て、中央線で高尾まで。京王の高尾山口までの電車は動いていません。駅を降りたら、大層な雪。バス停の屋根も雪の重みで壊れてます。
バス停
 小仏に向かう道も除雪の未了で、すごい状況。民家の屋根を見る限り、50cm以上積もっているような。
するさしの豆腐屋の辺り
 日影沢林道に入るところでスノーシューを装着して9:30頃に出発。橋を渡った先のいつもの駐車場所も雪の下。パワフルなTシャツの方のラッセルに助けられ、林道を進む。
日影沢林道
 時々ラッセルを交代するが、もう一杯一杯。3時間かかってようやく城山の頂上が見えた。
やっと見えてきた
 城山の頂上には13時に着くが、広場の天狗も雪の下。
天狗も雪の中
 茶屋も休業中。少し南に進んで富士山を撮影。しばし休憩なんですが、舐めていたので食べ物がろくにありません。ブラック・サンダーを囓ってお仕舞い。
城山からの富士山
 ここからはトレースがあるので、スノーシューを外して高尾山に進むが、紅葉台の手前で太ももが痙りました。アイスばかりで、ここのところ歩いてないしな。それでも何とか14:30には頂上に到着。CCレモンを買って一息つく。
高尾山山頂もこの通り
 この足の状況だと、稲荷山コースはキツそうなので1号路で下りました。もう3時なのに、この時間に登ってくる人たちが信じられません。
 下に降りたら電車が動いていました。高尾山口を3:50に出て、自宅には17時に戻ってこれました。ああ疲れた。

2014年2月11日 狭岩峡アイス

 先週末は46年ぶりの大雪で外出を控えましたが、本日は平井さんと狭岩峡にアイスに出かけてきました。雪が乗ってやや氷が薄かったですが、貸し切りで楽しみました。
 5:20に小金井を出発。関越は車が多かったけれども順調に下仁田に辿り着き、現地には8時に到着。勧能から先も一応除雪はしてありました。まずは駐車スペースの確保のため、ショベルで雪かきです。
駐車スペース
 30分ほどで準備を整えて滝下に行きますが、まずまずの感じ。でも、平井さんが登ると、スクリューがうまく決まらない様子。
本日の滝の状況
 二人の貸切なので適当に休みながら登るも、あっと言う間に腕が張ってくる。本日は3回半で終了です。でも右から左まで登れて満足です。11:30には切り上げて片付け。駐車スペース先の対岸の滝も今日はいい感じのようですね。
対岸の滝
 前回同様に南牧村道の駅でネギと、今回は白菜も追加して購入。間違いなく今晩は鍋でしょう。次の週末は天気次第で、みなかみでのアイスか、浅間・黒斑山でのスノーシューだな。

2014年2月7日 TSL Quicky

 さて、このしゃもじのお化けのようなモノはなんでしょう。TSL OutdoorのQuickyというお尻の下に敷くそりみたいなものです。以前、小出俣山に行った時に楽しそうに使っている人がいたのを見て、いいなと思っていましたが、スノーシューとの組み合わせで使えば楽しいだろうと思い至りました。ランチの後に京橋のモンベルに寄って、在庫の最後の一つと言われ、即購入。Made in Franceで500円。
TSL Quicky
 浅間の黒斑山にでも行こうと考えていましたが、明日の土曜日は東京でも結構な積雪のようなのでどうしようか迷っています。

2014年2月1日その3 千波の滝見物

 本日最後の目的地は芦川の千波の滝。白州から1時間で到着しました。道から見えるのですが、でかい。
千波の滝1
 よく見たら1パーティ登っています(真ん中左寄り)。今週はかなり暖かったのに大丈夫だったんですね。
千波の滝2
 今日は見るだけで帰ります。

2014年2月1日 七賢

入笠山の帰り道、今日は白州で七賢に寄り道しました。お昼どきだったので、酒蔵併設のレストランでとろろ定食を食べましたが、それよりも出てきた水に感動。酒の仕込み水です。まさに南アルプス天然水。
仕込み水
 正面は元の甲州街道なんだと思います。
七賢正面
 内部もなかなか趣がある。
七賢内部
 売り場で純米酒・酵母のほほえみ(1,160円)と純米吟醸・ビロードの味(1,418円)の2本を買って帰りました。
七賢
 さて、時間はまだ12:30、次の目的地を目指して出発。

2014年2月1日 入笠山:スノーシュー デビュー

 明日の日曜日は雨が降るようなので、今日のうちに諏訪の入笠山に出かけてきました。スノーシューのデビューです。
 6時過ぎに八王子から高速に乗り、勝沼で降りて時間調整しながら富士見パノラマリゾートに8:15着。結構車がいっぱい。事前に印刷した割引券を提示して往復のゴンドラ券を購入(1,600円のところが1,400円)。9時前にゴンドラを降り、少し進んだところでスノーシューを装着だ。
スノーシュー装着
 湿原の方向に向かっているトレースを追い、途中でわざとトレースを外してみるが、結構潜る。ふーむ、スノーシューの効果はどうなんだろう。テールを持ってきたほうがよかったかな。
湿原に向かって下る
 山彦荘から遊歩道を辿ったが、林道を行ったほうがよかったみたい。途中のマナスル山荘のドームは何だろう。
マナスル山荘
 ここから一登りで入笠山頂上に。青空なんだけど、霞んでいて展望がきかないぞ。
入笠山頂上
 つまらないのでさっさと下り、犬を遊ばせている女性の脇を通って湿原に戻ってくる。ここでようやく一服。
湿原
 斜面を登り返してゴンドラ駅には10:45に戻ってきたが、これじゃ2時間も歩いていないぞ。正面は八ヶ岳で気分はいいけど。
ゴンドラ駅に戻ってきた
 狭い駐車場で何度も切り返して車を出し、R20を白州へ。今回は七賢に寄り道だ。見上げる甲斐駒は神々しい。
七賢からの甲斐駒
 その2に続きます。

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード